購入馬券の3連複からワイドへの移行

私は、現在3連複フォーメーション30点弱の馬券を買うことが多くなっています。

秋競馬になると、配当が固く収まることが多くなるとデータでも出ています。私の3連複の獲得配当も、御多分に漏れず、秋の深まりとともにしょぼくなっていく一方です。

結局、前節(2018/11/10-11)は、万馬券を1度もとることなく終わってしまいました。

そんなわけで、3連複では購入点数は晩秋以前のままで配当は大幅減少なので、買い方や券種を変えなくてはいけないと思いました。

ここで、的中確率というものを考えてみます(フルゲートの18頭立てのレースを想定)。

3連単は18×17×16=4896通りのうちの1点が的中馬券となります。

3連複はその6分の1の組み合わせ数ですから、816通りのうちの1点が的中馬券。

さらに、3連系へのステップとなる、ワイドは18×17=306通りのうちの6点の順不同、つまり、51通りのうちの1点が的中馬券です。

3連単の的中率は4896分の1、3連複の的中率は816分の1、ワイドは51分の1。

このうち、現在議題に挙げているのは3連複です。今回は、3連複馬券からワイド馬券に移行したら、買い目をどのくらい減らしていいのか、検討してみます。

全パターン数が816通りから51通りへ大幅に減るのですから、買い目は大きく減らせそうな気はします。816÷51=16で、16分の1に減らして良いことになります。

買い目を減らせるぶんの減る配当額はどうでしょう。一般的なサンプルレースを探してみますと、私が先日的中をしていた、2018年11月10日の京都1R、15頭立てのレースがありましたので、これを見てみます。

15頭立てですので、3連複の全通りは455通りです。そのうち、26通りを買っていますから、5.7%程度のパターンはカバーしたことになります。

これをワイド馬券に置き換えますと、35分の1が的中馬券です。35通りの6%をカバーすることにすると、2通りしか買えなくなってしまいます。

とりあえず、それは横に置き、次に、配当額を考えます。ワイドは3通りの的中があるのに対し、3連複は1通りしかありません。ワイドの一番配当の安いもの1つと、3連複の配当を比較してみます。

京都1Rの3連複の配当は5,940円でした。一方、ワイドの一番安かった配当は430円でした。

13.8倍の開きがあります。455÷35=12.7(倍)ですから、まずまずバランスはとれています。

また、今回、私の3連複の買い方では、7番を軸にしています。私が同じアプローチで買い向かい、7番からの1番安いワイド馬券を的中したとすると、830円で、5,940÷830≒7.16(倍)です。

なんとなく、ワイド馬券の方が割がよさそうな気がしてきます。

先程、3連複の買い目はワイド換算で2点買いになってしまうことに少し触れました。しかし、配当は馬券の買い目減少以下の減少になる可能性が高いと思えます。つまり、今回例に挙げたレースの場合、ワイド1頭軸2点買いを倍の4点買いにしても良いかもしれないのです。

というのも、7番と11番の組み合わせは830円ですが、7番と10番の組み合わせは1,900円なのです。合計すれば、2,730円の受け取りとなります。

今回組んだ3連複のフォーメーションを見てみると、たまたまではありますが、1列目(軸馬)と2列目4頭だけで3着馬まで完結しています。7番軸のワイド4点流し、というのもアリではないかと思いました。私は、だいたい、そこそこ不人気な馬を軸に据え、2列目に上位人気馬(1桁オッズ中心)4頭ぐらいを置き、最後にその馬たちに加えてさらに不人気な馬を付け足す3列目を作るというのが恒例となっています。

3連複の破壊力が大きいのは、その3列目のうちの不人気馬が複勝圏内に入ってくることで高配当になるためですが、ワイドの場合、なかなかその3列目のみにいる穴馬を軸とするのは難しいと思います。そのような馬ばかり軸にしていたら、的中率は大幅にダウンし、収支も悪化しそうです。

それよりは、3連複で言うところの、1列目を軸とした2列目4頭へのながし(計4点)でおさめて、3列目穴馬との高配当の組み合わせは思い切って捨てる、というのが妥当だと思いました。こうすれば、1レースの予算を3千円弱から4百円へと大幅に削減できます。勝負をしたいときだけ、3連複を使えばよいことになりそうです。

早速次の土曜日から、実践したいと思います。

 


「疲れた・・・」が口癖に

最近、「疲れた・・・」が口癖のようになってしまっています。

なかなか健常者の方々には理解できないでしょうが、好きなことやっても、好きでもないことをやっても、その直後に主に精神的に強い疲労感が襲ってきてしまうのです。

夕食も、食欲は旺盛なつもりなのですが、食後にすぐに疲れてしまい、家族同士の会話も耳障りに感じてしまいます。「早く布団に入りたい」といった気持ちにすぐになってしまうのです。

そういえば、最近、排尿に時間がかかったり、朝の勃起が弱かったり、さらに性機能が低下していると感じたり、元気がないような気がしています。鬱の傾向もあるのでしょうか?

今週末は関西方面へ出かける計画を立てています。果たして、それも楽しめるのだろうか?と少々不安です。

元気であるとは言い難い状況なので、とりあえず、肩の力を抜いてリラックスすることを心掛けて、一日を過ごすしかないと思います。


やっぱりゴロゴロしているのは無理

前回の記事で、「ゴロゴロするのに慣れねばならない」と書きましたが、無理そうです。

昨日、スーパーまで母親と一緒に行き、あれこれ買うのを手伝って荷物持ちをして帰ってきました。人助けになるのは気持ちがいいですし、私としても、家の中をウロウロするような無益な行動ではなく、外出で歩き、しかも荷物を持って負荷も適度にかかり、母親とおしゃべりしながらですから、悪いことは一つもありませんでした。

こういう行動をとるのが快感に感じるということは、やはり、私も人間らしい生活を送ることが自分にとって良い体験であり、ベッドで寝て張り付けられているかのような生活は不自然極まりないということになります。

抗精神病薬は、時として、患者をぼんやりとした気持ちにさせてしまうとも言いますが、私の場合は、同じ薬を何年も服薬する経験を経て、症状の安定した状態が出来上がっているのかな、とも思います。精神的な疲れやすさは症状として残り続けてはいますが、注意力が健常者より劣ってしまうのは致し方ないにせよ、周囲の環境に過敏になってしまう症状が緩和されているのは間違いないと思えるようになりました。

就業はなかなか無理なこととは思いますが、消極的な生き方ではなく、よりよく毎日を生きていくにはどうしたらいいかをもっと考えなくてはならないな、と考えるようにします。


ゴロゴロ生活に慣れねば

今日は朝から何もすることがなかったです。することがあることのほうが稀ですが。

スーパーのチラシで、カップうどん・蕎麦・焼きそばが108円均一なのを知って、朝からスーパーに行き、それらを買い込んできました。主に、日曜日の私の昼食用です。

それが終わると、何もすることが本当になくなってしまいました。

早朝に起床した時のことを思い返してみますと、PCの電源を入れて、それに向かっているうちに頭が疲れてしまい、二度寝になって朝八時に朝食を食べるために起床したという感じでした。

本当に少し行動や複雑な思考をしただけで、すぐに頭が疲れてしまい、地べたに倒れ込まざるを得ません。

お昼前には、久しぶりに真向法体操をしてみました。それから、畳に寝転んでいましたが、長続きすることなく、家じゅうをウロウロしたりしていました。

精神疾患の患者さんの中には、病院のベッドでの長期入院生活を送っている方々もいます。私は、妄想・不安等の症状が薄れているので、入院の必要がなく、入院の経験もありませんが、日中ゴロゴロとする生活も、自分の中でよしとしなくてはならないかな、と思うようになりました。先ほども述べた通り、少し頭を使っただけで、ひどく疲れてしまうので、生産的な活動や、創作活動などはよほど好きになったものがある場合を除いて、ほとんど無理な状況なのです。

あとは、徒歩で行ける親戚の会社に少し顔を出して、他人と混じって刺激を受ける状況をつくるくらいしか、気分転換になるものもありません。

じっとしていられない気質の持ち主ではありますが、なるべく「ゴロゴロして過ごす」ということにも慣れていかなければならないなと思っています。


前節の競馬は惨敗(2018/10/30)

前節(10月21日・22日)の馬券成績はさんざんでした。

天皇賞秋も、2着サングレーザーを有力視して馬券を組んだのに、1番人気のスワーヴリチャードが凡走してハズレ。予想は半分以上当たっていたも同然だっただけに、残念でした。

前節は、私の好む血統予想のアプローチでは、適当な穴馬がこれでもか、というほどおらず、馬券を買う前から苦しい展開が待っているのは目に見えていました。2日目日曜日も挽回できずにマイナス収支で終わりました。

配当妙味のないレースが多く、当たってもトリガミ(元本割れ)だったわけですが、あまりにもそのような結果のレースが多く、立ち回りをどうのこうのというレベル以下の無理ゲーでした。

次節は、土曜日の2歳重賞が少頭数見込みで、東京・京都のメインレースはガッカリする可能性大です。一方で、東京の1000万下のレースにオジュウチョウサンが出走するとか、話題はあります。荒れる福島競馬も開幕するので、そのあたりで馬券を収穫したいところです。


馬券の買い方を変えて収支が改善

馬券の買い方を刷新するという記事を前回の記事で書きましたが、早くも効果が出てきました。

今まで、閃いて高額馬券の買い目を作ることができたことはたまにありました。ですが、それは単発で、常態のフォームで買ったものではありませんでした。

しかし、今度は普通に買い目を作って、普通に高額馬券にありつけたのです。

前節の土日は、土曜・日曜ともに4万馬券が3連複で普通にとれました。今までならなかったことです。他にも、2万馬券や万馬券が数回とれました。

明らかに買い方を刷新した効果が発現してきています。この調子で収支が改善していってもらいたいですね。


馬券の買い方を刷新(2018/10)

私の主に買う馬券の券種は、三連複(1-2-3着を順不同で当てると的中となる馬券)です。

これまでは、軸馬を1頭決めて、相手を6頭程度選ぶ、「1頭軸ながし」でした。これだと、軸馬が3着以内にゴールして、残り2頭が「相手」であれば、的中です。

ただ、この1頭軸相手6頭ながし、相手が7頭以上になると、買付点数が21点、28点、36点、と簡単に増えてしまい、穴馬をカバーするには効率が悪い馬券の組み方なのです。

そこで、とあるプロの馬券師の方の買い方を参考に、三連複の買い方を改めることにしました。刷新後の買い方は、よく言われる、「フォーメーション」と呼ばれる買い方です。

私の場合、まず軸馬を1頭決めます。そこまでは1頭軸ながしと同じです。続いて、2着相当の馬に人気上位馬を4頭程度据えます。そして、3着相当の馬をほぼ総流しにするというものです。

この買い方ですと、おもに的中するパターンはだいたい決まっています。程よい人気の馬である軸馬1頭・人気と実力を備えた馬1頭・それに穴馬か人気馬のうち1頭がそれぞれ1頭ずつ入線して馬券が的中するパターンです。

こうしますと、1頭軸ながしに比べて、穴馬を少なめの点数でより幅広く拾えるとともに、上位人気馬は1頭は3着以内に入ることが多々あるので、それを無駄なくフォローできる、という点が優れています。

3列目を総流し近いながしにする関係上、点数は20点前後になりますが、1頭軸ながし相手6頭15点よりも、高い配当の馬券を拾える可能性が高まるので、いいなぁと思っています。

この買い方で、先週のレースの2万馬券も的中させました。予想精度向上の研究とともに、さらに買い方の研究をしていこうと思います。


一度は行ってみたい

私の競馬狂いも自己規制していた分、また高まってきています。

「やめたんじゃなかったっけ?」と仰る読者の皆様、よくぞ覚えていてくださいました。2カ月ほど自粛していたのですが、また始めてしまいました。

先週は、万馬券も中央競馬で2つ取れたので、もっと取りたい、という気持ちがあります。

ところで、私が一生のうちに、一度は行ってみたい場所があります。東京都府中市にある、東京競馬場です。10年も競馬をやっていて、一度も現地に行ったことがないんです。

そこよりも東にある、福島競馬場には2013年に訪問を果たしています。今年は京都競馬場と阪神競馬場に行っています。関西の競馬場は日帰りも容易なため、何度も行っているのですが、福島競馬場や東日本の競馬場ともなると、旅費もかかる大行軍になります。

なにか臨時収入が入ってこない限り、東日本に旅打ち(競馬旅行)できる機会はないのですが、やはり、5年に1度くらいは、行ってみたくなります。

ぎりぎり西日本になる、中京競馬場も競走馬の直線の攻防という意味では、同じ左回りということもあり、似ているかもしれませんが、中京競馬場の指定席の立地はおそろしく悪く、席からのレースコースの眺めは興ざめこの上ないです。

そういう意味では、直線の長い競馬場で、左回りで、直線入口~ゴール板が指定席から一望できそうな東京競馬場は、一度は訪れてみたい競馬場です。

自分の体調が落ち着いている今であれば、行って観戦できそうな気がします。買い物には全く興味がないので、競馬目的で東京へ足を運んでみたいと思う、今日この頃です。


文章をもっと書いていきます(2018/10/14)

今更ながらですが、もう少し、ブログを書くことに力入れようと思います。自称文筆家と言えるくらいに。

このブログは、レンタルサーバを月千円で借りて運営しています。お金を払ってブログを書いているのに、ブログを書き込む頻度が今まで少なすぎたような気がするんです。

何かを書きたいと思う欲求は、私には多くあります。それをもっと引き出してやらないと、もったいないじゃないかと思うようになってきました。

政治的な意見はあまり書きたくないです。世の中への不満を書き連ねるよりも、自分の気の付いたことや知ったことなどを、いろいろと書いていきたいですね。

daily082さんのブログも、私には刺激になっています。肩ひじ張らずに書き綴っていくということは、ブログを続けて書いていくためには必要なことです。私の場合、文章に表れているのかどうか自分ではよく分かりませんが、自然と力んで書いている気分の時が多かったので、もう少し、内容も表現も柔らかいものを目指していきたいと思います。

こうやって考えていくと、私の文章の書き方にも、まだまだ改善の余地が多くありそうなことが分かります。目標は、肩ひじ張らない読んでいて人を楽しくさせられるブログを作ることです。一つの記事の中で、話題が飛んだりする、雑談ブログでもいいじゃないかと思うようになりました。


最近の私の暮らしぶりと働くことについて(2018/10/13)

最近、生きていて全く張り合いがありません。

私の統合失調症の症状は、主治医から処方されている薬が適切に作用しているのか、安定している現状です。朝夕の主剤類の服用に加え、外出するときには、安定剤の定期的服用が欠かせませんが、もう慣れっこなので、遠出をするときも4時間おき程度の服用を続けて過ごせば、帰宅時まで安心して過ごせるようになっています。

病状が安定するとともに、夜10時前後就寝・翌朝5時ごろ起床、という生活リズムも大崩れすることなく、日々継続されています。

以上のような安定があるにもかかわらず、私が毎日やっていることと言えば、前回のブログ記事の冒頭にも少し触れましたが、近くの親戚のところに行って、茶飲み話をしたり、ネットで馬券を買って遊んだりといった活動程度しかできていません。

料理・洗濯・掃除などの家事は苦痛に感じてしまい苦手なので、家庭のゴミ出し程度しかやっていません。一般の方々が当たり前にできることもできないのに、遊びまわっていていい気なものだ、と思われそうですが、私としては、「今の私には、できることがその程度までなので、それをやっているのです」としか言うことができません。

ハローワークにたまに行ってみては、障害者雇用担当の相談員の方と話をしてみることもありました。相談員さんを介して、自分の就業にあたっての希望条件を挙げてから企業と連絡を取ってもらったりしたこともあるのですが、条件に合う職場はなかなかありません。いつハローワークに行ってもそうなので、あまり足が向きません。

そういう現状です。家事が苦手だったり、そのほか一般人が誰でもできそうなことができないとしても、人間何か自分の特性や能力を生かせる場所がどこかにあるはずだと思うのですが、未だに自分の居場所を見つけることができていません。

私の統合失調症に関わる症状は、精神疲労が溜まるのが早いとか、集中力を長時間維持するのが難しいとか、働くには不利なことがいろいろあるのですが、せっかく生きているのだから、なにかしら働いていたい、という思いもあるので、自分を発揮できる場所を見つけたいのです。

この記事の冒頭で、生きていて張り合いがない、と述べたのは、そういった、自分を全く発揮できていない状況で、やむを得ず「ご隠居生活」になってしまっていることへの不満が、統合失調症の症状の安定化とともに、頭をもたげてきたからだと思います。

田舎暮らしゆえ、都会暮らしの方々よりも輪をかけて不利な状況下に置かれているのではないかと感じていますが、なんとかならないものだろうかと毎日のように悩み考えているところです。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)