低すぎたVIXと今後の相場への対応策

3月22日のNY株式市場は、ダウ平均株価が-1.77%下落しました。欧州、特にドイツの景気指標の低水準だったことが欧州株式の下落を誘い、そのあとの米国の景気指標も振るわなかったものが多かったことから、NY株式は引けにかけて下げ幅を拡げました。

VIX(恐怖指数)関連の先物のショートが大きく積み上がっていたことも、下落を誘う要因であったと指摘されています。要するに、VIXが低すぎた、というわけです。

私は、2月までの株高のあと、アナリスト方などの警鐘を鳴らす話に耳を傾ける機会が何度かあり、3月・4月は警戒心をもって相場に臨もうと思っていたので、素早く対応できました。

22日金曜日のNY市場の寄り付き付近で、保有していた米国上場株群を全て成行売りで利確した上で、新興国株3倍ベアETF(EDZ)と米国金融株3倍ベアETF(FAZ)を買付けし、日計りで高値で利確しました。

今後の対応ですが、今回も「2019年VIXショック」になるのであれば、昨年のVIXショックの経験から、2週間ほど続落に警戒する必要があるように思います。昨年のVIXショックでは、世界中の株式が等しい率で下がったような感覚でした。今回のリスクオフの方向を占ううえでは、新興国通貨の様子を観察したいと思います。

昨日の異変に気がついたのも、ドル円が円高に傾いたことはもちろんですが、堅調だった新興国通貨群が、雪崩を打ったように円高になったことが、私に警鐘を鳴らしてくれたと思っています。昨日の欧州時間帯からの動きは、普段の軽い調整相場とは明らかに違う、ただならぬ雰囲気を感じました。

新興国通貨群と米ドル円の動向は常に意識しながら、その日のNY市場の動向を予測し、必要があれば、ベアETF群を今後も活用していきたいと思っています。

また、留意しておきたいのは、今回の相場下落はリセッション入りを示唆する相場の動きではないということでしょうか。カンファレンスボードの景気先行指数は上向きへと復帰しましたし、米国の景気はまだ当面は持続すると思われるところですので、相場が底をついたと思えば、インド株をはじめとした外国株式群への投資を再開したいと思っています。


日経高配当株50指数連動ETFを買付け

臨時収入が入ったため、日経高配当株50指数連動型上場投信を買付けしました。

本日の東京市場は、TOPIXコア30などは若干のプラスだったものの、中小型株指数はマイナスでした。大型株選好の相場です。

東京市場は、米中貿易摩擦の影響や、消費増税時期が接近している影響で、海外投資家などが買いを手控えているようです。そこに、東証一部再編の問題も入り、中小型株は余計に買われづらいのかもしれません。年初からの中小型株は、大型株をアウトパフォームしてきたようなので、その反動もあるかもしれないです。

私が日経高配当株50指数ETFに目を付けたのは、以下のような理由によります。

  • この指数に採用されるような大型株は東証一部再編の影響を受けにくいと思われる。
  • 有名な銘柄でかつ銘柄数が現在49あり、分散が利いている。
  • どちらかというと、構成を見ると内需関連株が多く、外部要因に左右されにくいことが現在の相場の状況から見て投資に適していると思われる。
  • 高配当株戦略は長期で見て、一般的な総合株価指数(TOPIXや日経平均)への投資よりもパフォーマンスが良い傾向があり、優位性を感じる。
  • 予想分配金利回りが良い(年4%超)。

3月決算企業が多いので、そろそろ仕込んでおきたいETFだと思いました。4/8頃には分配金が発生するので、今回買付けをしました。

日本株投資は、マザーズ上場の1銘柄のみで、幹になる銘柄としては役不足だったので、今回のETF初購入を皮切りに、このETFの残高をある程度増やし、同時に保有中のマザーズ株も買い増しして、日本株投資を充実させていく方針です。

今回の投資により、国別の株式構成で、日本株への投資が1位に返り咲きました。以下、インド株、米株、豪州株の順です。

詳細のグラフ等は運用状況ページで紹介しています。


含み損脱出!(油断は禁物ですが)

3月12日の東京市場・NY市場で、手持ち株が大きく値を上げました。

(直近10日間の資産推移イメージ)

このため、日本株での含み損を、外国株の含み益が打ち消して、僅かではありますが、含み益が出た状態となり、含み損状態からの脱出となりました。

外国株式は、売買手数料が高めのため、それを乗り越えて含み益が過去最高になったことは非常に喜ばしいです。

今後の投資予定ですが、この含み益ができたことに関しては、過度に気にすることなく、外国株を買い増し・買い付けを行ったり、あるいは日本株の買い増し・買い付けを行ったりして、守りモードに入ることは避けたいと思っています。

一方で、年末から先進国市場を中心として、株価が一本調子に騰がってきたことを考えると、そろそろ横ばいくらいの相場がしばらく続くことも想定されるため、拙速な投資は避けて、収入が入れば、米ドルMMFをはじめとした金利目当ての株式買い付け待機資金にしておく投資をしばらくの間、行う可能性もあります。

それと、ドル円相場が安定するなかで、金価格の上昇がみられることから、金鉱株への投資や、すでに持っている鉱山株、あるいは鉱山株の比率の大きいロシア株ETFなどへの投資なども検討できると思っています。

本格的な投資ならば、メーンストリートを行くよりも、裏道を行く投資にしようかとも思っているところです。


投資について語り合う

先日、投資のプチ勉強会を親戚の子と私の自宅の一室で行いました。

普段は、平日の夜などに、電話で投資の話題をする間柄なのですが、この日は、パソコンをお互いに持ち寄って、ネット証券の四季報ページやチャートを見たり、ETFについて深掘りして話したりしました。

特にその日の大きなテーマのひとつになったのは、Googleスプレッドシートを使った資産管理方法についての話題。親戚の子は、Googleスプレッドシートをまだ体験したことが無かったので、パソコン版で株式・ETFの評価額の入力から始めて、円グラフを作成することでの資産の視覚化作業を行い、さらに、スマホにスプレッドシートアプリを入れてもらい、外出先でも作成物の閲覧・編集の出来ることを確認してもらいました。「すごく便利だ!」と彼も驚いていました。

そして、そのあとは、米国株式の話。ヤフーファイナンスUS版の個別銘柄画面の見方から始め、国内ネット証券からの注文方法をレクチャー。それから、米国ETF、さらにはADRの説明をしてみましたが、彼は全て私の言ったことをメモに取る熱心さ。私の説明することすべてが興味深く感じられたようで、貪欲に知識を吸収しようという、投資への意欲の強さを感じました。さすがは、若者です。

それからは、僕が聴く側に回り、彼は独自に業界研究をして調べた個別銘柄の話をたくさんしてくれました。僕の知らない銘柄の話がほとんどで、新たな発見がありました。

ドライに付き合える親戚同士のお金の話なので、胸襟を開いて、余計な見栄をはることなく、言いたいことをお互い話します。今は僕の方が投資歴20年弱の経験を話す立場ですし、彼の方が給料取りなので、資産は彼の方が大きくなっていくでしょうが、互いに学び合っていける仲なので、これからも良好な関係を築いていけるはずです。

やっとこの年齢になり、投資についてしっかりとした知識を共有できる人が現れてくれました。この関係を大事にし、発展させていきたいです。午後6時間ほど話しましたが、今回のようなミーティングを、定例化しようか、ということになりました。流石に彼が帰ってから夕食後、すぐに疲れてしまいましたが(苦笑)。


HDFC銀行今月2度目の買い増し(2019.02.26)

インドのHDFC銀行ADRを再度買い増ししました。

この日は、先進国株が動意薄で、新興国株もこの日は軟調な市場が多い一日でした。動いていないうちに、というか、軟調なうちに仕込んでおきたい株だったので、この日のHDFC銀行ADRの前日比マイナス推移は好都合と言えたかもしれません。

急遽収入が入ったため、買い物に使った残りのお金全てをHDFC銀行ADRへ投資することに決めました。

自分としては多めに買ったため、長期投資ポートフォリオに大幅な変化が生じました。

株式比率で、筆頭がインド株(HDFC銀行)となり、全体額の約4分の1を占めることとなりました。次いで、日本株、米株、豪州株と続きます。

業種別に見ると、金融がトップにきたので、オーソドックスなポートフォリオに見えなくもないな…という感じでしょうか。

陸運業の米CSXと、鉱業の豪BHPグループもいずれ買い増しをしたいですが、それより先に、日本株を買い増すことになるでしょうから、日印両株の比重が偏重となる状態は、当面の間続くと思われます。


HDFC銀行ADRを買い増し実行

米国時間で昨日、インドの銀行株(HDFC銀行)のADR(米国預託証書)買い増しを実行しました。

ところで、CNNマネーの恐怖&楽観指数は現在、以下のような状況です。

100に近づくほど強気、0に近づくほど弱気、50は中立ですが、現在は65で、投資家は楽観の度を強めてきている印象です。

話を戻しますと、米国をはじめとした先進国の株価は強気に見られていると考えられますので、株価もそれなりに高い水準にあると考えられます。

一方で、最近またドル高傾向があり、新興国通貨が少々弱めだということ、株価については、インドが若干弱含んでいることを考慮しました。結局、私のポートフォリオに入っているインド株のHDFC銀行ADRは、S&P500などとの相関が薄く、株価も足踏みで、かつPEGレシオでも割高感が全くない、ということでした。

そのため、今月は日本株や先進国株の買付は見送って、HDFC銀行ADRの買い増しを実行した次第です。

詳細はメニューバーから『現在の投資・貯蓄の進行状況』ページにアクセスいただければご覧いただけます。


ダウ・デュポン株全売却、HDFC銀行ADRを買付け

ダウ・デュポンがどうしようもなかったので、全売却。代わって、前から欲しかった、HDFC銀行ADRを買いました。

次なる手を、日本株の単元未満株買い増しにするか、このHDFC銀行株買い増しにするかで少し迷っているところです。日本株を買い増してしまうと、ポートフォリオのバランスにさらに大きな偏りが生じてしまいますが、単元株(100株)へは近づきます。HDFC銀行ADRを買い増せば、期待するインド株への投資の増額で、悪い話ではありません。

投資の実行は来週末以降です。


ダウ・デュポン(DWDP)、悪決算で下落

昨日の米国株式市場、保有するダウ・デュポン(DWDP)で悪決算下落をまともに浴びてしまい(-9.23%)、ポートフォリオの評価額減額。他の銘柄2つは、BHPグループが+0.91%、CSXが-0.9%でほぼトントンでした。

銀行株を利食い売りしたのは良かったのですが、昨日のダウ・デュポンの悪決算による株価下落は「あ痛たたあぁ…」という感じです。

ダウ・デュポン株は、年初来の上げ分を吐き出した格好。これ以上の大幅な下落も今のところ考えづらいため、業績回復に賭けて保有継続見込みです。


パックウェスト・バンコープ(PACW)→ダウデュポン(DWDP)(2019/01/31)

米国株1銘柄を入れ替えしました。パックウェスト・バンコープ(PACW)を利食い売りし、代わりにダウデュポン(DWDP)を買いました。

ダウデュポン株についてですが、PBRでは1.4倍で米国株中型では低い方。これだけ見ると割安感がありますが、PEGレシオで見ると2倍。割安感はPEGレシオからは感じられません。ただし、昨年の業績が悪くて2018年は売り込まれた印象なので、今後の業績好転を見越して買いました。

ポートフォリオの詳細は上部リンクの投資現況ページに掲載しています。


YouTubeへの投稿再開とツイキャス開始のお知らせ

YouTube『とらのすけチャンネル』を再開させました。それと同時に「ツイキャス」の配信も試験的に行います。

これからの『とらのすけチャンネル』は5分前後の短編が主になります。ブログを音声に起こしたような感じでしょうか。この試みは試験的なものですが、5分ぐらいで観る方のほうも飽きてしまうでしょうから、動画も短時間で、ということです。

ツイキャスのほうは、今までTwitterでお世話になってきた方々とのチャットの場としても考えております。Twitterのアカウントをお持ちの方々、どうぞご参加ください。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)