自己紹介

とらのすけといいます。

子供の頃から、「ちょっと変わった子」だったようなのですが、中学・高校時代から、生きづらさを感じるようになり、大学時代・社会人の頃には、自分でも「普通の人と違って、生きていくのが異常なまでに苦しい」と思うようになりました。脳の働きに異常をきたしているのだろうとの自覚がありました。

社会人になってから、「統合失調症の薬が効くと思うから」とだけ言われて、抗精神病薬での薬物治療を受けるために病院に通うようになり、少しずつ体調は改善したかに思えましたが、「自分はいったい、どういう病気なんだろうか?本当に統合失調症なのだろうか?」と疑問を持ちながら、統合失調症の診断だけは下されました。ただ、その後納得できる治療を受けられないまま、何度か転院するうち、症状の改善具合もある程度のところで止まって、手詰まり感のあるまま、20年近くが経とうとしていました。

そんな時、遠方の医院への通院がいよいよ苦痛になり、地元の病院へ転院したことをきっかけに、再び症状の改善、病からの寛解への明るい光が差し始めました。幻覚・幻聴が全く無いなかでも、常につきまとっていた「被害妄想感」を薬物治療してくださる主治医の先生が見つかり、「年金をもらいながらも、仕事をして、自立した生活ができることを先々の目標にしましょう」とその先生が言ってくださいました。

現在、最新の抗精神病薬を服用しながら、ときどきしんどくなりながらも、家の外と内とを出たり入ったり、半ばひきこもり気味ではありますが、あれやこれやと試行錯誤を繰り返して生きています。自分で自分の症状を言葉で人に伝えることができるようになりました。

最近、躁うつ病の症状もあると診断され、高校時代から、授業中でも落ち着かず、もじもじとして、自分を落ち着かせるのに苦労してきたことが、病気であったことも分かってきて、自分の少年期からの精神的な異常も、説明がつくようになってきました。

そんな、問題だらけの僕ですが、人生はエンジョイしてなんぼだと思っているので、肩ひじ張らずに自分の好きなことをして生きていきたいと思っています。

そこに立ちはだかるのが、お金の問題です。障害を負いながら、お金を得ることは大変です。今は、障害年金をもらいながら生きていますが、親に食べさせてもらっている状況です。もし、突然一人になったら、今の生活を維持していくのは難しいでしょう。そこは大きな課題として残されています。

僕はお金(金融)に関することが好きなので、金融・経済・相場の話が多くなるかもしれません。ただ、健康にも気を遣わないといけないので、健康についての話や、急に思いついて、様々な話を書きそうです。

ブログ歴は長いですが、過去のブログを引き継ぐことはせず、心機一転のつもりで新しくブログを始めたいと思います。

では、よろしくおつきあいください。

タイトルとURLをコピーしました