株式一覧

銀行・証券選びと目標預金額

一昨日に久しぶりに1,000ドル/トロイオンスを超えたプラチナ。高値が維持されているゴールド。ともに、私の資産形成には大きなプラスです。

ところで話は変わりますが、私は主にSBI証券で有価証券の取引をしています。その一方で、auカブコム証券(旧・カブドットコム証券)の口座もあり、両社は取扱商品と手数料体系に違いが出てきているのに注目しています。

SBI証券は外国株式が取引できるのが、私にとっての魅力。一方、auカブコム証券はフリーETF(国内ETFのうち、100銘柄ほどが売買手数料無料)が魅力的に映ります。結論としては、メリットを押さえて、両方を使えばいいと思います。

また、上記証券と連携して活用できる銀行としては、SBI証券は住信SBIネット銀行、auカブコム証券はじぶん銀行(2020年2月上旬から『auじぶん銀行』に名称変更を予定)がありますね。

デビットカードの利用など買い物などのことを考えれば、住信SBIネット銀行だけでも事足りるように思ってきたのですが、預金を「貯める」という面では、(au)じぶん銀行の方が、口座保有者の預金量増大を重視している感じが見て取れるので、じぶん銀行口座に預金を貯めていこうと考え始めたところです。

具体的には、じぶん銀行では、預金額が10万円ないと、出金はもとより、入金にも手数料がかかります。そこを、預金額を増やしていくと、提携ATM無料出金利用回数や他行宛振込無料利用可能回数がどんどん多くなっていくステージ制度を設けています。ステージは毎月決まった日に判定が行われ、次月には反映されます。

私の場合、じぶん銀行口座はステージ最低ランクで、ATMを使っての入金に最初から手数料がかかってしまう状況なのですが、他方、住信SBIネット銀行では、私は他行宛振込可能回数が、月あたり7回可能な状況なので、振込で住信SBIネット銀行からじぶん銀行へ資金を移動させれば、じぶん銀行への入金手数料はかからないことになります。

それを利用して、今年4月ごろまでに、auじぶん銀行での預金額を10万円以上にしたいと考えています。そうすれば、翌5月頃には、ATMからの入金も無手数料でできるようになるでしょう。

株式市場が天井圏、と思われることもあり、預金を多く貯めていくことが、自分の資産を毀損させにくい手法の一つだと思っています。

前回の記事では貴金属現物を買って、生活防衛資産を作ったことをお話ししましたが、それをさらに強固なものとすべく、並行して預金残高の増大も図っていこうと思います。

少し先の話かもしれませんが、現在のバブル相場が崩壊して底を打った暁には、auカブコム証券の「フリーETF」制度を使って、auじぶん銀行から資金を振り替えて、日本株のETFを買おうかな、とか構想しているところです。


ハイリスクな投資をしていないだろうか?

「少額でできるからといって、ハイリスクな投資をしてはいないだろうか?」と最近思うようになり、競馬の予算制限と並んで、投資にも制限をかけるよう、考えてみました。

eワラントは、投資元本が少なくて済むものの、当てが外れると、選択した銘柄によっては、損切りで元本の半分をも失うことがあり得る投資です。私は、これではダメだ、と思い、eワラント投資をやめてみようと思いました。

同じレバレッジ投資でも、レバ投信を活用した投資の方が自分でリスクを管理するという考え方では適当な金融商品ではないだろうか、と思いました。

投資を再開するのは、もう少し先の日になるでしょうが、どんな投資に取り掛かるのか、ということについては、事前に考えておく必要があるな、と思いました。

少し前の記事で、『これはバブル相場だ!乗っておこう!!』という内容の記事を書きましたが、FRBが「隠れQE(量的緩和政策)」を取っているにもかかわらず、市場の反応が乏しいので、株価は延命装置が付けられているに過ぎないのかもしれない、と思い始めました。

ということで、買うのなら、株価指数インバース型のレバ投信か、債券ブル型の米国債先物レバ投信になるだろうと思っています。

様々な相場環境の観測をしてみますと、

  • 米国でハイイールド債の出来高が今年に入って増えているが、価格は上がっていない。
  • FRBが量的緩和を始めたが、米国国債市場が荒っぽい動きをしている。
  • 米国クレジットカードの高金利、家計債務残高の増大。
  • 米国REIT指数が今年7月くらいの水準で現在足踏み状態。

…米国家計・不動産・信用問題などに不安材料が少しずつ出ていますので、遅かれ早かれ、米国株式市場は崩れると考えた方が無難そうに思えます。そういったシナリオを軸に投資を考えていきたいと思います。


これは「バブル」だ!

米国ダウ平均株価は頻繫に高値を更新。日経平均も年初来高値更新。日本はともかく、米国株の指数の強さは、「尋常ではない」と感じさせます。

企業業績とか、景気指標とか、全く関係なく株価が上昇している。世界の中央銀行の半分以上が緩和的になっているのが頼り。業績相場ではなく、金融相場になってしまっています。

もう、これは「バブル」と言っても差し支えないのではないでしょうか。米国株が割高であることを示すサインはあれこれと出ているのに、株価指数は上がり続けている。

ということで、私は危険も感じつつも、損失限定のeワラントなどを使ったハイレバ投資を実行しています。ダウ平均の30,000ドルも、このバブル中にあっさりと達成してしまうのかもしれません。


バーゲンハント!(2019.09.29)

先日のブログで触れました、eワラント投資は、リターンリバーサル的な相場でコール型eワラント投資をして、結構利益が獲れました。

その後は大人しくして、あまり損失を出さないように気をつけながら、細々とeワラント投資を続けていました。

割安放置株の買い戻しが一巡するまで、そんなに時間はかかりませんでしたが、戻し幅も、思ったほどではない気がしています。海外がいろいろと騒がしいせいと、本邦の消費税増税前ということで、戻りも限定的かつこれからまた下がるのでは?という雰囲気になってきているようにも思えます。

そんなななか、これからの投資姿勢をどうすれば良いのか、悩んでおられる方も多いかと思います。私も答えは持ち合わせていません。答えは持っていませんが、サブプライム問題の時のように、「高くて買えないものばかり」の相場にはなっていない足元の状況にも注目したいと思います。

テック株(アップルやアマゾン、フェイスブックなど)のようなグロース株のさらなる成長はあやしいものがあります。一方で、日本の高配当株や一部のコモディティなどには、割安なものもあります。理由が乏しいのに安値に放置されているものは、これから買ってみても良いのではないか、とも思うのです。

投資の仕方は、流行りのETFでもいいし、現物・個別買いでもいいし、eワラントを上手く活用してもいいし、FXでもいいかもしれない…何でもいいので、おおざっぱに「バーゲンハント」をスローガンにしてみてはどうだろう?と思います。

世界情勢に疎くては投資はおぼつきません。アメリカ経済を観ることはもちろん大事ですが、実質2番手の日本という足元の状況、さらには技術革新の状況にも目を向けておく必要があります。あれこれと見ながら、本当の価値を見つける旅、すなわち投資活動、を続けていきたいと思っています。


eワラント投資途中経過

eワラントで「中期投資ポートフォリオ」を作って数日が経過しました。

その間に、日本株は物色される銘柄が毎日変化していました。

当初作ったポートフォリオをそのままにしていても儲からない感じだったので、毎日のように銘柄入れ替えをしなければならない結果になりました。

結局、現在は10銘柄を保有、うち、当初から保有する銘柄は4銘柄となっています。残りの6銘柄は、週末までに何度か入れ替えをしてきた銘柄たちです。

運用自体は順調ですので、この調子で進めていきたいと思います。


eワラントで中期投資ポートフォリオを作ってみた

今日(2019年9月10日火曜日)の東京市場は、グロース株下落・バリュー株大幅高という、何か大きな相場の流れが変わったかのような動きでした。

米株から撤退し、ようやく本日為替取引でドルの円転取引が約定したため、国内の金融商品が買える状態になりました。

バリュー株に流れが来ると良いな、とは少し思ってはいましたが、今朝は一気にその流れが来ました。

ただ、日本株でバリュー株を複数買えるような手持ち資金が無い私は、通常の方法では波に乗ることはできません。

そこで、eワラントで、この度初めて、日本株eワラントによる、本格的な中期保有目的の分散投資ポートフォリオの組み立てを試みました。

これにより、ひと銘柄5万円前後に相当する計11銘柄で構成されるレバレッジ投資(想定投資元本約55万円くらいか)を実行できました。

相場がどこまで反発していくか分かりませんので、自信はそんなにありませんが、相場が想定以上に安定し、グロース株からバリュー株へと物色動向が移る程度で済むのであれば、投資は成功するとみています。

eワラントには満期もあり、満期に近づくほどワラントの価値は減りますので、適宜満期が先のものに乗り換える必要があります。そういう意味では、長期投資とまでは言えないので敢えて「中期投資」という言葉を使ってみました。

投資額はこれ以上なるべく増やさず、のちの収入は貯蓄に回す予定であることには変わりありません。


長期投資は大半手仕舞い 貯蓄へ

ベアETFを投資に採用しましたが、まだまだ相場に下落の動きがありません。

かといって、ここから株価の上値も追いづらい、と思ったので、米株ポートフォリオを全て現金化しました。

結局、全て円転させて、貯蓄する方向で検討しています。

思い切った現物株の個別銘柄投資をするのには手許現金が少なすぎる現状です。暫くの間は、種銭作りに励み、投資の好機を待ちたいと思います。インド債券投信をどうしようかと思いましたが、暫らくは保有するつもりです。


米債投資よりもさらに弱気の株式ベアETF投資へ

米国の株価も冴えなくなってきたことで、米国短期国債ETFへの投資も悪くはない局面になっては来ているのですが、世界的な景況感の急速な悪化の前に、米株も大きく崩れる可能性が高くなったのかな、と思いました。

そこで、米国短期国債ETFから、米株指数(S&P500)ベア3倍ETFへの乗り換えを実行しました。

株価指数は、上がったり下がったりを繰り返しながら、徐々に下値を切り下げていく展開を予想しています。

(2019年8月27日現在)

あっという間に株価暴落と底打ち、という可能性はないわけではないでしょうが、今回の下落は景気の悪化に裏打ちされた、本格的な株価の下落だと思うので、長期投資ポートフォリオがベア型ETFで大半を占める現在の状態に違和感は持っていません。


主要国のPMI(購買担当者景気指数)が50割れ 相場悪化も示唆

Twitterでは既に多くの方々を通じて流れていますが、米国・日本・ドイツ・中共など、各国のPMI(購買担当者景気指数)が好・不況の分かれ目である50を下回って、景気が悪化してきていることが示唆されているそうです。

米国2年債と10年債の利回り逆転(いわゆる「逆イールド」)と相まって、株式市場に黄色信号が点り、相場の大きな下落と景気の悪化が危惧されています。

相場は、上下動を繰り返しながら、下落する局面に既に入っているのかもしれません。

私の長期投資ポートフォリオも、そういった状況を考えて、債券ETFや株価指数レバレッジ(のベア型)ETFを主体にしています

今月(2019年8月)は、ポートフォリオのリバランスや銘柄の入れ替えなどは行わない姿勢で行こうと思っていたのですが、景況感と相場の悪化が思っていたよりも急に目立ってきているので、米国短期国債ETFを先進国地域(米国等)の株価指数ベア型ETFに変えようかと思っています。フルインベストメントは堅持したいと思っています。


長期志向の投資を改めてやってみた

拙YouTube『とらのすけチャンネル』には先行アップしましたが、長期投資を志向したポートフォリオづくりを再度試みてみました。

今回の運用では、長期投資に充てた資産をひとつの塊と考えて、これを増殖させるという目標をしっかり持たせることにしました。

具体的には、現金化は必要な時のみ行い、それ以外の時には株式・債券・貴金属ETFなどの有価証券100%で回して運用していく態度で行くこととしました。

今回は、先に買付けたインド債券投信(為替ヘッジなし)に加えて、米国ETF2本を買付けて、本格的ポートフォリオづくりに取り組みました。

ひとつは、米国短期国債ETF、もう一つは、FTSEチャイナ50ベア3倍ETFです。

米国短期国債ETFでは、毎月の利息の分配金に加え、債券価格の上昇も狙います。

FTSEチャイナ50ベア3倍ETFでは、ハンセン指数よりさらに弱い動きである当指数をショートすることで、下げ相場での超過収益を狙います。

構成比率は以下の円グラフの通りです。

(2019年8月18日現在)

ポートフォリオの見直しは適宜行っていきますが、長期投資を志向しているため、例えばチャイナ50ベア3倍ETFにしても、相場に大きな転換が起きない限りは、含み損が今より拡大した場合でも、安易な損切りなどは考えていません。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)