競馬一覧

細々とかつ休み休み楽しんで生きる

11月3日(日)の文化の日は、京都競馬場に行ってきました。

「馬券予算6千円で競馬場で競馬をやる」という、今までにない緊縮予算競馬への挑戦を試みました。結果は、マイナス5千2百円で、そんななかでも、東京のメインレースは当たり、残りの6百円でサービスエリアの柿の葉寿司を食べて帰れたという、なんとか予算内に収まることに成功したミッションでした。

とりあえず、競馬を少予算で1日楽しめたというのが、今回の収穫だったと思います。また同じような試みを再びやりたいと思います。

次なる目標は、「少予算でかつ勝てる競馬をやる」でしょうか。以前のように3連単で数十万馬券を獲るようなことはできませんが、年金生活者らしく、細々と人生を楽しむこともこれから覚えていかないと・・・などと思っています。

話は変わりますが、私自身、自分のエネルギーの玉の小ささを最近特に、感じています。ちょっと新しいことをすると、途中ですぐに精神的な疲労・苦痛を感じて、立ち止まったり、疲れてギブアップしてしまいます。

他の健常者の人たちの数分の一のキャパシティしかないなかで、余力を温存して物事に当たらなくてはなりません。やり慣れたことを粛々と限られた時間やるしかない感じです。

本を読んだりすることも、数ページめくっただけで、頭の中が一杯になってしまって、受け付けられない感じです。根気を求められることはなかなかできません。読書はもともと好きなので、苦痛を感じるまではページをめくる、といった感じでしょうか。

自分の人生は、まだまだ長そうですし、お金の心配も正直あります。休み休み無理をせずに生きていく、しかも過度に将来等へ悲観をせず、というのが今の自分に必要なことだと思います。


生活改革

今月の収入も、多くは使途がすでに決まっており、余ったお金は国内債券ETFとeワラント投資に振り向けたところです。

さて、最近、「一銭も無駄にしてはいけないな、金銭生活態度を改めなければ」と感じています。例えば、競馬については、親の「みんなに迷惑かけることになったらお終いだから、頼むからもうやめてくれ」という懇願に応え、その懇願された情景を思い返して、もうやらない意志を堅持するとか、お金の使い方の意識改革は必要だと思っています。

そうそう、安易にコンビニでどらもっち(お菓子)を買うことは、無駄にお金を使うだけでなく、間食を控えなければいけない意味でも良くない、とか、生活態度=金銭管理の態度でもあるわけです。

間食を減らすことと、食べる量を減らして体重と体形をなんとかする、というのも課題。夕食に白飯を食べない、おかずを中心とした食生活に改め始めました。おなかが軽くなり、夜に腹が減ることもありません。

そういうことで、生活態度をいろいろと改革しないといけないものが多くあり、実行していきたいです。


本格的に夏競馬開始

中央競馬は、東京・阪神開催が前節で終わり、函館開催は継続、代わって、福島・中京の2場が加わり、地方3場での開催となり、本格的な「夏競馬」が始まります。

この時期は、中央競馬を休む方も多いと聞きますが、私は毎年のように夏競馬をやっています。ただ、夏競馬は非常に難解。あまりいい思い出が無いですね。

かなり荒れる結果が多くなるので、予想は難しいですが、血統の傾向も出やすいようなので、しっかり勉強すれば、高配当を獲れないこともないのかな、とは思います。


たまには場外馬券場に行くのもいいかな

近年は、馬券がインターネットを介して買えるようになったため、特段、紙の馬券を買う必要はなくなってきています。

ただ、実際に走るオウマサンをじかに見る機会もたまにはほしくなってきます。とはいえ、競馬場まで私の自宅からは数百キロ離れていますので、おいそれとは行くことができません。

私が競馬場に行くのは、日常世界から飛び立ちたいという、非日常体験を求めてのこともあるので、自宅から離れたところで競馬をするのであれば、別に場外馬券場に行って馬券を買って、大きなモニタで観戦するだけでも、気晴らしにはなります。

幸い、私の県には、東西の両端に場外馬券場がありますので、公共交通機関を使って行くことができます。両方とも、一度以上は訪れています。

最近、少し身軽な気持ちになり、乗り物で近場に出かける気が起きてきたので、小旅行感覚で、久しぶりに場外馬券場に馬券を買いに行ってみても良いかな、と思っているところです。

公共交通機関の本数は限られているので、メインレースと最終レースなど、目的の数レースを買って結果を見たら、すぐに帰るスケジュールになってしまいますが、道中の車窓を眺めて目の保養としたりして、半日を潰す休日もいいかな、とか思っています。


週末の函館競馬に向けて(2019.06.10)

このところの競馬では、全くの鳴かず飛ばずです。

やはり、オークスとダービーと目黒記念が、集中的に発生した「ボーナスステージ」だったと言えます。私の過去の記憶が全て活かされて、3連単が獲れまくった2週間だったのです。難しそうに見えて、自分にとっては簡単でした。

その後、鳴尾記念や東京ダービー(大井)を最後に、3連単が重賞で獲れないでいます。それも当然で、過去の記憶が全く無いからです。「たしか、こんな馬が強かった」という、経験則みたいなものが全然思い浮かばなかったので、馬券が獲れなかったのだと思います。要は「勉強不足」でした。

さて、今週末から函館開催が加わります。函館スプリント(G3)は、気持ち良く当てたいところなので、ちゃんと過去問(過去年の馬柱と1~3着馬の傾向)は勉強しておこうと思います。G3でもG1でも、真剣に向き合わないと馬券が取れないのは同じです。


競馬の雑談(2019.06.03)

昨日(6月2日(日))の安田記念(G1)は当たらず。オークスから一昨日の鳴尾記念(G3)まで続いた、重賞的中記録があっさりと途切れました。

それもそのはずで、鳴尾記念は例外として、オークスとダービーは、3歳クラシック戦のため、血統で走る馬は簡単に割り出せたのです。安田記念は古馬混合戦のため、難解でしたね。それでいて、配当は安かった。

中央競馬は、歳時記みたいな感じで、この時期はこういう馬が激走する、とか、いろいろと伝統的な特徴が各レースにあるんです。それを全てわかった上で馬券を買わなければ、一時、多く的中しても、プラス収支を通年で維持することはできません。

季節・開催地ごとの競馬の特性を通年で見通せるようになれば、通年プラス収支も夢ではないでしょう。私も、もっと研鑽を積まなくてはならないと思っています。

最近は、証券投資で損することがアホらしくなってきて、馬券で損したほうがまだいいじゃないか、とまで思うようになってきています。株式投資・証券投資も競馬も同じくギャンブルですが、楽しい方が良いじゃないか、と思ってしまいます。

まもなく馬場が渋りやすくなる、雨の多い季節になってきます。そういうことも考えながら、競馬攻略に邁進したいと思います。


競馬の雑談(2019.05.30)

最近、馬券が不思議と重賞レースで当たります。しかも、3連単が。

令和元年になって初のオークス、5月19日は17万馬券。

同じく、令和元年のダービー、5月26日は19万馬券。G2目黒記念は9万馬券。

昨日は、Jpn2(G2格)の浦和競馬の「さきたま杯」で5千円(3連単ですが、これは、おまけみたいなものですね)。

ちゃんと分析をして買っているので、まぐれ当たりでは決してないのですが、当たりまくりで少々驚いています。

かなり儲かった2週間でした。ただ、結構投資と地方競馬で散財してしまい、言うほどの余裕はないです。

証券投資よりも、馬券投資のほうが儲かっています。とりあえず、なんでもいいので、儲かって貯蓄できればいいと思っているところです。

ここ4日開催、何がそんなにいい結果をもたらしたのか…やはり、思い切るべきところで思い切って3連単を買ったことでしょうか。それもありますし、4日間とも、午前中のレースはサッパリだったのですが、それでいちいち落胆せず、気持ちを途切れさせずに、黙々と馬券を買い続けたことでしょうか。

(オークスの10万馬券的中証明書)
(ダービーの10万馬券的中証明書)

最近は、有料のデータ提供サイトも利用しておらず、無料サイトの出馬表で分析しています。それで当たるのですから、私の馬券の腕もまんざらでもないかもしれません。

さしあたっては、過去の結果に一喜一憂することなく、淡々と馬券を買うのみです。


馬券払戻収入で嬉しい悲鳴

本日中京競馬場で行われた、高松宮記念(G1)で、2通りのパターン計200円しか買わなかった、ワイド馬券が的中。300倍以上ありました。200円だけ買って3万円以上の配当がもらえたのは、私の長い馬券人生のなかでも、はじめてのことだったのでは?と思います。

私の競馬は土日だけやるのが原則で、親からの借金制。一日平均2千円借りて遊ぶのが基本です。今日は3千円借りて、マイナス2800円で残り200円しかないところで、G1レースに残り200円投じたら3万円返ってきて、ひと月分の借金(2万円)を親に返し、余った1万円も、次回の馬券代として親に預かってもらいました。

これで、来月の収入がまるまる投資・貯蓄に充てられます。助かりました。嬉しい悲鳴ですが、想定外の事だったので、来月実行する投資計画を練り直す必要が出てきました。

「2019年版のVIXショック」と思われる急落が先週末にあってばかりなので、いろいろと思い悩んでしまいますが、なんとか最適解を見つけていきたいと思います。


金欠競馬

競馬で浪費をしていた私も、とうとう観念して、馬券予算の更なる大幅な削減に着手することにしました。

3連複馬券などは、当たるときは大きいのですが、はずれ続ける確率も高く、損失が膨大に膨らんでしまう危険をはらんでいるので、限られたレースに限定してしかも、買い目も減らすことにしました。

普通の平場と準メインまでの特別レースなどは、複勝1点勝負100円か、あるいは単複1点ずつ100円ずつ購入する程度にとどめたいと思います。

この際、回収率100%をやすやすと超えるような壮大な目標はあきらめて、馬券を1枚握りしめて馬を映像で追いかける人のような感覚で、競馬をしなくてはならないようです。それでも、全く賭けずに画面を眺めているのとは湧いてくる気持ちが違います。

月間3万円台で中央競馬の馬券購入を終えることを目標にしたいと思います。


ワイド400円チャレンジは地方競馬で威力

昨日(2018年11月22日)は、浦和競馬で元手2,100円で「ワイド400円チャレンジ」を開始しました。

結局、最終的に7,670円の払戻しを受け、3倍以上になって戻ってきたので、チャレンジは成功でした。

大井競馬に続き、浦和競馬のコツも、掴めたんじゃないだろうかと勝手に考えています。

土日の中央競馬は、1日に計24レース以上もあって、その上多頭数のレースが多いのでワイド4点で利益を上げていくのは難しいのですが、南関東競馬(地方競馬)なら、いけそうな感じです。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)