先物・オプション一覧

海外FX業者の口座で運用開始

「安全性は担保されているのだろうか?」と不安だった、海外FX業者。他の方からお話を伺ってみたりするうち、自分が食わず嫌いしていたんだな、と思い直して、口座開設に踏み切りました。

入金後、世界標準のFX売買アプリの一つである、MT5(メタトレーダー5)をインストールした後、US500cash(いわゆる現物のS&P500のCFD)を運用開始。

今使っている業者は、日本人トレーダーが最も利用しているところだそうで、8年くらいの歴史があるそうです。一般トレーダーが出金できなくなったというようなトラブルは過去起こしていないようで、安心感があります。

多くの海外FX業者の良いところは、追証なしであり、証拠金以上の損失を抱える必要がないことです。これはかなりの安心要素です。国内業者や国内取引所だと、CFDやFXで証拠金以上の損失を被ることがあるとされるからです。

とはいえ、S&P500CFDは証拠金がゼロになることは避けて、じっくりと運用したい意向なので、証拠金を多めに入れ、レバレッジは3倍くらいで運用することにしました。

他の商品にも手を広げて、今度の10連休は海外口座をメインに取引を楽しみたいな、とも思っているところです。


今日はもう週末モード?

明日は欧米市場が休場のため、東京市場も大きな値動きは期待しづらいところでしょう。そんななか、今日の日経平均株価は0.84%の値下がりでした。

今日のトレードは、TOPIXダブルブルETFを寄り付きで売り払い、現金を作りました。あとは、日経225CFDを買いで1枚追加して、買いを2枚としました。

朝食後しばらくして寝てしまい、起きた午後2時頃には、日経平均が大きく値を下げていて、「あいたたたぁああ・・・」と思いましたが、欧州時間になって先物が少し戻しています。

CFD買い2枚は、できれば10連休明け以降へ持ち越しを考えています。長く持てるのかどうか。今まで、長くても1週間くらいしか持ち続けたことがないので、どうなるのか、全く分かりません。

引き続きのんきにやっていきたいと思います。


日経平均CFDを久しぶりに再開

株式投資に気の進まなかった私ですが、市場は上向きに推移しそうに感じたので、今日は株式指数関連の商品を見直して触ってみることにしました。

ひとつは、あれほどコモディティ中心にすると言っておいてからの方針転換でみっともないのですが、プラチナ上場信託を全売却。代わりに、TOPIXのダブルブルETFを買いました。プラチナが思ったよりも買われないので、貴金属類への投資をもう少し時間が経ってからにしようという方針に変えました。

それと、もう一つ、日経平均CFDへの投資を久しぶりに再開してみました。これは、今度の10連休中も、月曜~金曜までほぼ24時間取引ができるので、10連休の株式投資に好適な代替商品であると思いました。

TOPIXダブルブルETFは、4月26日が4月の最終受渡日となるため、4月23日までに手仕舞う可能性もあります。連休中をまたがる投資の場合は、再びコモディティ系のETFを23日に買う可能性もありますし、現金化しておく可能性もあります。まだ決めかねています。

最後に、最近の米国・日本の相場回りのニュースを簡単に挙げておきます

  • トランプ大統領のいわゆる「ロシアゲート」の疑いが晴れた(モラー報告書)
  • ブレグジット問題を含む、欧州の諸問題がうやむやになった。
  • 日米貿易協議が無難にこなされた。
  • ブラックロック(世界最大の資産運用会社)CEOの発言「株式市場は、メルトダウン(暴落)よりも、メルトアップ(暴騰)の恐れがある」
  • CNNマネーの恐怖&欲指数が中低位あたりの「欲」で居心地が良い。
  • VIX先物のショートが過去最高に近い水準にまで増加(先々の下落要因との指摘)

低すぎたVIXと今後の相場への対応策

3月22日のNY株式市場は、ダウ平均株価が-1.77%下落しました。欧州、特にドイツの景気指標の低水準だったことが欧州株式の下落を誘い、そのあとの米国の景気指標も振るわなかったものが多かったことから、NY株式は引けにかけて下げ幅を拡げました。

VIX(恐怖指数)関連の先物のショートが大きく積み上がっていたことも、下落を誘う要因であったと指摘されています。要するに、VIXが低すぎた、というわけです。

私は、2月までの株高のあと、アナリスト方などの警鐘を鳴らす話に耳を傾ける機会が何度かあり、3月・4月は警戒心をもって相場に臨もうと思っていたので、素早く対応できました。

22日金曜日のNY市場の寄り付き付近で、保有していた米国上場株群を全て成行売りで利確した上で、新興国株3倍ベアETF(EDZ)と米国金融株3倍ベアETF(FAZ)を買付けし、日計りで高値で利確しました。

今後の対応ですが、今回も「2019年VIXショック」になるのであれば、昨年のVIXショックの経験から、2週間ほど続落に警戒する必要があるように思います。昨年のVIXショックでは、世界中の株式が等しい率で下がったような感覚でした。今回のリスクオフの方向を占ううえでは、新興国通貨の様子を観察したいと思います。

昨日の異変に気がついたのも、ドル円が円高に傾いたことはもちろんですが、堅調だった新興国通貨群が、雪崩を打ったように円高になったことが、私に警鐘を鳴らしてくれたと思っています。昨日の欧州時間帯からの動きは、普段の軽い調整相場とは明らかに違う、ただならぬ雰囲気を感じました。

新興国通貨群と米ドル円の動向は常に意識しながら、その日のNY市場の動向を予測し、必要があれば、ベアETF群を今後も活用していきたいと思っています。

また、留意しておきたいのは、今回の相場下落はリセッション入りを示唆する相場の動きではないということでしょうか。カンファレンスボードの景気先行指数は上向きへと復帰しましたし、米国の景気はまだ当面は持続すると思われるところですので、相場が底をついたと思えば、インド株をはじめとした外国株式群への投資を再開したいと思っています。


年間貯蓄投資目標額に近づきました

今年の最大の目標は、「年末に金融資産を30万円にすること」です。

今年途中は、相場が荒れ狂って、それに翻弄される形で増えた資産を減らしたりで、目標額に遠く及ばずに年末を迎えそうに思っていましたが、競馬で大きく当てたりして臨時収入が入ったことなども寄与して、年末には概ね20万円台後半は確保できそうな情勢となりました。

私にとっては、競馬は副収入になるか、ただの娯楽支出で終わるのか、微妙なところではあるのですが、年末の猛チャージで金融資産目標額到達に寄与できたことは願ったりかなったりといったところです。

20代中盤では金融資産が200万円に達せんとしていた時と比べると、まさにゼロからのスタートです。その間にいろいろな失敗や奨学金返還などの支出がありました。

ここからが勝負だと思っています。相場は下降街道を進んでいますが、いろいろと工夫を凝らして蓄財をしていこうと思います。

来年の金融資産額は目標で60万円~80万円程度を目標としたいです。来年の抱負の詳しいお話は来春になってからまた書こうと思います。


株価指数CFDホールド期間最長記録更新

日経平均CFDを今月9月19日に買建てして、今日まで10日間ホールドし続けてきました。

これは、私が株価指数CFDを保有し続けた最長記録ではないかと思います。以前、ゴールドのCFDを長期間保有した記憶がありますが、それに次ぐくらいの長さだと思います。

最近の値動きが上方向で比較的安定しているのが要因です。このまま行けば、来月に持ち越しとなります。

10月、11月…と、長く保有していけたらという期待が膨らみます。


CFDを活用するメリットを再確認

現在、日経平均株価は堅調に推移し、24,000円台に乗せています。

私の保有している日経平均CFDも、含み益が増えてきました。逆差値はまだ慎重にみて動かしてはいませんが、あと数百円日経平均株価が上昇した場合には、値を上方に動かそうと思っています。

さて、CFDを活用するメリットといえば、少額の証拠金でレバレッジを利かせて大きな利益が狙える、ということを考えがちですが、私は少し違います。

以前に、eワラントの活用方法とメリットについて、ラジオ番組で聴いたことがあります。それは、レバレッジ商品は、一部資金だけ投資に回し、投資に充てなくてはならないはずの残りの現金を現金として持てるのがメリットだ、というお話です。

eワラントの場合、最大損失は投資元本までに限定されている(追証がない)ので、特に上記のメリットを強調できます。CFDについても、逆指値注文を入れれる上に自動ロスカット機能が付いているので、先物よりもセーフティーネットが充実しているので、eワラントほどではないにせよ、現金を手元においておけるメリットを享受できます。

レバレッジ1倍近くになる現金を保有していればより安全です。差入証拠金は必要な金額プラスアルファを入れておき、残りの現金は銀行口座に置いておくことができます。当たり前のことですが、必要に応じて現金が出し入れできます。証拠金取引をしていることを意識していれば、そのような行動も節度を持てるでしょうから、ETFのように、買い付けたために現金がすべて持っていかれてしまうよりも、便利です。

私の場合は、全投資資産・貯蓄をCFDの証拠金とすれば、約1倍のレバレッジで日経平均CFDに投資しています。国内債券インデックスファンドを全解約して現金化しましたので、残りは個人向け国債とCFD。個人向け国債は現金に等しいので、実質投資先はこれ一つになります。


試みに日経平均CFDを買建て

日経平均CFDを買いから入りました。

1枚が日経平均株価×10円のCFDです。本来であれば、レバレッジ1倍に限りなく近い金額で持ちたいのですが、余剰資金を使っての試験運用のため、そこまでは実現できませんでした。

証拠金取引はなるべくなら避けたいのですが、約定・決済のスピードなどを考慮すると、ETFよりもCFDの方がかなり優れていると思っています。最終的には、レバレッジ1倍近くまで近づけるよう、証拠金を積み増していければと思います。

運用の位置づけとしては、主体は国内債券インデックスファンドの買い増しです。それは少しずつ。一方で、日経平均CFDは、早期にレバレッジ1倍にできるだけ近づけるのが目標です。

ただし、日経平均CFDの運用期間は、短ければ今年中の手じまいを考えています。ですので、証拠金を増やしてもレバレッジ3倍に近づけるくらいがやっとかもしれません。

9月の『月中アノマリー(月の中頃が底値となる)』から、底打ちは済んだとみて、これからは上げ一本調子の相場になるとにらんでいます。今年中の米株・日本株の大幅下落の確率はかなり低くなってきたとみて、CFD活用を思いつきました。

とはいえ、私の懐事情いかんによっては、真っ先に売却するのが、今回の日経平均CFDです。ですので、万事事がうまく運んでいたら、年末まで保有できる、というのが私の希望です。


いよいよ近づく?リスクオフ 守りの姿勢へ

南アフリカのGDPが、2四半期連続で市場予想を下回るマイナス成長となり(今回の予想はプラス成長)、「リセッション入り」と認定されたようです。南アランドは急落しています。

このような事象も起きており、トルコも混乱するなど、余力のない新興国からはお金がどんどん流出しています。これに連れて、米ドル高が再び進みだしており、お金はアメリカに一極集中の様相を呈しています。そして、株では米国株の中でも、一部の成長株にお金が集まっている現状です。

米国の景気も、「踊り場」の雰囲気が漂います。不動産価格の高騰で、住宅の価格が一般市民の手の出せないところまで値上がりしてしまったり、家計債務残高がリーマンショック直前と同じくらいの水準にまで膨らんでいたりします。米国債の長短スプレッドもどんどんと縮小しており、このままFRBが利上げを続ければ、景気減速・下降が近いのではないかと思わされます。

さて、9月相場の蓋を開けてみると、先月から問題化している不動産絡みの問題もあり、内部・外部とも不安要素を挙げるときりがない状況で、株価はあまり冴えません。

私は、「リスク資産をのほほんと保有していては、やられてしまうのではないか」との思いが強くなりました。昨日、日本株と米株ETFを売却し、REITのETFに資金を集中させたのですが、「REITも無事ではないだろう」との気持ちが頭をもたげ、今日は、一気に保守的運用へと転換をする決断を下しました。

REITのETFを全売却。そのお金で、国内債券のインデックスファンドを買ったのです。

「米株は調子がいいし、そこまで保守的になる必要はないのでは?」とも思いましたが、少し長い視点を持てば、ここからさらに景気が上向くことは考えづらいので、多少フライング気味だとしても、今から国内債券の買付を開始して、今後の暴落に備えて貯蓄に近い投資をしていったほうがいいだろうと判断しました。

上記のグラフのような配分比率を現在は取っていますが、今後の買い進め方は未定です。個人向け国債と国内債券インデックスファンドをバランスを取りながら買っていきたいとは思っています。

このような運用ですと、毎日が退屈になるので、eワラントを使った短期投資を少々やり続けるつもりでいます。


今週の投資あれこれ

米国債先物の空売り残高は、相変わらず増えています。一方で、米国債の利回りは低下してきています。

去る月曜日午前に米国債4倍ブル投信の売り注文を出し、翌日売却できました。約2.7%の利益でした。

売却代金でクレジットカード請求代金の支払いの一部を賄うつもりです。

一方で、eワラントの日本株と米国株個別銘柄のコールを買ってみました。安いところで仕入れられたと思うので、数日以上~満期近くまで、いつものeワラント投資よりも、長い期間保有してみたいと思っています。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)