先物・オプション一覧

バーゲンハント!(2019.09.29)

先日のブログで触れました、eワラント投資は、リターンリバーサル的な相場でコール型eワラント投資をして、結構利益が獲れました。

その後は大人しくして、あまり損失を出さないように気をつけながら、細々とeワラント投資を続けていました。

割安放置株の買い戻しが一巡するまで、そんなに時間はかかりませんでしたが、戻し幅も、思ったほどではない気がしています。海外がいろいろと騒がしいせいと、本邦の消費税増税前ということで、戻りも限定的かつこれからまた下がるのでは?という雰囲気になってきているようにも思えます。

そんなななか、これからの投資姿勢をどうすれば良いのか、悩んでおられる方も多いかと思います。私も答えは持ち合わせていません。答えは持っていませんが、サブプライム問題の時のように、「高くて買えないものばかり」の相場にはなっていない足元の状況にも注目したいと思います。

テック株(アップルやアマゾン、フェイスブックなど)のようなグロース株のさらなる成長はあやしいものがあります。一方で、日本の高配当株や一部のコモディティなどには、割安なものもあります。理由が乏しいのに安値に放置されているものは、これから買ってみても良いのではないか、とも思うのです。

投資の仕方は、流行りのETFでもいいし、現物・個別買いでもいいし、eワラントを上手く活用してもいいし、FXでもいいかもしれない…何でもいいので、おおざっぱに「バーゲンハント」をスローガンにしてみてはどうだろう?と思います。

世界情勢に疎くては投資はおぼつきません。アメリカ経済を観ることはもちろん大事ですが、実質2番手の日本という足元の状況、さらには技術革新の状況にも目を向けておく必要があります。あれこれと見ながら、本当の価値を見つける旅、すなわち投資活動、を続けていきたいと思っています。



金融機関(国内・海外)使い分け

海外口座も開き、いろいろと手を広げて運用をしているところです。

1週間半ほど海外口座を頑張ってやってきましたが、どんなものなのか、他の方々のお話も伺いながら、体験して得た結論があります。それは、「海外口座だけで全てを済ますのは無理がある」ということでした。

高レバレッジ取引も海外口座では可能ですが、ちょっとした誤りで資産が毀損してしまいます。あまり大金を入れて投資する場所ではないな、という感じもしました。

海外口座はメインにはできない、との結論に至りました。ですが、証拠金取引(FX・CFD)は海外口座で楽しむ方が良いと思いました。

海外口座は投資を日々楽しむのに使う、として、国内の金融機関を活用できる場面はどこかというと、貯蓄や元本の比較的安定した成長を図る場で、どうしてもなくてはならない存在だと考えます。

ということで、海外口座の活用の仕方は決まったので、今度は国内金融機関での資金運用についてゆっくり考えていこうと思います。


今週の海外口座売買は・・・

はじめての海外口座FX&CFDによる戦果はどうだったのか?

結局は大幅マイナスからの大幅プラスで、ほぼプラスマイナスゼロでした(汗)

損は、取り返そうと思うと無理をしてしまい、余計に傷口を広げるもので、トレードではよくありがちなことなのですが、最初のうちに失敗して、要領を得たので、先ほど(日本時間27日午前1時頃)までのトレードでほぼ全て取り戻したような格好となりました。

トレードしていて思ったのは、為替レートの計算がちょっと厄介だったこと。金や原油などのコモディティは、ドル建て、FXも外貨同士のペア、CFDであれば外国の株価指数などは、すべて為替レートを調べてからポジションを建てなくてはなりません。

また、円建ての日本225CFDなども、欲張って多い枚数でポジションを取ってボロ負けしたりしたので、適切な枚数を考える作業も、全てのトレードにおいて必要でした。

来週から令和元年に突入する10連休の海外営業日が始まるわけですが、円がらみのトレードを避ければ、特に問題ないと思っています。

健康のことも考えて、夏時間であれば毎日午前1時にはトレードを終了したいと思いました。為替はその頃までに勝負がついていることが多いですし、コモディティの取引も午前1時くらい、米株指数取引もできたら午前1時のお昼休み入りまでに終えたいと思いました。

とりあえず、来週も頑張ることにします。


海外FX業者の口座で運用開始

「安全性は担保されているのだろうか?」と不安だった、海外FX業者。他の方からお話を伺ってみたりするうち、自分が食わず嫌いしていたんだな、と思い直して、口座開設に踏み切りました。

入金後、世界標準のFX売買アプリの一つである、MT5(メタトレーダー5)をインストールした後、US500cash(いわゆる現物のS&P500のCFD)を運用開始。

今使っている業者は、日本人トレーダーが最も利用しているところだそうで、8年くらいの歴史があるそうです。一般トレーダーが出金できなくなったというようなトラブルは過去起こしていないようで、安心感があります。

多くの海外FX業者の良いところは、追証なしであり、証拠金以上の損失を抱える必要がないことです。これはかなりの安心要素です。国内業者や国内取引所だと、CFDやFXで証拠金以上の損失を被ることがあるとされるからです。

とはいえ、S&P500CFDは証拠金がゼロになることは避けて、じっくりと運用したい意向なので、証拠金を多めに入れ、レバレッジは3倍くらいで運用することにしました。

他の商品にも手を広げて、今度の10連休は海外口座をメインに取引を楽しみたいな、とも思っているところです。


今日はもう週末モード?

明日は欧米市場が休場のため、東京市場も大きな値動きは期待しづらいところでしょう。そんななか、今日の日経平均株価は0.84%の値下がりでした。

今日のトレードは、TOPIXダブルブルETFを寄り付きで売り払い、現金を作りました。あとは、日経225CFDを買いで1枚追加して、買いを2枚としました。

朝食後しばらくして寝てしまい、起きた午後2時頃には、日経平均が大きく値を下げていて、「あいたたたぁああ・・・」と思いましたが、欧州時間になって先物が少し戻しています。

CFD買い2枚は、できれば10連休明け以降へ持ち越しを考えています。長く持てるのかどうか。今まで、長くても1週間くらいしか持ち続けたことがないので、どうなるのか、全く分かりません。

引き続きのんきにやっていきたいと思います。


日経平均CFDを久しぶりに再開

株式投資に気の進まなかった私ですが、市場は上向きに推移しそうに感じたので、今日は株式指数関連の商品を見直して触ってみることにしました。

ひとつは、あれほどコモディティ中心にすると言っておいてからの方針転換でみっともないのですが、プラチナ上場信託を全売却。代わりに、TOPIXのダブルブルETFを買いました。プラチナが思ったよりも買われないので、貴金属類への投資をもう少し時間が経ってからにしようという方針に変えました。

それと、もう一つ、日経平均CFDへの投資を久しぶりに再開してみました。これは、今度の10連休中も、月曜~金曜までほぼ24時間取引ができるので、10連休の株式投資に好適な代替商品であると思いました。

TOPIXダブルブルETFは、4月26日が4月の最終受渡日となるため、4月23日までに手仕舞う可能性もあります。連休中をまたがる投資の場合は、再びコモディティ系のETFを23日に買う可能性もありますし、現金化しておく可能性もあります。まだ決めかねています。

最後に、最近の米国・日本の相場回りのニュースを簡単に挙げておきます

  • トランプ大統領のいわゆる「ロシアゲート」の疑いが晴れた(モラー報告書)
  • ブレグジット問題を含む、欧州の諸問題がうやむやになった。
  • 日米貿易協議が無難にこなされた。
  • ブラックロック(世界最大の資産運用会社)CEOの発言「株式市場は、メルトダウン(暴落)よりも、メルトアップ(暴騰)の恐れがある」
  • CNNマネーの恐怖&欲指数が中低位あたりの「欲」で居心地が良い。
  • VIX先物のショートが過去最高に近い水準にまで増加(先々の下落要因との指摘)

低すぎたVIXと今後の相場への対応策

3月22日のNY株式市場は、ダウ平均株価が-1.77%下落しました。欧州、特にドイツの景気指標の低水準だったことが欧州株式の下落を誘い、そのあとの米国の景気指標も振るわなかったものが多かったことから、NY株式は引けにかけて下げ幅を拡げました。

VIX(恐怖指数)関連の先物のショートが大きく積み上がっていたことも、下落を誘う要因であったと指摘されています。要するに、VIXが低すぎた、というわけです。

私は、2月までの株高のあと、アナリスト方などの警鐘を鳴らす話に耳を傾ける機会が何度かあり、3月・4月は警戒心をもって相場に臨もうと思っていたので、素早く対応できました。

22日金曜日のNY市場の寄り付き付近で、保有していた米国上場株群を全て成行売りで利確した上で、新興国株3倍ベアETF(EDZ)と米国金融株3倍ベアETF(FAZ)を買付けし、日計りで高値で利確しました。

今後の対応ですが、今回も「2019年VIXショック」になるのであれば、昨年のVIXショックの経験から、2週間ほど続落に警戒する必要があるように思います。昨年のVIXショックでは、世界中の株式が等しい率で下がったような感覚でした。今回のリスクオフの方向を占ううえでは、新興国通貨の様子を観察したいと思います。

昨日の異変に気がついたのも、ドル円が円高に傾いたことはもちろんですが、堅調だった新興国通貨群が、雪崩を打ったように円高になったことが、私に警鐘を鳴らしてくれたと思っています。昨日の欧州時間帯からの動きは、普段の軽い調整相場とは明らかに違う、ただならぬ雰囲気を感じました。

新興国通貨群と米ドル円の動向は常に意識しながら、その日のNY市場の動向を予測し、必要があれば、ベアETF群を今後も活用していきたいと思っています。

また、留意しておきたいのは、今回の相場下落はリセッション入りを示唆する相場の動きではないということでしょうか。カンファレンスボードの景気先行指数は上向きへと復帰しましたし、米国の景気はまだ当面は持続すると思われるところですので、相場が底をついたと思えば、インド株をはじめとした外国株式群への投資を再開したいと思っています。


年間貯蓄投資目標額に近づきました

今年の最大の目標は、「年末に金融資産を30万円にすること」です。

今年途中は、相場が荒れ狂って、それに翻弄される形で増えた資産を減らしたりで、目標額に遠く及ばずに年末を迎えそうに思っていましたが、競馬で大きく当てたりして臨時収入が入ったことなども寄与して、年末には概ね20万円台後半は確保できそうな情勢となりました。

私にとっては、競馬は副収入になるか、ただの娯楽支出で終わるのか、微妙なところではあるのですが、年末の猛チャージで金融資産目標額到達に寄与できたことは願ったりかなったりといったところです。

20代中盤では金融資産が200万円に達せんとしていた時と比べると、まさにゼロからのスタートです。その間にいろいろな失敗や奨学金返還などの支出がありました。

ここからが勝負だと思っています。相場は下降街道を進んでいますが、いろいろと工夫を凝らして蓄財をしていこうと思います。

来年の金融資産額は目標で60万円~80万円程度を目標としたいです。来年の抱負の詳しいお話は来春になってからまた書こうと思います。


株価指数CFDホールド期間最長記録更新

日経平均CFDを今月9月19日に買建てして、今日まで10日間ホールドし続けてきました。

これは、私が株価指数CFDを保有し続けた最長記録ではないかと思います。以前、ゴールドのCFDを長期間保有した記憶がありますが、それに次ぐくらいの長さだと思います。

最近の値動きが上方向で比較的安定しているのが要因です。このまま行けば、来月に持ち越しとなります。

10月、11月…と、長く保有していけたらという期待が膨らみます。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)