重賞レースのみ馬券を購入することを検討

今日も馬券を購入することなく、1日を終えました。

私には、いわゆる「勝負レース」の見極めは困難なので、大きいレースに多めの点張りで馬券を購入して、楽しむ他ないとの結論に至りました。いわゆる、G1・G2・G3といった類のレースのみ賭けるということです。

「ソワソワ症状」が抑制されていれば、15時台に施行されるメインレースを待つ間、イライラ・ソワソワすることも少なくなるでしょう。そんなことを思い描きながら、再び2月中旬迄の予定を立ててみると…

12月…9,000円・1月…13,500円・2月上旬…4,500円となり、計27,000円の出費となります。賭け方も当たりやすいように、3連複1頭軸ながし15点ほどを想定しています。僕が競馬に使って良い金額は2ヶ月3万円くらいまででしょう。

服用中の薬の副作用もなるべく軽減させて、楽な気持ちでライトユーザーとして競馬と付き合いたいと思いました。


夕食後に頓服を飲んだら睡魔が…

昨日の記事で、夕食後に副作用止めを飲んだことを書きましたが、それから程なくして強烈な睡魔が襲ってきて、そのまま朝まで眠ってしまいました。

主治医の先生が「眠くなりやすいからね」とおっしゃっていた通りのことが起きました。まあ、ソワソワする暇もなく、寝てしまったのですが…。

副作用止めのこの薬を、頓服としてでなく、1日3錠以上本格的に飲んだのが初めてのようなものだったので、アタマがびっくりしてしまったのかもしれません。

とはいえ、しばらく1日3錠飲んでみて、次の診察の時に、様子を主治医に報告してみようと思います。

ちなみに、昨日は、競馬をやりたい衝動は起こりませんでした。ひとから競馬の結果を教えてもらっても、「へぇー」で終わり。まあ、競技としての競馬を嫌いになったわけではないので、そんなもんでしょう。

まだまだ試行錯誤が続きます。


ソワソワ感を止めるために

私は、子供の頃から、なんとなく多動の気があったのですが、統合失調症の薬を飲んで、余計に拍車がかかったのか、ソワソワ感が治まる気配は今のところありません。

主治医の先生が、「抗精神病薬の副作用だと思う」とおっしゃるので、自分としては、完全には納得できないものの、変な焦燥感が出てきたときの頓服として、あるいは、精神状態の変調が起こることを未然に防ぐものとして、副作用止めの薬を飲んでいます。

実際に、この薬に助けられたこと、飲み損ねたことでひどい思いをしたことを過去に何度も経験したので、この薬にはとても信頼を置いています。

今日、少し考えてみたのが、「ソワソワ感が毎日の馬券購入を誘発していたとしたら」ということ。「じっとしていられないので何かに向かいたくなってしまう」ということと、馬券購入のこととの間に関係が少しはあるのではないかと思いました。

今もらっているその頓服薬は、1日あたり2回分しかもらっていません。しかし、結構余りがあって、1日あたり3回飲んでも、まだ残るくらいです。

であれば、朝・昼・夕方と飲んで、効果を見てみたくなりました。…というわけで、先ほど、夜になって頓服を飲んでみました。

これで、馬券を買わざるを得ない精神状態から脱却できればいいのですが、果たしてどうでしょうか?


馬券を買わないことで浮くお金

私は、平日も含めて、馬券をしょっちゅう買ってきたのですが、それをやめたらどのくらいお金が浮くのだろうか…と調べてみたら、1日あたり700円前後浮くことがわかりました。

1日あたりの700円が、塵も積もれば、で4万円強になるのですから、数百円でも馬鹿にできません。

お金の使い道で、最も有力なのが、預金。証券投資をやりたい気分にも駆られますが、数十万円はもしもの時のために預金で持っておき、それでなければ証券投資はするべきではない、と米国人著名投資家フィッシャーが書いていたので、それもそうだと思い、証券投資の前に相当額の預金をする必要を感じました。

預金目標額の達成まで1年以上かかることが予想されますので、馬券を買わないだけでなく、投資も控えて、生活全般を変えていかねばなりません。初志貫徹できるよう、これからもいろいろと考えていきます。


昨日思ったこと…アタマをいたわろう

昨日は、競馬で負けて、競馬を続けるのかどうか、再び考えることにしたと記事に書きました。

昨晩、考えれたことといえば、「アタマをもっといたわろう」ということだけで、競馬をやっていた土日や平日の夕方に何ができるのか、というところまではなかなか考えれませんでした。

まあ、それについては、今までも、「何か自分にもできることがあったら」などという感じで考えてきた懸案事項でもあります。そう簡単には他に自分のやりたいことは浮かんでこないでしょう。

今は、投資や競馬など、アタマを酷使する作業を要するものを極力やらないでおこう、と心がける程度のことしかできないと思います。


競馬を続けることについてもっと考えねば

土曜日(12月7日)の競馬は予算1000円で1レースも的中することなく、惨敗しました。翌日本日の競馬は予算4000円で朝から3競馬場のレースに賭けたものの、お昼途中で資金が底をつき、撤退しました。

結局のところ、自分には少点数で馬券を当てる真の予想力がないわけで、こればかりは如何ともしがたい、と思わされてしまいました。

2月中旬迄立てた競馬予算は、実際賭けても戻ってこないと思われるため、「何のために競馬をやっているのだろう、あまりにも虚し過ぎやしないか」と思わず思ってしまいました。これなら、馬券を買うお金で、貯金をしたり、何か買い物をした方が良い、と思いました。

競馬を続けるのかどうか、今一度考えるべき時に来た気がしました。と同時に、毎日の暇な時間の過ごし方を、再度再度、見直してみたいと思いました。

ついでに付け加えると、競馬の予想は健常者でも非常に精神的に疲労を催すものなので、精神障害者である私には二重苦となっています。もう少し、脳に優しくしてやらねばなりません。ただ、それがほぼ1年中の習い性になってしまっているので、生活の仕方をもっと考えねば、と思います。


日曜競馬の予算を削減

中央競馬で、日曜日の馬券を、3競馬場同時開催の場合、1レース平均100円と考えて、3600円で予算計上していましたが、やはり、「多すぎる」と感じ、「3つの競馬場のうち、2つを終日やる」ということで、3000円に落とすことにしました。それと、土曜競馬を900円固定に改めます。2競馬場同時開催の日曜日は、2400円で変わりません。

改めて、毎度のようにカレンダーに照らし合わせて、予算を立ててみますと…

12月7日…900円・12月8日…3000円・12月14日…900円・12月15日…3000円・12月21日…900円・12月22日…3000円(※有馬記念で特別に)・12月28日…2400円・1月5日…3000円(※金杯で特別に)・1月6日…900円・1月11日…900円・1月12日…2400円・1月13日…2400円・1月18日…900円・1月19日…3000円・1月25日…900円・1月26日…3000円・2月1日…900円・2月2日…3000円・2月8日…900円・2月9日…3000円

…ここまでを合計しますと、39300円となります。有馬記念と金杯に特別枠を設けて、約4万円です。

そして、今までは、収入の入ってくる口座で中央競馬をやっていましたが、それを改めて、別の銀行口座でやろうと思っています。使い過ぎを抑制する目的です。


ハイリスクな投資をしていないだろうか?

「少額でできるからといって、ハイリスクな投資をしてはいないだろうか?」と最近思うようになり、競馬の予算制限と並んで、投資にも制限をかけるよう、考えてみました。

eワラントは、投資元本が少なくて済むものの、当てが外れると、選択した銘柄によっては、損切りで元本の半分をも失うことがあり得る投資です。私は、これではダメだ、と思い、eワラント投資をやめてみようと思いました。

同じレバレッジ投資でも、レバ投信を活用した投資の方が自分でリスクを管理するという考え方では適当な金融商品ではないだろうか、と思いました。

投資を再開するのは、もう少し先の日になるでしょうが、どんな投資に取り掛かるのか、ということについては、事前に考えておく必要があるな、と思いました。

少し前の記事で、『これはバブル相場だ!乗っておこう!!』という内容の記事を書きましたが、FRBが「隠れQE(量的緩和政策)」を取っているにもかかわらず、市場の反応が乏しいので、株価は延命装置が付けられているに過ぎないのかもしれない、と思い始めました。

ということで、買うのなら、株価指数インバース型のレバ投信か、債券ブル型の米国債先物レバ投信になるだろうと思っています。

様々な相場環境の観測をしてみますと、

  • 米国でハイイールド債の出来高が今年に入って増えているが、価格は上がっていない。
  • FRBが量的緩和を始めたが、米国国債市場が荒っぽい動きをしている。
  • 米国クレジットカードの高金利、家計債務残高の増大。
  • 米国REIT指数が今年7月くらいの水準で現在足踏み状態。

…米国家計・不動産・信用問題などに不安材料が少しずつ出ていますので、遅かれ早かれ、米国株式市場は崩れると考えた方が無難そうに思えます。そういったシナリオを軸に投資を考えていきたいと思います。


土曜競馬馬券購入を原則廃止に

中央競馬をほぼ毎週、土曜日と日曜日の両日やってきましたが、土曜競馬を朝からやることを廃止することとし、やるのであれば、特別戦後半の第10レースとメイン11レースに加え、最終12レースを足した最大でも9レースだけやることとし、それも来月の阪神カップなどがある重賞開催時のみやることとしました。

原則として、土曜競馬を廃止することにしたのには、懐事情によるところが大きいです。「1レース平均100円賭ける」という原則を設定しただけでは足りず、中央競馬参加レースを半減させなければ、私の財政健全化は完成しないと悟りました。

というのも、平日も少しだけ地方競馬(南関東・園田競馬中心に)を賭けており、1週間通じて馬券生活を満喫するためには、レースの立て込んでいる土曜日の中央競馬をやめなくてはいけないと考えました。

1週間の馬券スケジュールを考えますと、日曜日は最悪3600円の支出に見舞われる可能性があります。それを令和元年12月~令和2年2月までの中央競馬カレンダーと収入のある日を併せて考えますと・・・

12月1日…3600円・12月8日…3600円・12月14日…900円・12月15日…3600円・12月21日…600円・12月22日…2400円・12月28日…2400円・1月5日…2400円・1月6日…2400円・1月12日…2400円・1月13日…2400円・1月18日…900円・1月19日…3600円・1月26日…3600円・2月2日…3600円・2月9日…3600円

概算ではこのようになるはずです。合計で1カ月半で42,000円になります。12月8日は競馬が不可能の可能性もあるので、より現実的には38,400円でしょうか。

その間の収入が10万程度ですから、まあまあ適正な範囲に収まったと自分では考えます。南関東・園田競馬が平日にあるので、そこをどれだけ避けられるのかが次の焦点となりそうです。ただ、1日あたりのレース数は地方競馬の方が少なくなるので、うまく抑えられたら5万円程度で済むでしょう。

とりあえず、支出額の多い中央競馬の投票金額を概ね予定からさらに半分にして、財政健全化達成の時期を早めたいと思いました。


今週の競馬の結果と次回の予定

今週は、土曜日に1000円、日曜日も1000円ほどの入金をし、900円返ってくる結果になりました。お金が半分近く返ってきたので、まずまずの出来だったと思います。

日曜日のジャパンカップと京阪杯もワイドが的中しましたし、終日馬券を楽しむことができました。

さて、来週からですが、来週からは、”ワイド1点チャレンジ”を初っ端からやってみようと思います。1レース平均ワイド1点(100円)で24~36レースやることを前提として競馬予算を組むということです。これでも、時々的中しますから、終日楽しめる可能性が高いです。

皮算用ですが、11月30日から12月28日までの1か月間、このペースで馬券を買っていくと・・・

11月30日…3600円・12月1日…3600円・12月7日…3600円・12月8日…3600円・12月14日…3600円・12月15日…3600円・12月21日…2400円・12月22日…2400円・12月28日…2400円

となり、最高でも28,800円の馬券代で済みます。土曜日に少しでも払戻金を受けられれば、日曜日の必要経費が減りますし、3競馬場同時開催時は予想に手が回らないこともあるので、3600円未満で終わる可能性もあります。そうなれば、およそ2万5千円くらいの経費でしかも、払戻金もあって…という馬券生活が実現します。

…となると、2カ月で5万円余りあれば中央競馬が存分に楽しめますから、自分の収入を考えると少し貯金もできることとなり、万万歳です。

…というか、1レース平均1点(100円)以上は賭けられません。財政的に無理があります。それをやってこなかったので、放漫財政になってきたのでした。

昨日・今日の競馬で自身がついたので、上記のペースで競馬をやっていけたらな、と思います。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)