預金・貯蓄一覧

金融機関(国内・海外)使い分け

海外口座も開き、いろいろと手を広げて運用をしているところです。

1週間半ほど海外口座を頑張ってやってきましたが、どんなものなのか、他の方々のお話も伺いながら、体験して得た結論があります。それは、「海外口座だけで全てを済ますのは無理がある」ということでした。

高レバレッジ取引も海外口座では可能ですが、ちょっとした誤りで資産が毀損してしまいます。あまり大金を入れて投資する場所ではないな、という感じもしました。

海外口座はメインにはできない、との結論に至りました。ですが、証拠金取引(FX・CFD)は海外口座で楽しむ方が良いと思いました。

海外口座は投資を日々楽しむのに使う、として、国内の金融機関を活用できる場面はどこかというと、貯蓄や元本の比較的安定した成長を図る場で、どうしてもなくてはならない存在だと考えます。

ということで、海外口座の活用の仕方は決まったので、今度は国内金融機関での資金運用についてゆっくり考えていこうと思います。


個人向け国債を中途換金

先日、個人向け国債を中途換金しました。中途換金すると、直近一年分の利子の大半が没収されます。その没収分を元本から差し引いた金額が返金される仕組みです。

運用難のご時世ですが、換金に3営業日も要する利子もほとんどつかない商品を持っていても仕方がない、という結論に達しました。

ただ、この一年間で、自分の「貯めぐせ」をつけるには、発行後一年間中途換金できない、という個人向け国債の条件は良かったと思います。「自分には、一年後に戻ってくる根雪のような資産があるんだ」という意識が根付き、競馬でお金を使い過ぎるのを抑制したり、収入の大部分を貯蓄・投資に振り向けるきっかけを与えてくれた商品でした。

競馬抑制や貯蓄・投資励行が成功したので、個人向け国債の役割はほぼ終えたとみました。今後は、個人向け国債の売却代金をより積極的な投資に使おうと思っています。


預金の雑談(2019.04.13)

お金は、使わないとどんどんと貯まっていくものなんだなぁ、と思った今日この頃。馬券購入以外、めぼしい支出が無かった私は、お金が貯まってきています。

といっても、20代の最盛期には程遠い額しか貯められていません。40代に近くなった私ですが、これからどんどんと貯蓄・投資に勤しんでいかねばなりません。

最近、某ネット銀行の各種手数料優遇条件に「円預金30万円以上または・・・」というのを見かけました。10万円とか、数十万円の預入残高を持つ顧客でないと優遇しないというネット銀行が増えてきており、顧客囲い込みの意図と、もう一つ、コストに見合わない顧客はいらないというネット銀行側の姿勢も透けて見えます。

私は、ネット銀行数行と常時取引がありますが、できるだけ無理のない条件でランクアップされるような工夫をして、最低ランクよりも上のランクを獲得して維持しています。

預金は最低限にとどめて、残りはすべて投資に回す、というのが私のポリシーなので、そのようにしているのですが、お金をそのまま寝かせておくのはもったいない気持ちもするので、資産残高が増えるなかでも、預金を特段増やす予定はありません。

ただ、景気というか、株価の動向次第では、預金が一時的に増えるかもしれません。しかし、債券投信等であれば、株がひと相場終わる時などには、元本の増加が期待できますから、株から預金ではなく、株から債券等にお金を持って行って、そこからまた株に戻すだけで、預金残高は変わらないかもしれません。


含み損脱出!(油断は禁物ですが)

3月12日の東京市場・NY市場で、手持ち株が大きく値を上げました。

(直近10日間の資産推移イメージ)

このため、日本株での含み損を、外国株の含み益が打ち消して、僅かではありますが、含み益が出た状態となり、含み損状態からの脱出となりました。

外国株式は、売買手数料が高めのため、それを乗り越えて含み益が過去最高になったことは非常に喜ばしいです。

今後の投資予定ですが、この含み益ができたことに関しては、過度に気にすることなく、外国株を買い増し・買い付けを行ったり、あるいは日本株の買い増し・買い付けを行ったりして、守りモードに入ることは避けたいと思っています。

一方で、年末から先進国市場を中心として、株価が一本調子に騰がってきたことを考えると、そろそろ横ばいくらいの相場がしばらく続くことも想定されるため、拙速な投資は避けて、収入が入れば、米ドルMMFをはじめとした金利目当ての株式買い付け待機資金にしておく投資をしばらくの間、行う可能性もあります。

それと、ドル円相場が安定するなかで、金価格の上昇がみられることから、金鉱株への投資や、すでに持っている鉱山株、あるいは鉱山株の比率の大きいロシア株ETFなどへの投資なども検討できると思っています。

本格的な投資ならば、メーンストリートを行くよりも、裏道を行く投資にしようかとも思っているところです。


個人向け国債の売却を考える(2019/01/15)

個人向け国債を保有し始めてから、半年以上経過しました。

利払いは僅かですし、発行後1年間は売却できず、あまり良い投資先だとは思えなくなってきました。

以前は、自由なお金があると、すぐに短期収益を狙った投資にお金を入れて損をしては後悔をするの繰り返しでしたが、がっちりとした長期投資ポートフォリオを株安の時期に作れていることで、ポートフォリオを長期保有出来る自信がついています。

そのため、資金を固定しておくための個人向け国債、という役割もなくなったと思います。

次の利払いが終わったら、過去2度の利子は諦めても個人向け国債を売却し、日本株に資金を振り向けたいと思っています。


CFDを活用するメリットを再確認

現在、日経平均株価は堅調に推移し、24,000円台に乗せています。

私の保有している日経平均CFDも、含み益が増えてきました。逆差値はまだ慎重にみて動かしてはいませんが、あと数百円日経平均株価が上昇した場合には、値を上方に動かそうと思っています。

さて、CFDを活用するメリットといえば、少額の証拠金でレバレッジを利かせて大きな利益が狙える、ということを考えがちですが、私は少し違います。

以前に、eワラントの活用方法とメリットについて、ラジオ番組で聴いたことがあります。それは、レバレッジ商品は、一部資金だけ投資に回し、投資に充てなくてはならないはずの残りの現金を現金として持てるのがメリットだ、というお話です。

eワラントの場合、最大損失は投資元本までに限定されている(追証がない)ので、特に上記のメリットを強調できます。CFDについても、逆指値注文を入れれる上に自動ロスカット機能が付いているので、先物よりもセーフティーネットが充実しているので、eワラントほどではないにせよ、現金を手元においておけるメリットを享受できます。

レバレッジ1倍近くになる現金を保有していればより安全です。差入証拠金は必要な金額プラスアルファを入れておき、残りの現金は銀行口座に置いておくことができます。当たり前のことですが、必要に応じて現金が出し入れできます。証拠金取引をしていることを意識していれば、そのような行動も節度を持てるでしょうから、ETFのように、買い付けたために現金がすべて持っていかれてしまうよりも、便利です。

私の場合は、全投資資産・貯蓄をCFDの証拠金とすれば、約1倍のレバレッジで日経平均CFDに投資しています。国内債券インデックスファンドを全解約して現金化しましたので、残りは個人向け国債とCFD。個人向け国債は現金に等しいので、実質投資先はこれ一つになります。


国内債券インデックスファンド全解約

国内債券インデックスファンドを全解約しました。

なぜかといいますと、このところ、債券価格が下落していることが第一。それと、わざわざ国内債券に今、投資しなくても現金で持っていればいいじゃないかと思ったからです。

以前は、簡単に動かせる流動資産にしてしまうと、無駄遣いなどにお金を使って、貯蓄のペースを鈍らせる恐れがあると感じていました。ですが、最近は少し我慢強さが出てきたことと、また次の記事で触れたいと思いますが、少しは流動性を持っている必要もあるのではないか、と思い直したことがあります。

今後年末に向けては、全資産の年間目標額達成へ向けて邁進します。


国内債券インデックス投信を買い増し(2018/09/10)

少々臨時収入があったため、国内債券インデックスファンドを買い増しました。

ポートフォリオの構成比率は、上記の通りです。個人向け国債の購入は当面見送って、インデックス投信(国内債券)の買い増しに専念することとしました。

今回の投信買付で、今年のポートフォリオ目標総額の3分の2を達成することができました。このままのペースで投信を買い増ししていけば、なんとか今年の目標値は達成できそうです。


ゴールドカードホルダーにとりあえず昇格

某銀行系列のクレジットカード会社の一般カードを1年近く利用してきたのですが、この度、「ゴールドカードのご案内」というDMが届き、簡単にゴールドカードへの切り替えができそうだったので、申請したところ、2週間強で新しいカード(ゴールドカード)が届きました。

最近は、ゴールドカードといっても、プラチナカードやブラックカードなどのより上位のカードが登場していることで、以前ほどのステータス性はありませんが、「信用のある人」と見られる証であることには今でも変わりはないでしょう。特に、銀行系カードや保有できること自体がステータス性を帯びることになるようなカード会社のカードで、ゴールドカードが持てるとなれば、それなりの人として扱われることが今でも期待できます。

とは言え、年会費などのコスパを考えて、一般カードのまま通す方もいますので、カード社会とはまだまだ言えない(というか、現金第一主義の)日本ではその価値を感じられる機会は意外と薄いかもしれませんね。

僕は、「切り替え初年度の年会費無料」ということもあって、すぐに申し込みました。次の年度からはかなり高額な年会費の負担が待っているのですが、今のところは継続してゴールドカードを保有していく意向です。

カード利用枠(与信枠)は増えたものの、収入が増えたわけではないので、利用の額・頻度は相変わらずだと思います。


新生銀行が提携ATM出金手数料を今秋に有料化

新生銀行といえば、ATM出金手数料がコンビニATM等で何度引き出しても無料なのがウリでした。

しかし、その謳い文句の看板が、2018年10月7日に下ろされることになるようです。

(新生銀行ホームページ)提携ATMの出金手数料一部改定のお知らせ

※リンクをクリックすると、新生銀行の当該ページが別ウィンドウで開きます。

私も、新生銀行は口座の開設を何度か検討したことがあったのですが、ネット銀行の方がATM出金手数料以外の点でメリットがいろいろとあったので、見送っていた経緯があります。

多くの口座保有者にとって、手数料改定が大きな痛手になると思われるので、ネット銀行など他行の利用を検討する方も出てくるかもわかりません。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)