株式一覧

CSI300インバースETFを買付

10連休明け早々、5月6日月曜日、トランプ大統領が対中関税引き上げ(10%⇒25%)を5月10日に行うと発表しました。

とりあえず、このニュースでチャイナは御多分に漏れず、米国はじめ先進国市場全て大きく値下がりしたのですが、さて、この先どうなるのでしょうか。

今後の米中関係の見通しですが、しばらく前まで一枚岩ではなかった米国が、対チャイナに関しては、一致団結してチャイナつぶしに向かえるようになったようです。

ということで、米国株式の目先大幅上昇は期待できないものの、かといって、チャイナは売り材料はてんこ盛りで、チャイナ株は買われる材料がサッパリ見つかりません。

そこで、ChinaA50指数をCFDでショートすることも考えてみたのですが、それは動いてからでいいだろうということで、まずは、ETFでショートをすることにしました。

これは、米国ETFでしか買えず、かつ倍率は1倍のインバースETFしかなかったのですが、NY市場でCSI300インバースETFを買い付けました。

消極的ではありますが、米国については、債券ETF(アイシェアーズ・コア・米国7-10年債ETF(為替ヘッジあり))を買っていくことにしました。

海外口座は仕切り直し。短期投資はやられまくりでした。まあ、投資は楽しくやりましょう。

(その他ETFは、CSI300インバースETF)

今日はもう週末モード?

明日は欧米市場が休場のため、東京市場も大きな値動きは期待しづらいところでしょう。そんななか、今日の日経平均株価は0.84%の値下がりでした。

今日のトレードは、TOPIXダブルブルETFを寄り付きで売り払い、現金を作りました。あとは、日経225CFDを買いで1枚追加して、買いを2枚としました。

朝食後しばらくして寝てしまい、起きた午後2時頃には、日経平均が大きく値を下げていて、「あいたたたぁああ・・・」と思いましたが、欧州時間になって先物が少し戻しています。

CFD買い2枚は、できれば10連休明け以降へ持ち越しを考えています。長く持てるのかどうか。今まで、長くても1週間くらいしか持ち続けたことがないので、どうなるのか、全く分かりません。

引き続きのんきにやっていきたいと思います。


日経平均CFDを久しぶりに再開

株式投資に気の進まなかった私ですが、市場は上向きに推移しそうに感じたので、今日は株式指数関連の商品を見直して触ってみることにしました。

ひとつは、あれほどコモディティ中心にすると言っておいてからの方針転換でみっともないのですが、プラチナ上場信託を全売却。代わりに、TOPIXのダブルブルETFを買いました。プラチナが思ったよりも買われないので、貴金属類への投資をもう少し時間が経ってからにしようという方針に変えました。

それと、もう一つ、日経平均CFDへの投資を久しぶりに再開してみました。これは、今度の10連休中も、月曜~金曜までほぼ24時間取引ができるので、10連休の株式投資に好適な代替商品であると思いました。

TOPIXダブルブルETFは、4月26日が4月の最終受渡日となるため、4月23日までに手仕舞う可能性もあります。連休中をまたがる投資の場合は、再びコモディティ系のETFを23日に買う可能性もありますし、現金化しておく可能性もあります。まだ決めかねています。

最後に、最近の米国・日本の相場回りのニュースを簡単に挙げておきます

  • トランプ大統領のいわゆる「ロシアゲート」の疑いが晴れた(モラー報告書)
  • ブレグジット問題を含む、欧州の諸問題がうやむやになった。
  • 日米貿易協議が無難にこなされた。
  • ブラックロック(世界最大の資産運用会社)CEOの発言「株式市場は、メルトダウン(暴落)よりも、メルトアップ(暴騰)の恐れがある」
  • CNNマネーの恐怖&欲指数が中低位あたりの「欲」で居心地が良い。
  • VIX先物のショートが過去最高に近い水準にまで増加(先々の下落要因との指摘)

コモディティ中心のポートフォリオへ移行

10連休を控え、「価格変動リスクが高く、株は連休を挟んで下がるのではないか」と危惧する個人投資家が多いと聞きます。

私が標題のように、株関連投資を捨てて、コモディティ中心のポートフォリオへと移行したのは、いろいろ思うところがあったからです。

まず一つは、米株の上げの主役が普通の投資家ではなく、『自社株買い』であること。自社株買いとは、上場企業が自分の会社のお金を使って、自社の株を買い上げる行為を言います。それで、株式の長期投資をする気が失せました。

それからもう一つが、10連休に絡む売買で株価が振らされるリスクです。

個人投資家が売りに回り、海外投資家が買いから入っているのが現在ですから、今は株を買いで入っても良いような気もしますが、どこで梯子を外されるのかが予見できないため、売りも買いも株ではできない気分です。

そこで思いついたのは、コモディティ中心にポートフォリオを構成することです。

(2019年4月15日東証大引け時)

プラチナと原油のETF(いずれも国内ETF)を使って、ポートフォリオを再構築しました。プラチナ・原油を選抜した理由を以下に挙げてみます。

◎プラチナ・・・ゴールドやパラジウムなどの他の貴金属類に比べて割安感があります。宝飾品需要よりも工業用素材としての需要の方がもともと高く、リセッション入りまでまだ時間があるので、リスク回避での売りはまだまだ先で、割安感から買いが入る可能性の方に賭けました。

◎原油・・・ガソリン需要のある夏に向けて価格が上昇するのが毎年みられる傾向です。それと、米中が間接的にでも武力衝突することがあれば、価格が跳ねる可能性も秘めているため、有事への備えとしても適当と判断しました。

ポートフォリオにおける各商品への投資比率は、今後変わる可能性があります。原油はボラティリティが高めであるため、プラチナと比して投資額は抑えています。

今月は、発行後1年が経過した個人向け国債の中途換金を予定しており、その資金をCFD等の短期投資へも配分する計画を持っています。それについてはまた後日記事を書こうと思っています。


預金の雑談(2019.04.13)

お金は、使わないとどんどんと貯まっていくものなんだなぁ、と思った今日この頃。馬券購入以外、めぼしい支出が無かった私は、お金が貯まってきています。

といっても、20代の最盛期には程遠い額しか貯められていません。40代に近くなった私ですが、これからどんどんと貯蓄・投資に勤しんでいかねばなりません。

最近、某ネット銀行の各種手数料優遇条件に「円預金30万円以上または・・・」というのを見かけました。10万円とか、数十万円の預入残高を持つ顧客でないと優遇しないというネット銀行が増えてきており、顧客囲い込みの意図と、もう一つ、コストに見合わない顧客はいらないというネット銀行側の姿勢も透けて見えます。

私は、ネット銀行数行と常時取引がありますが、できるだけ無理のない条件でランクアップされるような工夫をして、最低ランクよりも上のランクを獲得して維持しています。

預金は最低限にとどめて、残りはすべて投資に回す、というのが私のポリシーなので、そのようにしているのですが、お金をそのまま寝かせておくのはもったいない気持ちもするので、資産残高が増えるなかでも、預金を特段増やす予定はありません。

ただ、景気というか、株価の動向次第では、預金が一時的に増えるかもしれません。しかし、債券投信等であれば、株がひと相場終わる時などには、元本の増加が期待できますから、株から預金ではなく、株から債券等にお金を持って行って、そこからまた株に戻すだけで、預金残高は変わらないかもしれません。


外国投資を前倒しで終了して国内投資へ回帰

SPXL(S&P500指数の3倍ブルETF)を去る3月25日から保有してきましたが、昨日深夜(日本時間4月3日未明)に利益確定売りを円貨決済で行いました。

本当は、もう少し保有を続けるつもりだったのですが、原油価格が急ピッチで上がっていることが不安につながったこと、CNNマネーの『恐怖&欲指数』がGreed(欲)方向へ少々傾いたことが売却を考慮する材料になりました。

それに加えて、米国ETFを円に戻すとき、円貨決済で急いで円に戻そうとしても、翌営業日午前10時の為替レートを参考に円転されるため、相場が下落する時はだいたい円高ドル安の場合が多いですから、もう少し米株が上がりそうだ、くらいの時に米株を売却しておかないと、思わぬ為替差損が生じるリスクもあるので、少し早めにETFを利益確定売りした次第です。

本日の午前の東京外為市場は、ちょうどよく円安ドル高が進行したため、SPXLの利益をほぼすべて持ち帰る結果になりました。保有開始から売却までに7%くらいの利益が出たのではないでしょうか。7営業日間の保有でそれだけ利益が出せれば上出来と思います。

それで、ドルが円転され、本日のお昼に円建て買付け余力ができたので、「次の投資先を考えよう」ということになりました。為替リスクのない投資先を探したなかで、結局、国内REIT指数ETFにほぼすべてを投入することとしました。

国内株式で保有していたマザーズ上場銘柄一つと、日経高配当株50指数ETFも本日売却し、その代金も含めて当該ETFへ投資しましたので、結構な金額となりました。

国内投資に絞ったことで、為替リスクという大きなリスクを一つ除去できました。今後は、毎日しっかりと相場を取り巻く状況等もモニターしながら、資産の防衛と成長を図り続けたいと思います。


当面の投資に米株3倍ブルETFを採用

3月22日金曜日の急落で、NY市場においてベアETFを利用したことを書きました。

その次の月曜日のドル円・新興国通貨の動向を観察していましたが、どうも、前営業日を引き継いでの続落はないとその時に判断しました。

先週金曜日のうちに、VIX関連の先物のショートがだいぶん整理されたのかもしれません。

そこで、今度はインド株ADRの買戻しか、その他の投資か、NY市場で何を買うのか思案した結果、S&P500の3倍ブルETF(SPXL)をしばらく保有することに決めました。

この決断に際し、政治情勢も判断材料としました。トランプ大統領とロシアが、米国大統領選挙で共謀した事実は認められなかったとする、モラー特別捜査官の報告があったとの報道を知り、「これで、相場の重しがひとつ取れたと考えても良いのではないか?」と考えました。

月曜のNY市場寄り直後に、SPXLを米ドル預り金のほぼ全額で投資しました。月曜日はS&P500はほぼ変わらずで引けましたので、この日は動きなしでした。

昨日火曜日に相場が動きました。S&P500自体は一時1%以上上昇しました。そのあと急速に弱含んで、引けにかけて再び戻して終了。この日は投資は成功でした。

レバレッジETFは値動きが荒くなりがちなので、普段はあまり積極的に使う気がないのが今までの私の投資スタンスだったのですが、先週までのような、相場の強気感が強い時や、ポジションの偏りが激しい時以外であれば、ブルETFを積極活用して、利益を上げていきたいな、しかも短期ではなくより長期的な保有で、と思うようになってきました。

相場の状況が変われば、また個別銘柄買いへシフトすることもあるでしょうが、いまの強気弱気の拮抗している状態での好況感もある局面では、ブルETFを活用して中期投資をしばらく続けてみれたらな、と思います。


低すぎたVIXと今後の相場への対応策

3月22日のNY株式市場は、ダウ平均株価が-1.77%下落しました。欧州、特にドイツの景気指標の低水準だったことが欧州株式の下落を誘い、そのあとの米国の景気指標も振るわなかったものが多かったことから、NY株式は引けにかけて下げ幅を拡げました。

VIX(恐怖指数)関連の先物のショートが大きく積み上がっていたことも、下落を誘う要因であったと指摘されています。要するに、VIXが低すぎた、というわけです。

私は、2月までの株高のあと、アナリスト方などの警鐘を鳴らす話に耳を傾ける機会が何度かあり、3月・4月は警戒心をもって相場に臨もうと思っていたので、素早く対応できました。

22日金曜日のNY市場の寄り付き付近で、保有していた米国上場株群を全て成行売りで利確した上で、新興国株3倍ベアETF(EDZ)と米国金融株3倍ベアETF(FAZ)を買付けし、日計りで高値で利確しました。

今後の対応ですが、今回も「2019年VIXショック」になるのであれば、昨年のVIXショックの経験から、2週間ほど続落に警戒する必要があるように思います。昨年のVIXショックでは、世界中の株式が等しい率で下がったような感覚でした。今回のリスクオフの方向を占ううえでは、新興国通貨の様子を観察したいと思います。

昨日の異変に気がついたのも、ドル円が円高に傾いたことはもちろんですが、堅調だった新興国通貨群が、雪崩を打ったように円高になったことが、私に警鐘を鳴らしてくれたと思っています。昨日の欧州時間帯からの動きは、普段の軽い調整相場とは明らかに違う、ただならぬ雰囲気を感じました。

新興国通貨群と米ドル円の動向は常に意識しながら、その日のNY市場の動向を予測し、必要があれば、ベアETF群を今後も活用していきたいと思っています。

また、留意しておきたいのは、今回の相場下落はリセッション入りを示唆する相場の動きではないということでしょうか。カンファレンスボードの景気先行指数は上向きへと復帰しましたし、米国の景気はまだ当面は持続すると思われるところですので、相場が底をついたと思えば、インド株をはじめとした外国株式群への投資を再開したいと思っています。


日経高配当株50指数連動ETFを買付け

臨時収入が入ったため、日経高配当株50指数連動型上場投信を買付けしました。

本日の東京市場は、TOPIXコア30などは若干のプラスだったものの、中小型株指数はマイナスでした。大型株選好の相場です。

東京市場は、米中貿易摩擦の影響や、消費増税時期が接近している影響で、海外投資家などが買いを手控えているようです。そこに、東証一部再編の問題も入り、中小型株は余計に買われづらいのかもしれません。年初からの中小型株は、大型株をアウトパフォームしてきたようなので、その反動もあるかもしれないです。

私が日経高配当株50指数ETFに目を付けたのは、以下のような理由によります。

  • この指数に採用されるような大型株は東証一部再編の影響を受けにくいと思われる。
  • 有名な銘柄でかつ銘柄数が現在49あり、分散が利いている。
  • どちらかというと、構成を見ると内需関連株が多く、外部要因に左右されにくいことが現在の相場の状況から見て投資に適していると思われる。
  • 高配当株戦略は長期で見て、一般的な総合株価指数(TOPIXや日経平均)への投資よりもパフォーマンスが良い傾向があり、優位性を感じる。
  • 予想分配金利回りが良い(年4%超)。

3月決算企業が多いので、そろそろ仕込んでおきたいETFだと思いました。4/8頃には分配金が発生するので、今回買付けをしました。

日本株投資は、マザーズ上場の1銘柄のみで、幹になる銘柄としては役不足だったので、今回のETF初購入を皮切りに、このETFの残高をある程度増やし、同時に保有中のマザーズ株も買い増しして、日本株投資を充実させていく方針です。

今回の投資により、国別の株式構成で、日本株への投資が1位に返り咲きました。以下、インド株、米株、豪州株の順です。

詳細のグラフ等は運用状況ページで紹介しています。


含み損脱出!(油断は禁物ですが)

3月12日の東京市場・NY市場で、手持ち株が大きく値を上げました。

(直近10日間の資産推移イメージ)

このため、日本株での含み損を、外国株の含み益が打ち消して、僅かではありますが、含み益が出た状態となり、含み損状態からの脱出となりました。

外国株式は、売買手数料が高めのため、それを乗り越えて含み益が過去最高になったことは非常に喜ばしいです。

今後の投資予定ですが、この含み益ができたことに関しては、過度に気にすることなく、外国株を買い増し・買い付けを行ったり、あるいは日本株の買い増し・買い付けを行ったりして、守りモードに入ることは避けたいと思っています。

一方で、年末から先進国市場を中心として、株価が一本調子に騰がってきたことを考えると、そろそろ横ばいくらいの相場がしばらく続くことも想定されるため、拙速な投資は避けて、収入が入れば、米ドルMMFをはじめとした金利目当ての株式買い付け待機資金にしておく投資をしばらくの間、行う可能性もあります。

それと、ドル円相場が安定するなかで、金価格の上昇がみられることから、金鉱株への投資や、すでに持っている鉱山株、あるいは鉱山株の比率の大きいロシア株ETFなどへの投資なども検討できると思っています。

本格的な投資ならば、メーンストリートを行くよりも、裏道を行く投資にしようかとも思っているところです。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)