生活一覧

馬券を買わないことで浮くお金

私は、平日も含めて、馬券をしょっちゅう買ってきたのですが、それをやめたらどのくらいお金が浮くのだろうか…と調べてみたら、1日あたり700円前後浮くことがわかりました。

1日あたりの700円が、塵も積もれば、で4万円強になるのですから、数百円でも馬鹿にできません。

お金の使い道で、最も有力なのが、預金。証券投資をやりたい気分にも駆られますが、数十万円はもしもの時のために預金で持っておき、それでなければ証券投資はするべきではない、と米国人著名投資家フィッシャーが書いていたので、それもそうだと思い、証券投資の前に相当額の預金をする必要を感じました。

預金目標額の達成まで1年以上かかることが予想されますので、馬券を買わないだけでなく、投資も控えて、生活全般を変えていかねばなりません。初志貫徹できるよう、これからもいろいろと考えていきます。


昨日思ったこと…アタマをいたわろう

昨日は、競馬で負けて、競馬を続けるのかどうか、再び考えることにしたと記事に書きました。

昨晩、考えれたことといえば、「アタマをもっといたわろう」ということだけで、競馬をやっていた土日や平日の夕方に何ができるのか、というところまではなかなか考えれませんでした。

まあ、それについては、今までも、「何か自分にもできることがあったら」などという感じで考えてきた懸案事項でもあります。そう簡単には他に自分のやりたいことは浮かんでこないでしょう。

今は、投資や競馬など、アタマを酷使する作業を要するものを極力やらないでおこう、と心がける程度のことしかできないと思います。


競馬を続けることについてもっと考えねば

土曜日(12月7日)の競馬は予算1000円で1レースも的中することなく、惨敗しました。翌日本日の競馬は予算4000円で朝から3競馬場のレースに賭けたものの、お昼途中で資金が底をつき、撤退しました。

結局のところ、自分には少点数で馬券を当てる真の予想力がないわけで、こればかりは如何ともしがたい、と思わされてしまいました。

2月中旬迄立てた競馬予算は、実際賭けても戻ってこないと思われるため、「何のために競馬をやっているのだろう、あまりにも虚し過ぎやしないか」と思わず思ってしまいました。これなら、馬券を買うお金で、貯金をしたり、何か買い物をした方が良い、と思いました。

競馬を続けるのかどうか、今一度考えるべき時に来た気がしました。と同時に、毎日の暇な時間の過ごし方を、再度再度、見直してみたいと思いました。

ついでに付け加えると、競馬の予想は健常者でも非常に精神的に疲労を催すものなので、精神障害者である私には二重苦となっています。もう少し、脳に優しくしてやらねばなりません。ただ、それがほぼ1年中の習い性になってしまっているので、生活の仕方をもっと考えねば、と思います。


日曜競馬の予算を削減

中央競馬で、日曜日の馬券を、3競馬場同時開催の場合、1レース平均100円と考えて、3600円で予算計上していましたが、やはり、「多すぎる」と感じ、「3つの競馬場のうち、2つを終日やる」ということで、3000円に落とすことにしました。それと、土曜競馬を900円固定に改めます。2競馬場同時開催の日曜日は、2400円で変わりません。

改めて、毎度のようにカレンダーに照らし合わせて、予算を立ててみますと…

12月7日…900円・12月8日…3000円・12月14日…900円・12月15日…3000円・12月21日…900円・12月22日…3000円(※有馬記念で特別に)・12月28日…2400円・1月5日…3000円(※金杯で特別に)・1月6日…900円・1月11日…900円・1月12日…2400円・1月13日…2400円・1月18日…900円・1月19日…3000円・1月25日…900円・1月26日…3000円・2月1日…900円・2月2日…3000円・2月8日…900円・2月9日…3000円

…ここまでを合計しますと、39300円となります。有馬記念と金杯に特別枠を設けて、約4万円です。

そして、今までは、収入の入ってくる口座で中央競馬をやっていましたが、それを改めて、別の銀行口座でやろうと思っています。使い過ぎを抑制する目的です。


今週の競馬の結果と次回の予定

今週は、土曜日に1000円、日曜日も1000円ほどの入金をし、900円返ってくる結果になりました。お金が半分近く返ってきたので、まずまずの出来だったと思います。

日曜日のジャパンカップと京阪杯もワイドが的中しましたし、終日馬券を楽しむことができました。

さて、来週からですが、来週からは、”ワイド1点チャレンジ”を初っ端からやってみようと思います。1レース平均ワイド1点(100円)で24~36レースやることを前提として競馬予算を組むということです。これでも、時々的中しますから、終日楽しめる可能性が高いです。

皮算用ですが、11月30日から12月28日までの1か月間、このペースで馬券を買っていくと・・・

11月30日…3600円・12月1日…3600円・12月7日…3600円・12月8日…3600円・12月14日…3600円・12月15日…3600円・12月21日…2400円・12月22日…2400円・12月28日…2400円

となり、最高でも28,800円の馬券代で済みます。土曜日に少しでも払戻金を受けられれば、日曜日の必要経費が減りますし、3競馬場同時開催時は予想に手が回らないこともあるので、3600円未満で終わる可能性もあります。そうなれば、およそ2万5千円くらいの経費でしかも、払戻金もあって…という馬券生活が実現します。

…となると、2カ月で5万円余りあれば中央競馬が存分に楽しめますから、自分の収入を考えると少し貯金もできることとなり、万万歳です。

…というか、1レース平均1点(100円)以上は賭けられません。財政的に無理があります。それをやってこなかったので、放漫財政になってきたのでした。

昨日・今日の競馬で自身がついたので、上記のペースで競馬をやっていけたらな、と思います。


競馬はやめられないと観念

「やめます、やめます」とブログでも事あるごとに言及している、競馬ですが、いっこうにやめられません。

最近は、なるべく消費をしない生活を心掛けていて(競馬以外)、実家暮らしで衣食住の費用が掛からない私は、iPadの分割購入代金とレンタルサーバー代以外の定期的支払いはありません。

先日、iPadも大手キャリアを解約し、スマホと同じ格安SIM業者と複数枚契約をして、2千円近い経費削減を実現したばかりです。通信費も親持ちなんですけどね。。

ということで、お金が自然に貯まっていきそうなんですが、「馬券」が立ちはだかっており、これを少額費用に抑えられたら、お金は貯まっていきそうです。

一日千円くらいで、終日遊べることが目標です。1日に24~36レースもあるのに、1枚100円の馬券を10枚しか買えないお金で遊ぶということは、どこかで何かしら払戻しがないと、千円で終日遊ぶことはできません。それだけ、予想を的中させる腕を磨くことも必須です。

馬券で大儲けしたいほどの気持ちはありません。ただ、1日中遊びたいのです。

最近、競馬の本を読んで、「まだ、自分の腕を上げる余地はありそうだ」と思い、実際そのようになってはきています。少額(少点数)で当てることを覚えて、1度の入金だけで1日中遊べることが目標です。

競馬を全くやらない休日もたまにはありますが、基本、やめるのは無理だと観念して、それなら少額で家計にやさしく遊ばないと、という気持ちで、貯金優先で頑張ろうと思います。


細々とかつ休み休み楽しんで生きる

11月3日(日)の文化の日は、京都競馬場に行ってきました。

「馬券予算6千円で競馬場で競馬をやる」という、今までにない緊縮予算競馬への挑戦を試みました。結果は、マイナス5千2百円で、そんななかでも、東京のメインレースは当たり、残りの6百円でサービスエリアの柿の葉寿司を食べて帰れたという、なんとか予算内に収まることに成功したミッションでした。

とりあえず、競馬を少予算で1日楽しめたというのが、今回の収穫だったと思います。また同じような試みを再びやりたいと思います。

次なる目標は、「少予算でかつ勝てる競馬をやる」でしょうか。以前のように3連単で数十万馬券を獲るようなことはできませんが、年金生活者らしく、細々と人生を楽しむこともこれから覚えていかないと・・・などと思っています。

話は変わりますが、私自身、自分のエネルギーの玉の小ささを最近特に、感じています。ちょっと新しいことをすると、途中ですぐに精神的な疲労・苦痛を感じて、立ち止まったり、疲れてギブアップしてしまいます。

他の健常者の人たちの数分の一のキャパシティしかないなかで、余力を温存して物事に当たらなくてはなりません。やり慣れたことを粛々と限られた時間やるしかない感じです。

本を読んだりすることも、数ページめくっただけで、頭の中が一杯になってしまって、受け付けられない感じです。根気を求められることはなかなかできません。読書はもともと好きなので、苦痛を感じるまではページをめくる、といった感じでしょうか。

自分の人生は、まだまだ長そうですし、お金の心配も正直あります。休み休み無理をせずに生きていく、しかも過度に将来等へ悲観をせず、というのが今の自分に必要なことだと思います。


何事もほどよく休み休みにする

統合失調症患者の私は、服薬で多くの症状が軽くなっているものの、ストレスへの弱さはどうしても抜けません。

背中に5㎏のおもりを常に背負って動いているような、そんな表現しかできないのですが、疲れやすい体質です。

働き始めて数か月が経過し、1日2時間ほどの、通勤・就労時間もこなれてきました。ですが、もしこれが、就労時間が2時間になったとして、それ以上の就労時間に延長ができるのか、というと、なんだか不安です。

就労中に、あるいは、帰宅後に、どっと疲労がこみ上げてくる時があるのではないだろうか、というのが不安です。

ところで、今日は調べものをして、スプレッドシートにまとめる作業を夕方に始めてみました。その時に気がついたのが、当たり前ながら、「1日でやってのけるような勢いでやらないで、少しずつ作業を進めていこう」という考え方です。

私は、一気に物事を勢いでやってのけてしまうところが強すぎて、クラッシュ気味に疲れてしまうというところがあるように思います。

福祉施設での作業もそうです。特に、福祉施設では、期限を決められて課された仕事というのは、自分の能力以上の速度・達成は要求されていませんから、時間通りのうちに終えられることがほとんどです。加えて頼まれている、別の仕事のほうもあります。ただ、それは期限は特に課されていないのに、自分が焦って作業を進めて、ストレスを貯めてしまっている感じがします。

誰からも期限を求められていないのであれば、仕事にせよ、遊びにせよ、無理をしないでゆっくりと自分のペースでやっていけばよい、そんな風に考えました。結論や作業の完成を急ぐ癖が、少し過ぎるのではないだろうか、もう少し時間をかける癖を何事にもつけたいなぁ、と思いました。


生活改革

今月の収入も、多くは使途がすでに決まっており、余ったお金は国内債券ETFとeワラント投資に振り向けたところです。

さて、最近、「一銭も無駄にしてはいけないな、金銭生活態度を改めなければ」と感じています。例えば、競馬については、親の「みんなに迷惑かけることになったらお終いだから、頼むからもうやめてくれ」という懇願に応え、その懇願された情景を思い返して、もうやらない意志を堅持するとか、お金の使い方の意識改革は必要だと思っています。

そうそう、安易にコンビニでどらもっち(お菓子)を買うことは、無駄にお金を使うだけでなく、間食を控えなければいけない意味でも良くない、とか、生活態度=金銭管理の態度でもあるわけです。

間食を減らすことと、食べる量を減らして体重と体形をなんとかする、というのも課題。夕食に白飯を食べない、おかずを中心とした食生活に改め始めました。おなかが軽くなり、夜に腹が減ることもありません。

そういうことで、生活態度をいろいろと改革しないといけないものが多くあり、実行していきたいです。


キャッシュレス社会との付き合いと、現金預金の取り扱い

「キャッシュレス社会」到来と言われて久しくなりました。交通系電子マネーに始まり、クレジットカードの小口利用やなんとかペイなど、確かにキャッシュレス社会は確実に、しかも地方にも浸透してきています。

私は、キャッシュレス社会には概ね肯定的であるものの、クレジットカードの使い過ぎには、引き続き警戒しなくてはならないと思いました。

私は、親元で生活しているので、(障害)年金収入を生活費に使う必要はないのですが、クレジットカードに与信枠があると、思いのほかカード決済を使い過ぎてしまい、親に救援を頼むことがしばしばです。お恥ずかしい限りですが。

こういうことが重なると、「ああ、現金決済は大事ね」と思ったりします。親が亡くなって、一人暮らしにでもなれば、大きな出費の時にどうするんだ、という問題はあります。ですが、クレジットカードで決済したとしても、いずれは後で払わなければならないので、それなら、現金決済主義は残しておかなくてはならないな、ということになります。

そこで、今後の予定として、今持っているクレジットカードの利用限度額を極限まで引き下げ申請することを検討しているところです。親に迷惑をかけることはいつかはできなくなるので、それを予防する意味も込めています。

一度に高額になる買い物は、デビットカードで行おうかと思っています。デビットカードの利用は信用情報には反映されませんが、クレジットカードは日々の中くらい(スマホ購入等)の買い物に使うことにしてもいいのではないかと思いました。

そのもととなる、銀行預金ですが、これも、完全には信用できません。現在のような時代の大変動期においては、大東亜戦争前後の日本の貨幣の歴史を見ても、現金ではなく、有価証券・貴金属などのモノで保有している方が、価値保存には有効です。

今月の16日より、株式と一部の有価証券の決済日が約定日の2営業日後に1営業日分短縮されることを考えると、株式等の換金性が向上したと言えます。「今すぐに」必要な生計資金は最低限の現金預金で保有し、残りは有価証券や貴金属で保有する、という金融生活形態を構えておく必要もあるな、とキャッシュレス社会のこととあわせて考えているところです。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)