今後の当サイトのデザインについて

現在使用しているワードプレス用テーマ”Simplicity2″の製作者のわいひら(@MrYhira ‏)さんより、後継となるテーマ”Cocoon”が発表されました。

私は、当面は”Simplicity2″を使用するつもりですが、今後、状況の変化によっては、”Cocoon”にテーマを変更するかもしれません。

ページの見た目が変化することも予想されますので、事前にお知らせしておきます。


個人向け国債二度目の買付と今後のロードマップ

買うことはできたが今月の買付目標額は下回りました

今月分の個人向け国債の買付の申し込みを銀行でしてきました。今回は前回のような他の商品のセールスはなく、すんなりと買うことができました。

今度は固定3年物ではなく、変動10年物にしました。少しずつ金利が上昇していきそうなので、中途解約する際でも少々利息が有利かもしれないな、と思ったからです。今後の買付時は、変動10年物を買っていきたいと思います。

今月は個人向け国債を買うことができましたが、来月は収入のある見込みがないため、臨時収入がない限り、次の買付は6月になりそうです。しかも、今月の買付は目標額より少なく、もう少し多く買いたかったなと思っています。

今後のロードマップ

さて、今後の買付サイクル等の見込みですが、最低でも隔月で個人向け国債を買っていき、将来の株式(または株式投信)の買付資金としていく予定です。

換金不可期間である買付当初からの1年間が経過したあとは、株式市場の様子を見ながら、中途換金する時期を探ります。

目下の株式市場の高値更新はすでに終わったか、あるいは今年あるいは来年に相場崩壊も見込んでいるため、先月初めてに買った個人向け国債から順次、中途換金していくことになろうかと思います。

クローズド期間の1年が経過したものから順次換金して、株式投信に累積投資していく方法も考えられますし、その他その時に入っている収入と合わせて、株式を買っているかもしれません。そこは、もう少し相場が崩れてから考えても遅くはないと思っています。


AIスピーカー『Amazon Echo Dot』を導入

Alexa(アレクサ)という音声認識AI技術を装備したアマゾンのスピーカー『Amazon Echo Dot』を購入し、使ってみました。

設定には、スマートフォンとWi-Fi環境が必須のようです。まず、Amazon Alexaアプリをスマホにインストールし、EchoDotをWi-Fi接続させるようにします。そのあとは、家の中の好きな場所にスピーカーを設置します。大半の詳細設定はスマホアプリで行います。

最初は「アレクサ、〇×△を教えて」とか話しかけて答えをもらうだけで喜んでいるものですが、そのうち、ラジオのような使い方、音楽ストリーミング用のスピーカーなどとして使いたくなってきます。

自宅のWi-Fi環境下に、Echoが1台しか無い人の場合、アマゾンプライム会員なら、100万曲以上の曲が聴けるようです。私はプライム会員に入った上に、Echo会員になり、4000万曲以上が聴ける状態にしました(これは、Echoシリーズ端末からのみ加入できるプランで、Echoシリーズ端末に話しかけて入会し、Echoシリーズの端末1台のみから音楽が聴けるというものです)。

目覚まし時計としても使えるようなので、これから慣れて、いろんな用途に試してみようと思います。

また新しい体験が得られ次第、ブログで紹介できればと思います。


昼間横になってしまうことが多いです

先日、月に一度の診察に行ってきました。

その時にも主治医に伝えたことですが、今も、パソコンに向かってブログを更新したい気持ちがあっても、すぐに気持ちが途切れて、精神的な圧迫感(ストレス)から、ベッド等に横にならざるを得ない日々が続いています。

主治医によると「病気の症状で、『疲れやすい』というのがどうしても出ている。薬ではある程度まで緩和しているが・・・」という話でした。

あとは、頓服薬を服用してみて、どれだけストレスを緩和できるか、といった感じのようです。このブログを書く直前に、頓服薬を服用してみました。少しストレスが緩和されて、パソコンに向かって作業ができるようになりました。

頓服薬には依存性は無いようなので、飲みたいときに必要なだけ飲めばよいのですが、頓服薬以外の定期服用の薬だけでは、安定して毎日を送るのが正直難しいです。外出する時もありますし、家にいるだけでも体が重くなって、先ほどまでのような状態になることもあります。

昼間に横にならざるを得ないというのは、生産的ではないので、とても困ります。精神疾患を持つものゆえの苦悩かもしれません。


短歌を初めて詠んでみました

短歌らしきものを3つほど詠んでみました。

1.出会いなく人生変わることはなしひきこもれども人さびしき僕

2.書いたあともうやめてしまったからと消すのは悪いのでそっと遺そう

3.葉桜か花びら惜しむ青い空下を見ればきれいな絨毯

…あとで手直ししたくなるような、下手な歌ですが、まあ最初にしては上出来かな、と自画自賛w

感情のこもった歌を今後も詠んでいきたいですね。


「宝くじ」オプションに再挑戦

現在、収入が入るまであと少し待てばいいのですが、ちょうどお金がない時期で、どうしようもありません。よって、「宝くじ」オプションを買っておきます。

たとえ価格が倍になっても、知れた金額なのですが、上手くいけばラッキーということで、プットオプションを買っておきました。

次の急落を待ちたいと思います。


過去書いた一部記事について

過去の投資記事のうち、中止してそのままやめてしまった投資政策等の現在の実態に合わない記事もあります。

そういった内容の記事は、「過去の遺物」カテゴリーを作って、そこに入れます。

ゴミ箱行きとも言えますが、消してしまうのももったいないので、他のカテゴリーから分離させておきます。


短歌、僕に詠めるかな?

短歌について、勉強してみたくなり、本屋さんで角川の雑誌「短歌4月号」を買ってきました。

自分の心の内の少しでも、短く表現することができたら、おもしろいんじゃないかな、と思います。果たして、僕にも詠めるものでしょうか??

短歌の入門本よりも、タイムリーな話の詰まった、雑誌の方が読みやすいと思って購入しました。


「出会いと変化」を渇望中!

「出会い」なくして「変化」は人間に起こり得ないと思います。

別に、リアルな人間同士の出会いに限ったことではありません。インターネットを通じてでも、あるいは、本の著者にその著書を通じてでも、出会いはあります。それが、人間に変化をもたらします。

私が何も変化のない、味気ない生活を送っているように感じてしまうのは、その「変化」が乏しいからだと思います。そして、そのもとになる「出会い」もほとんど無い。

私が障害を持つ身でなければ、もっと積極的になって自分をリアルの世界でも晒していって、出会いを求められるのかもしれません。「半」ひきこもりでは、なかなか出会いは生まれないでしょうね。

まだまだ気力がある私ですから、何かしらの出会いと変化を求めたいです。そのようになるにはどうしたらいいのかを模索中です。


人生だけでも「かなづち」から脱したい

私はプールで50m泳げない「かなづち」です。今だったら、25mもあやしいです。

ところで、人生は、いろんな物事に例えられることがあります。「山登り」「マラソン」のように、どちらかというと苦しいことのように例えられることも多いです。

私は、人生を「魚が海底を泳いでいく」みたいなものと考えてみたいです。

溺れている人間のことを想像してみましょう。泳ぎたいのはやまやまだけれど、いっこうに進まなくて、その前に酸素不足におちいってしまって、空気を求めて頭だけ上を向いて、もがいている…そんな姿です。

上へ行きたいし、前に進みたい…これは、成長志向・上昇志向みたいなものだと考えることはできないでしょうか?

それに対して、海底を進む魚は前を見据えながらも、横方向へスイスイと移動します。これは、人生をスムーズに、成長とか向上心とかを抜きにして、自分の道をただただひたすらに進んでいく姿になぞらえることはできないでしょうか?

私は、人生を考えるとき、自分は成長しなくてはいけないという考え方に囚われていたのではないか?そろそろ、横移動というか、人生の幅を広げるというか、もっと間口を広げて行くことだけに専心していこうか、とふと思ったんです。

私は生きるのが下手だと自分のことを思っています。縦方向へ上っていくことばかりに目が行っていたような気がするんです。縦志向は苦しい。横方向なら楽。…と片付けることはできないでしょうが、人生という「海」を考えたとき、もがき苦しむのは嫌なので、「かなづち」から脱して、スイスイ人生を泳いで行けないだろうか、と思います。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)