金融一覧

主要国のPMI(購買担当者景気指数)が50割れ 相場悪化も示唆

Twitterでは既に多くの方々を通じて流れていますが、米国・日本・ドイツ・中共など、各国のPMI(購買担当者景気指数)が好・不況の分かれ目である50を下回って、景気が悪化してきていることが示唆されているそうです。

米国2年債と10年債の利回り逆転(いわゆる「逆イールド」)と相まって、株式市場に黄色信号が点り、相場の大きな下落と景気の悪化が危惧されています。

相場は、上下動を繰り返しながら、下落する局面に既に入っているのかもしれません。

私の長期投資ポートフォリオも、そういった状況を考えて、債券ETFや株価指数レバレッジ(のベア型)ETFを主体にしています

今月(2019年8月)は、ポートフォリオのリバランスや銘柄の入れ替えなどは行わない姿勢で行こうと思っていたのですが、景況感と相場の悪化が思っていたよりも急に目立ってきているので、米国短期国債ETFを先進国地域(米国等)の株価指数ベア型ETFに変えようかと思っています。フルインベストメントは堅持したいと思っています。


長期志向の投資を改めてやってみた

拙YouTube『とらのすけチャンネル』には先行アップしましたが、長期投資を志向したポートフォリオづくりを再度試みてみました。

今回の運用では、長期投資に充てた資産をひとつの塊と考えて、これを増殖させるという目標をしっかり持たせることにしました。

具体的には、現金化は必要な時のみ行い、それ以外の時には株式・債券・貴金属ETFなどの有価証券100%で回して運用していく態度で行くこととしました。

今回は、先に買付けたインド債券投信(為替ヘッジなし)に加えて、米国ETF2本を買付けて、本格的ポートフォリオづくりに取り組みました。

ひとつは、米国短期国債ETF、もう一つは、FTSEチャイナ50ベア3倍ETFです。

米国短期国債ETFでは、毎月の利息の分配金に加え、債券価格の上昇も狙います。

FTSEチャイナ50ベア3倍ETFでは、ハンセン指数よりさらに弱い動きである当指数をショートすることで、下げ相場での超過収益を狙います。

構成比率は以下の円グラフの通りです。

(2019年8月18日現在)

ポートフォリオの見直しは適宜行っていきますが、長期投資を志向しているため、例えばチャイナ50ベア3倍ETFにしても、相場に大きな転換が起きない限りは、含み損が今より拡大した場合でも、安易な損切りなどは考えていません。


対ドル以外は円高

このレポートの11ページあたりに、各国の対円為替レートの動きを表にまとめたものがあります。2019年7月最終営業日と比較して、過去5年、円安に振れた通貨は、表に載っている通貨では、米ドルとタイ・バーツだけでした。

対ドル以外は、全て円高になっていると大雑把には言えます。今月に入っても、円高ドル安が進行していることを考えると、5年前に海外投資をしていたら、為替差損がどうしても発生してしまっている状況でしょう。

米国の大型株指数と、日本のTOPIX等では、為替差損を考慮しても米株の方がパフォーマンスが良く、残念ながら、日本株の優位性は無いかもしれません。

金融市場のグローバル化が進んだ昨今では、円高の進行は、世界中がリスク回避に動いている証であると理解されます。この流れが逆流して、再び各国ごとの株式市場間の連動性が薄れる気配は今のところありませんから、「市場はゆっくりと、しかし着実にリスク回避へと動いている」という理解で良さそうです。


「儲け事」はこっそりと

Twitterでもつぶやいたことです。自分が儲けた話をTwitterやブログに書くことはしない方が、儲けを大きくできるのでは?という話です。

そういうのは結構真実であるようで、私も今月儲けた話をネット上で全く書かなかったのですが、そのために余計に儲かっているような気がして仕方がないのです。

ブログの更新が今まで2週間近く滞っていました。案外、投資や競馬の儲け自慢話もブログの多くを占めていたのかもしれないと思いました。

今後、もっと頭をひねって、記事をたくさん書くには、どうすれば良いのか、考えないといけませんね。


投資に「完璧」を求めない

投資シナリオを自分で策定して、投資作戦を実行した後、せっかくシナリオを考えて投資したのに、しばらくたって相場が思っていたのと逆の動きをしてくると、「このシナリオはすんなりと通らないかもしれないな」とか、不安が募ってしまい、その投資を中止してしまうことが過去に多々ありました。

記憶にあるものだけですが、過去の事例を検証してみると、短期間勝負を想定して、シナリオがその通りになるかならないかは、半々くらいです。他方、数か月単位以上の、中長期的な投資になると、紆余曲折はありますが、大体思った通りの結果になっているものが多いのです。それを、投資を始めて1カ月経つか経たないかのうちに、心変わりを起こしてやめてしまっていることが多いようです。

最近思うに、投資で「最高の結果を得たい」という気持ちが強すぎるのではないか、と思うようになってきました。言い換えれば「間違いを犯したくないと思ってしまう」気持ちが強いということでしょうか。

投資は成功する確率や期待値の高いものに「賭ける」ものです。長期投資も名前はかっこいいですが、ギャンブルの一種でしょう。成功する時期や実現する値の度合いは実現してみないとわかりません。

長期投資では投資期間が長期になるほど、リスクも拡大していきますから、相場が思っていたのと逆方向に動き始めると、それがしばらく続くうち、心が折れがちになります。

「自分はなぜ、この投資を始めてしまったのか」と悪い方、悪い方へとイメージが膨らみだして、結果、リスクの拡大に「心が」耐え切れず、損切りしてしまう結果になることがあります。

相場師本人のリスク許容度も問われるところですが、投資は、ある程度の我慢をすると良い結果が付いてくることが多いようです。実際、投資が利益を生む過程は、決して一直線ではないようです。一直線に思った通りの結果が出るのが理想ですが、そういうことはまずない、と思わなくてはいけないようです。これも「完璧を求めない」ということに繋がっていると思います。

完璧を求め過ぎず、程々の結果を得ることを期待することが、結果的に投資での成功を引き寄せることになるのではないか、と思います。


MSCIコクサイインデックスで思うこと

Twitterで『MSCIコクサイインデックス』に関する呟きを見かけたので、むかし、この指数については調べたことがあったと思うのですが、再度確認し、備忘録として記事にまとめてみたいと思います。

『MSCIコクサイインデックス』は、世界中の『先進国市場』とされる株式市場の全体から、日本を除いた国々だけで構成した株式指数です。組入れ比率などにも基準が設けられていると思いますが、たぶんに、各国の株式の時価総額を参考に各国のシェアが決められている指数だと思われます。

指数を直接調べると時間がかかるので、近似値をもとめられればそれでよいとして、MSCIコクサイインデックスのETFをひとつ取り上げて、採用国とその構成比などを調べてみることにしました。

今回は、アイシェアーズのMSCIコクサイインデックスETFを調べて見てみました。

構成比では、米国がほぼ7割弱を占めて、圧倒的でした。英国が6%、フランスが4%と続きます。ドイツが3%強しかないのは意外かもしれません。

私の感想としては、MSCIコクサイインデックスに特段、投資をするメリットを感じない、というところです。

「欧州が今後成長する見込みのない地域になってしまっていながら、そこそこの比率を占めている」とか、「日本以外の先進国であれば、この構成比を見れば、米国一国に投資するだけでも十分なのでは?」と思うからです。

投資する、しないは各人の自由ですが、私なら、株式投資をするなら、日本と新興国への投資の組み合わせを選びたいな、と現状であれば、思います。


インド債券投信を買付

米国株式市場は高値を更新してきているものの、米国を含め、先進国市場の株式・債券などの値動きがあまり安定していないように見えるので、投資をどうしたらいいか、と思案していました。

米国や欧州の金融緩和措置が見込まれる状況ですので、先進国株式市場が大きく崩れる可能性は低いことから、「健全な新興国」の金融市場も資金流入があっておかしくない…そう考えたので、投資先の間口を広げ、比較的まともに経済が回っている新興国も投資先として考えてみました。

そのなかでは、利下げの途上にあるインドが、ゆくゆく有望そうだ、という感じでしたので、利下げ底打ちまでは債券投資、底打ち後は株式投資をすることを画策し、先ずはインド債券に投資をすることを考えました。

信託報酬などのコストはかかりますが、換金しやすい投資信託で投資することを選択し、買付しました。しばらくは、この投信を買い足していき、市場動向と金利情勢を勘案しながら、適宜、インド株への投資にシフトしていくつもりです。方針を債券投資から株式投資にシフトしていく時期は、今のところ未定です。

一部を除いてインド株式も決して高値圏ではないことから、インド株ETFも近いうちに買うかもしれません。今のところは、債券価格のほうが安定しているので、株式を買うにしても、債券>株の比率にしておこうかと考えています。

※これに伴い、『日経高配当50指数連動型上場投信』の積立は中止しています。


キャッシュレス社会との付き合いと、現金預金の取り扱い

「キャッシュレス社会」到来と言われて久しくなりました。交通系電子マネーに始まり、クレジットカードの小口利用やなんとかペイなど、確かにキャッシュレス社会は確実に、しかも地方にも浸透してきています。

私は、キャッシュレス社会には概ね肯定的であるものの、クレジットカードの使い過ぎには、引き続き警戒しなくてはならないと思いました。

私は、親元で生活しているので、(障害)年金収入を生活費に使う必要はないのですが、クレジットカードに与信枠があると、思いのほかカード決済を使い過ぎてしまい、親に救援を頼むことがしばしばです。お恥ずかしい限りですが。

こういうことが重なると、「ああ、現金決済は大事ね」と思ったりします。親が亡くなって、一人暮らしにでもなれば、大きな出費の時にどうするんだ、という問題はあります。ですが、クレジットカードで決済したとしても、いずれは後で払わなければならないので、それなら、現金決済主義は残しておかなくてはならないな、ということになります。

そこで、今後の予定として、今持っているクレジットカードの利用限度額を極限まで引き下げ申請することを検討しているところです。親に迷惑をかけることはいつかはできなくなるので、それを予防する意味も込めています。

一度に高額になる買い物は、デビットカードで行おうかと思っています。デビットカードの利用は信用情報には反映されませんが、クレジットカードは日々の中くらい(スマホ購入等)の買い物に使うことにしてもいいのではないかと思いました。

そのもととなる、銀行預金ですが、これも、完全には信用できません。現在のような時代の大変動期においては、大東亜戦争前後の日本の貨幣の歴史を見ても、現金ではなく、有価証券・貴金属などのモノで保有している方が、価値保存には有効です。

今月の16日より、株式と一部の有価証券の決済日が約定日の2営業日後に1営業日分短縮されることを考えると、株式等の換金性が向上したと言えます。「今すぐに」必要な生計資金は最低限の現金預金で保有し、残りは有価証券や貴金属で保有する、という金融生活形態を構えておく必要もあるな、とキャッシュレス社会のこととあわせて考えているところです。


ETF積立開始と収支管理

今月より、『野村日経高配当50連動型上場投信』の積立投資を開始しました。

毎月1口ずつ、野村日経高配当50ETFを買付けて、財産形成を目指していきます。

これと併せて、自身の収支管理方法を変えることにしました。

自身の収入(就労と年金)は親に全て預け、管理してもらいます。ETFだけは自分の証券口座で管理します。ETF買付代金は最初に親に立て替えてもらい、自分の収入で弁済し、残金は親に預けます。

こうして、私は今まで長らく続けてきた無駄遣いをやめ、収支を親と協力しながら管理していくことにしました。

前回の記事でも少し触れたのですが、PCに向かう時間が長すぎて、頭がフル回転し、逆に、PCと離れている時間が無駄に感じてきてしまうことで、PCへ向かわざるを得ないような気になる状態が長らく続いてきました。

その結果として、ネットを介した無駄遣いが多額に生じるなどの悪い現象が起こっていたのだと考えました。PCに無駄に向かっている時間を減らし、休息を取ったりする時間を多く確保しながら、メディアと自分が触れる距離を取っているのと同じように、PC等のIT端末と自分の間にも、少し距離を取っていこうと思います。



スポンサーリンク
レクタングル広告(大)