株式一覧

2019年からの相場を予想する

新年あけましておめでとうございます。本年も拙ブログをよろしくお願いします。

大胆なことをしてみようと思い、本2019年からの相場を予想してみようと思います。

複眼経済研究所所長であるトルコ人のエミン・ユルマズさんが、「現在はブルマーケットの前半戦ではないか」とウェブセミナーで仰っていたので、わたしももう少し昨年末の記事で紹介したチャートよりも長く引き伸ばしたものを探しました。しかしながら、なかなか見つからず、結局、TOPIXのチャートを引用することにしました。


遡ることのできる1969年1月からの20年間、ブルマーケットが続いているのがはっきりとわかります。その後株価は低迷を続けます。TOPIXも1700pt台まで上昇しては跳ね返されるベアマーケットが続いていました。

そう考えると、2008年のリーマンショックは、殊更大きく取り上げられますが、調整も800ptで終わっています。ベアマーケットの一場面に過ぎないとも見れます。

その後、一際出来高の大きなタイミングがありますが、たぶんこれが民主党政権から第2次安倍内閣に替わったタイミングでしょう。その後株価の上昇が始まり、現在に至っています。

短いベアマーケットが3か月間ほど時折ありますが、それをこなして上昇しているわけで、これをエミンさんはブルマーケットが始まってばかりだ、と仰っているのだと思います(※エミンさんは米株の指数の長期チャートを示して動画で説明されています)。

2018年末の大幅な株価の下落も、長期化せず今月か来月には反発に転じると考えることもできそうです。

2009年にそれまでの20年のベアマーケットが終わっったと考えると、面白いストーリーが作れます。2011年には東日本大震災という大惨事があったものの、そこからは株価も比較的堅調。とすれば、最短でも2029年までは長期ブルマーケットが継続すると考えることもできるのではないでしょうか?

そこまでは、「安くなったらすかさず大きく株式を拾う」という戦略で行こうかな(それ以外の時は積み立て投資)と思ったりしました。


「来年は楽観的」派の意見も聞いてみよう

表題の通り、「来年も引き続き、株式市場は好調だろう」という市場関係者の方もおられました。その主張を一部抜粋しますと、

◎「リーマンショックから10年でそろそろベアマーケット」という相場サイクルには、そもそも疑問符が付く。

◎原油安が新興国経済を後押しする。

◎米国大統領2期目(トランプ大統領で言うと2018年)の米株のパフォーマンスは最も悪く、3期目が特に良い(現政権で言うところの来年)。

◎米株は長期上昇サイクルとしてはまだ過去のブル・マーケットのサイクル前半に位置しているとも考えられる。

◎米国2年債と10年債は、まだ利回りが逆転しておらず、カンファレンスボード発表の米国景気先行指数も下降していない。

などです。

この方のセミナー動画を見て、「ああ、まだまだ(株式投資をして)大丈夫なんじゃないか?と思わず意識の方向転換をする感じになりました。

逆に、「今が買いの好機で、今を逃してしまうともったいないことになるんじゃないか?」とまで思いました。

こういったお話に出会えたことに感謝しつつ、来年を考える材料としたいと思います。


2019年相場を見据えて

今年も大納会を迎えました。年末になって今年は大波乱の株式相場となりましたね。そして、来年相場について、市場関係者から悲観的な意見が相次いでいるようです。

1年間通して見て、12月が最安値だったというケースは、かなり稀だと思います。結局は年初1月が高値で、以降それを更新することなく年末を迎えました。

「掉尾の一振」などともいわれる、年末高が無かったわけで、これは2007年(リーマンショックの前年)と同じです。

このあと、翌2008年は年初から日本株が大幅下落をはじめ、5月ごろに盛り返すものの、秋にリーマンショックを迎えることとなります。

先日のクリスマス付近の急落後、リバウンド狙いで、バリューっぽい株(PBR1倍割れ)を買いました。現値は買値から9%ほどの反発となっています。これも、来年早々に売ってしまった方がいいかもしれません。

というのも、私は、米国の家計債務残高が、直近のピークだった2008年を上回っていることを大いに不安視しています。債務残高は巨額に膨れ上がっており、米国の高金利とその利上げが続いていることにより、いつかは米国経済は行き詰まりを見せるだろうと思わざるを得ません。

そんなわけで、私は来年の株式市場について、超弱気です。来年はベア目線でいいのではないかと思います。ただし、直近の急落後にダウの1000ドル反発上昇などの乱高下を見るに、一筋縄ではいかぬ様子も見て取れます。

ベアファンドもレバレッジの効いたものも含め、活用できるとは思います。ただし、反発局面もあるでしょうから、長期で持てば減価する可能性があるため、やはり代替物として、米国債ETFなどを現物で買う手法の方が安全な気もします。

日本国債も外国人投資家に買い進められているらしく、為替相場にはあまり表れていませんが、日本に資金を逃避する動きもあり、リスクオフは確実に進んでいます。

来る2019年は、年初から「守り」をどうするか、考えることになりそうです。


年間貯蓄投資目標額に近づきました

今年の最大の目標は、「年末に金融資産を30万円にすること」です。

今年途中は、相場が荒れ狂って、それに翻弄される形で増えた資産を減らしたりで、目標額に遠く及ばずに年末を迎えそうに思っていましたが、競馬で大きく当てたりして臨時収入が入ったことなども寄与して、年末には概ね20万円台後半は確保できそうな情勢となりました。

私にとっては、競馬は副収入になるか、ただの娯楽支出で終わるのか、微妙なところではあるのですが、年末の猛チャージで金融資産目標額到達に寄与できたことは願ったりかなったりといったところです。

20代中盤では金融資産が200万円に達せんとしていた時と比べると、まさにゼロからのスタートです。その間にいろいろな失敗や奨学金返還などの支出がありました。

ここからが勝負だと思っています。相場は下降街道を進んでいますが、いろいろと工夫を凝らして蓄財をしていこうと思います。

来年の金融資産額は目標で60万円~80万円程度を目標としたいです。来年の抱負の詳しいお話は来春になってからまた書こうと思います。


長期投資成功のカギは「楽観」か

最近、株式市場が荒れていて、投資どころではないと思ったので、競馬に逃避していましたが、そろそろ相場に戻ろうと思います。

相場と向き合うなかで、悩んでいることがあります。それは、長期投資が思うようにできないことです。

投資信託で株式投資の世界に飛び込んだ当初は、辛抱強く投信を持ち続けていた記憶があります。それから10余年、自身の投資スタイルの変化もあったり、気軽に投資に入れる金融商品が増えたせいもあるのか、一度決めた投資が長続きしないケースばかりです。

投資しているうちに、様々なニュースが目に飛び込んできます。ニュースの影響を受けて相場が大きく動くこともあります。最近は、SNSを通じて個々人の相場観もいろいろと目にします。そういった情報が比較的早いスピードで頭に入っていくことで、情報に以前よりも自分自身、敏感になってきたと感じます。

相場が弱気に傾いてくると、根拠は後付けだろうが何だろうが、情報もネガティブなものが頭に入ってきて、長期投資をする気持ちが揺らいできてしまいます。揺らいで投資を中止したもののなかには、「手じまって正解だったな」と思うものもあります。ですが、あとから手じまった投資先の様子を見てみると、あっさり買い始めたときの水準に株価が戻っていたり、さらに反発上昇しているケースがかなり多いのです。

私の性格が投資に影響を与えているのではないかとも考えざるを得ません。それほど慎重な性格だとは思いませんが、飽きっぽいとか、朝令暮改的でどうも言っていること・やっていることがコロコロと変わってしまうとか。あるいは、楽観が足りないのか、とか。

次に投資をするときは、最後に挙げた「楽観的でいる」というのを意識しなくてはならないかもしれません。種銭の乏しい私の場合、株式1銘柄を収入があり次第続けて買っていく積み立て投資の方式をとるでしょうから、株価が下がっていっても、買い続ける意志の強さを持つ必要があるのですが、銘柄をその銘柄に選定した理由がなくならない限りは、買い続けなくてはならないはずでしょう。楽観して「いつかはグッと上がる」という楽観視が必要なのでしょう。

リーマンショックのような下落は想定しながらも、楽観的でいることも忘れずにいないと、財産形成はおぼつかない・・・株式の長期投資による資産形成の難しさを感じさせます。私はまだ若いので、荒波をかぶってからも、相場が2度3度と回復する可能性があります。とはいえ、そろそろ本格的長期投資をしないと、資産形成の機会を逃してしまうかもしれないので、この冬から積立株式投資を始めようと思っています。


いよいよ近づく?リスクオフ 守りの姿勢へ

南アフリカのGDPが、2四半期連続で市場予想を下回るマイナス成長となり(今回の予想はプラス成長)、「リセッション入り」と認定されたようです。南アランドは急落しています。

このような事象も起きており、トルコも混乱するなど、余力のない新興国からはお金がどんどん流出しています。これに連れて、米ドル高が再び進みだしており、お金はアメリカに一極集中の様相を呈しています。そして、株では米国株の中でも、一部の成長株にお金が集まっている現状です。

米国の景気も、「踊り場」の雰囲気が漂います。不動産価格の高騰で、住宅の価格が一般市民の手の出せないところまで値上がりしてしまったり、家計債務残高がリーマンショック直前と同じくらいの水準にまで膨らんでいたりします。米国債の長短スプレッドもどんどんと縮小しており、このままFRBが利上げを続ければ、景気減速・下降が近いのではないかと思わされます。

さて、9月相場の蓋を開けてみると、先月から問題化している不動産絡みの問題もあり、内部・外部とも不安要素を挙げるときりがない状況で、株価はあまり冴えません。

私は、「リスク資産をのほほんと保有していては、やられてしまうのではないか」との思いが強くなりました。昨日、日本株と米株ETFを売却し、REITのETFに資金を集中させたのですが、「REITも無事ではないだろう」との気持ちが頭をもたげ、今日は、一気に保守的運用へと転換をする決断を下しました。

REITのETFを全売却。そのお金で、国内債券のインデックスファンドを買ったのです。

「米株は調子がいいし、そこまで保守的になる必要はないのでは?」とも思いましたが、少し長い視点を持てば、ここからさらに景気が上向くことは考えづらいので、多少フライング気味だとしても、今から国内債券の買付を開始して、今後の暴落に備えて貯蓄に近い投資をしていったほうがいいだろうと判断しました。

上記のグラフのような配分比率を現在は取っていますが、今後の買い進め方は未定です。個人向け国債と国内債券インデックスファンドをバランスを取りながら買っていきたいとは思っています。

このような運用ですと、毎日が退屈になるので、eワラントを使った短期投資を少々やり続けるつもりでいます。


ポートフォリオの危機管理(2018年8月末)

本日は昨日臨時収入があったため、それを使って追加の投資を実行しました。

買ったのは、アイシェアーズ東証上場ETFのうちの一つである、S&P500ETFです。為替ヘッジなしでS&P500にほぼ連動しています。

投資した資産クラスが4つに増え、ポートフォリオらしくなりつつあります。

ところで、このポートフォリオ、最悪どのくらいの値下がりがあるのか。過去の暴落データをもとに試算してみると、3割程度は下落があり得ると分かりました。

で、それを2割程度に抑えるには、簡単な方法としては、国内債券を66%程度に増やし、国内株式・米国株式・国内REITを今の金額のまま持つ、ということでした。

構成比率は、私の投資金額がまだまだ小さいので、簡単に変動してしまいます。最終的に、国内債券が66%になればよいと考えて、そうなる過程では、まだまだやりたい投資がたくさんあるので、それを早め早めに実行していきたいと思います。景気後退期が近いかもしれないので、急がねばなりません。

具体的には、国内株式から優先的に投資をし、銘柄数を現在の1銘柄から、2~3銘柄程度までは増やしたいのです。そうなれば、投資額は国内株式部分が倍額になりますから、ポートフォリオのバランスは大きく変化します。このバランスを整えるために、米国株式やREITも買い足すことになります。そして、最後に個人向け国債を多めに買って、国内債券の比率を6割~7割程度まで引き上げます。

現状のポートフォリオでは、危機への対応が不十分ですが、株式を早めに買い、続いて債券の購入に移行していくというフォーメーションでいきたいと思います。

 


ロシア株について(2018年8月)

いつ組み入れできるようになるのかはわかりませんが、いずれは新興国株をETFで持ちたいと思っています。今回は、その一つの選択肢として考えられるであろう、ロシアについてです。

さて、下のチャートをご覧ください。ロシア株過去5年間のチャートです。

橙:日経平均 黄:ロシア小型株ETF 青:ロシア株ETF 赤:WTI原油ETF

チャートの開始時からしばらくして、原油価格の下落と時期を一にして、ロシア株が大型・小型を問わず、下落していったのが見て取れます。そして、2016年の初旬に原油価格が下げ止まると、ロシア株も底打ちし、原油価格の比較的価格の安定が得られてくるとともに、ロシア株も安定していくという推移を辿っています。

ロシア株自体が、新興国株式の範疇に入っているため、株価安定と言っても、最近のドル高・新興国通貨安(ここでは、対ドルでのルーブル安)が進んでいるため、ドル建てETFの価格は伸び悩んでいます。

ただし、原油価格がロシア株の趨勢を握っているのであれば、原油価格の低位安定の中、通貨安・経済制裁も受けている実情などを考慮すれば、ロシア株の水準は、大健闘というか、良く持ちこたえているという見方もできるでしょう。

原油価格の上下は、予測が非常に難しいと思っています。原油価格がこのままであれば、ロシア株は買っても良いように思えるのですが、さらなる原油安・新興国債務問題を端緒としたリスクオフの流れがあれば、「高値掴みでした」ということにもなります。

2014年といえば、ウクライナの政変が発端となった混乱から、西側諸国による大々的な反ロシアキャンペーンがあり、ロシアによるクリミア併合もありました。対ロシア制裁もあり、ロシアにとっては逆風の時期でした。それが、アメリカのオバマ政権も終わりが迫る2016年夏あたりから、スルスルっとロシア株が上昇し始めて、その2016年夏を起点とすれば、ロシア株はプラスを維持しています。

経常黒字を出し続けて安定するロシアですが、最も心配なのは、政治情勢だと思います。プーチン大統領がロシアの陣頭指揮を執っている間は、政治的に安定期で、投資にも良いと思うのですが、次の執権者がどのような人物になるのかが不透明です。グローバリストと手を結ぶような執権者に代替わりしてしまうと、日本にとっては北方領土問題の解決が遠のきますし、経済の統制も不安定化し、本当の意味での投資不適格な国になることが推測されます。

…このように考えを巡らせていくと、なかなか手を付けづらい、長期投資には不向きそうな地域に思えてきてしまい、投資意欲も減退してしまいます。諸情勢からみて、今を「ロシアの夜明け」と考えるか、「相変わらずの不安にさせる国」と見るか。他の地域も投資先の候補地域としてあるので、いろいろと深く検討しなければならないと、ロシア一国のことだけ見ても改めて考えさせられました。


運用の見直し

米国株式を売却したお金で、米国債ETF(為替ヘッジあり)を買っていましたが、これを全売却しました。

「今は(高くなった)株式への投資は控える方が良い」という気持ちもありました。ですが、これから株価がさらに上昇する可能性も否定できませんし、下落のほうも、リーマンショック級のものでない調整で終わってしまえば、「それほど身構える必要もなかったね」ということになります。

可能性はいかようにも想像できます。明日のことは神のみぞ知る。徐々に投資を拡大していく段階の私にとっては、今から株を買い始めることも、良いとも悪いとも言い切ることはできないのではないか、と思いました。

ひとつ自戒しなければならないことは「株は持っているもので、頻繁に売買をする代物ではない」と認識することです。タイミングを計って売買することを企てれば、機会損失を負うリスクもあります。手数料も重くのしかかることでしょう。長期投資で持ち続けるのだ、という意識をしっかりと持って、全体的な相場環境が悪化しても冷静に対応することを意識しなくてはならない、と「今度は狼狽売りしない」意志を固めたつもりです。

今回かった日本株は、低PBRの、いわゆるバリュー株です。パフォーマンスはTOPIXに劣っています。「TOPIX連動ETFを買った方が良いのではないか」とも思えます。しかし、私は、ポートフォリオ運用を自前で行う楽しみを感じたかったので、敢えて、個別株から入ることにこだわりました。

指数連動型ETFのほうが、少額でも、ポートフォリオ運用のなかで構成比の調整がしやすいというメリットはあります。ただ、私の場合は、個別銘柄を種類も金額も増やしていく一方になりますし、当面は国内債券を増やす予定もありませんので、調整うんぬんは気にしなくていいと考えました。

ポートフォリオ運用が株式だけで機能するためには、来月以降もどんどん銘柄数を増やしていく必要があります。その研究も怠らずにやっていかねばなりません。

今回は、日本株1銘柄のほか、J-REIT指数連動ETFも買い付けました。米国債ETF(為替ヘッジあり)の売却代金が、日本株を買っても少し余ったので、買ってみました。値動きが安定して推移していること、高い分配金利回り、2020年東京オリンピックに向けた不動産価格の見通しの良好さ、などに注目しました。

eワラントは、ハンセン指数のプットを、リスクを取り過ぎないように注意しながら、少額買いました。今日は値下がりが突出していたので、しばらくの間、下落リスクが高いと判断しました。

ポートフォリオの現況は以下の円グラフの通りです。


トルコショックで株価は下値模索・リスクオフムード

株価が下値を模索している状況であり、株式に投資する気が起きませんでした。

今日は、米国株式を売却してできたお金で、米国債ETF(為替ヘッジあり)を買い付けたり、eワラントのユーロ円や日経平均のプット型のものを買ったりしてみました。

最新の状況・私の相場観等は、YouTube『とらのすけチャンネル』でもご覧いただけますので、ブログと併せて見ていただければと思います。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)