悩みごと一覧

重賞レースのみ馬券を購入することを検討

今日も馬券を購入することなく、1日を終えました。

私には、いわゆる「勝負レース」の見極めは困難なので、大きいレースに多めの点張りで馬券を購入して、楽しむ他ないとの結論に至りました。いわゆる、G1・G2・G3といった類のレースのみ賭けるということです。

「ソワソワ症状」が抑制されていれば、15時台に施行されるメインレースを待つ間、イライラ・ソワソワすることも少なくなるでしょう。そんなことを思い描きながら、再び2月中旬迄の予定を立ててみると…

12月…9,000円・1月…13,500円・2月上旬…4,500円となり、計27,000円の出費となります。賭け方も当たりやすいように、3連複1頭軸ながし15点ほどを想定しています。僕が競馬に使って良い金額は2ヶ月3万円くらいまででしょう。

服用中の薬の副作用もなるべく軽減させて、楽な気持ちでライトユーザーとして競馬と付き合いたいと思いました。


夕食後に頓服を飲んだら睡魔が…

昨日の記事で、夕食後に副作用止めを飲んだことを書きましたが、それから程なくして強烈な睡魔が襲ってきて、そのまま朝まで眠ってしまいました。

主治医の先生が「眠くなりやすいからね」とおっしゃっていた通りのことが起きました。まあ、ソワソワする暇もなく、寝てしまったのですが…。

副作用止めのこの薬を、頓服としてでなく、1日3錠以上本格的に飲んだのが初めてのようなものだったので、アタマがびっくりしてしまったのかもしれません。

とはいえ、しばらく1日3錠飲んでみて、次の診察の時に、様子を主治医に報告してみようと思います。

ちなみに、昨日は、競馬をやりたい衝動は起こりませんでした。ひとから競馬の結果を教えてもらっても、「へぇー」で終わり。まあ、競技としての競馬を嫌いになったわけではないので、そんなもんでしょう。

まだまだ試行錯誤が続きます。


ソワソワ感を止めるために

私は、子供の頃から、なんとなく多動の気があったのですが、統合失調症の薬を飲んで、余計に拍車がかかったのか、ソワソワ感が治まる気配は今のところありません。

主治医の先生が、「抗精神病薬の副作用だと思う」とおっしゃるので、自分としては、完全には納得できないものの、変な焦燥感が出てきたときの頓服として、あるいは、精神状態の変調が起こることを未然に防ぐものとして、副作用止めの薬を飲んでいます。

実際に、この薬に助けられたこと、飲み損ねたことでひどい思いをしたことを過去に何度も経験したので、この薬にはとても信頼を置いています。

今日、少し考えてみたのが、「ソワソワ感が毎日の馬券購入を誘発していたとしたら」ということ。「じっとしていられないので何かに向かいたくなってしまう」ということと、馬券購入のこととの間に関係が少しはあるのではないかと思いました。

今もらっているその頓服薬は、1日あたり2回分しかもらっていません。しかし、結構余りがあって、1日あたり3回飲んでも、まだ残るくらいです。

であれば、朝・昼・夕方と飲んで、効果を見てみたくなりました。…というわけで、先ほど、夜になって頓服を飲んでみました。

これで、馬券を買わざるを得ない精神状態から脱却できればいいのですが、果たしてどうでしょうか?


馬券を買わないことで浮くお金

私は、平日も含めて、馬券をしょっちゅう買ってきたのですが、それをやめたらどのくらいお金が浮くのだろうか…と調べてみたら、1日あたり700円前後浮くことがわかりました。

1日あたりの700円が、塵も積もれば、で4万円強になるのですから、数百円でも馬鹿にできません。

お金の使い道で、最も有力なのが、預金。証券投資をやりたい気分にも駆られますが、数十万円はもしもの時のために預金で持っておき、それでなければ証券投資はするべきではない、と米国人著名投資家フィッシャーが書いていたので、それもそうだと思い、証券投資の前に相当額の預金をする必要を感じました。

預金目標額の達成まで1年以上かかることが予想されますので、馬券を買わないだけでなく、投資も控えて、生活全般を変えていかねばなりません。初志貫徹できるよう、これからもいろいろと考えていきます。


昨日思ったこと…アタマをいたわろう

昨日は、競馬で負けて、競馬を続けるのかどうか、再び考えることにしたと記事に書きました。

昨晩、考えれたことといえば、「アタマをもっといたわろう」ということだけで、競馬をやっていた土日や平日の夕方に何ができるのか、というところまではなかなか考えれませんでした。

まあ、それについては、今までも、「何か自分にもできることがあったら」などという感じで考えてきた懸案事項でもあります。そう簡単には他に自分のやりたいことは浮かんでこないでしょう。

今は、投資や競馬など、アタマを酷使する作業を要するものを極力やらないでおこう、と心がける程度のことしかできないと思います。


競馬を続けることについてもっと考えねば

土曜日(12月7日)の競馬は予算1000円で1レースも的中することなく、惨敗しました。翌日本日の競馬は予算4000円で朝から3競馬場のレースに賭けたものの、お昼途中で資金が底をつき、撤退しました。

結局のところ、自分には少点数で馬券を当てる真の予想力がないわけで、こればかりは如何ともしがたい、と思わされてしまいました。

2月中旬迄立てた競馬予算は、実際賭けても戻ってこないと思われるため、「何のために競馬をやっているのだろう、あまりにも虚し過ぎやしないか」と思わず思ってしまいました。これなら、馬券を買うお金で、貯金をしたり、何か買い物をした方が良い、と思いました。

競馬を続けるのかどうか、今一度考えるべき時に来た気がしました。と同時に、毎日の暇な時間の過ごし方を、再度再度、見直してみたいと思いました。

ついでに付け加えると、競馬の予想は健常者でも非常に精神的に疲労を催すものなので、精神障害者である私には二重苦となっています。もう少し、脳に優しくしてやらねばなりません。ただ、それがほぼ1年中の習い性になってしまっているので、生活の仕方をもっと考えねば、と思います。


細々とかつ休み休み楽しんで生きる

11月3日(日)の文化の日は、京都競馬場に行ってきました。

「馬券予算6千円で競馬場で競馬をやる」という、今までにない緊縮予算競馬への挑戦を試みました。結果は、マイナス5千2百円で、そんななかでも、東京のメインレースは当たり、残りの6百円でサービスエリアの柿の葉寿司を食べて帰れたという、なんとか予算内に収まることに成功したミッションでした。

とりあえず、競馬を少予算で1日楽しめたというのが、今回の収穫だったと思います。また同じような試みを再びやりたいと思います。

次なる目標は、「少予算でかつ勝てる競馬をやる」でしょうか。以前のように3連単で数十万馬券を獲るようなことはできませんが、年金生活者らしく、細々と人生を楽しむこともこれから覚えていかないと・・・などと思っています。

話は変わりますが、私自身、自分のエネルギーの玉の小ささを最近特に、感じています。ちょっと新しいことをすると、途中ですぐに精神的な疲労・苦痛を感じて、立ち止まったり、疲れてギブアップしてしまいます。

他の健常者の人たちの数分の一のキャパシティしかないなかで、余力を温存して物事に当たらなくてはなりません。やり慣れたことを粛々と限られた時間やるしかない感じです。

本を読んだりすることも、数ページめくっただけで、頭の中が一杯になってしまって、受け付けられない感じです。根気を求められることはなかなかできません。読書はもともと好きなので、苦痛を感じるまではページをめくる、といった感じでしょうか。

自分の人生は、まだまだ長そうですし、お金の心配も正直あります。休み休み無理をせずに生きていく、しかも過度に将来等へ悲観をせず、というのが今の自分に必要なことだと思います。


「儲け事」はこっそりと

Twitterでもつぶやいたことです。自分が儲けた話をTwitterやブログに書くことはしない方が、儲けを大きくできるのでは?という話です。

そういうのは結構真実であるようで、私も今月儲けた話をネット上で全く書かなかったのですが、そのために余計に儲かっているような気がして仕方がないのです。

ブログの更新が今まで2週間近く滞っていました。案外、投資や競馬の儲け自慢話もブログの多くを占めていたのかもしれないと思いました。

今後、もっと頭をひねって、記事をたくさん書くには、どうすれば良いのか、考えないといけませんね。


投資に「完璧」を求めない

投資シナリオを自分で策定して、投資作戦を実行した後、せっかくシナリオを考えて投資したのに、しばらくたって相場が思っていたのと逆の動きをしてくると、「このシナリオはすんなりと通らないかもしれないな」とか、不安が募ってしまい、その投資を中止してしまうことが過去に多々ありました。

記憶にあるものだけですが、過去の事例を検証してみると、短期間勝負を想定して、シナリオがその通りになるかならないかは、半々くらいです。他方、数か月単位以上の、中長期的な投資になると、紆余曲折はありますが、大体思った通りの結果になっているものが多いのです。それを、投資を始めて1カ月経つか経たないかのうちに、心変わりを起こしてやめてしまっていることが多いようです。

最近思うに、投資で「最高の結果を得たい」という気持ちが強すぎるのではないか、と思うようになってきました。言い換えれば「間違いを犯したくないと思ってしまう」気持ちが強いということでしょうか。

投資は成功する確率や期待値の高いものに「賭ける」ものです。長期投資も名前はかっこいいですが、ギャンブルの一種でしょう。成功する時期や実現する値の度合いは実現してみないとわかりません。

長期投資では投資期間が長期になるほど、リスクも拡大していきますから、相場が思っていたのと逆方向に動き始めると、それがしばらく続くうち、心が折れがちになります。

「自分はなぜ、この投資を始めてしまったのか」と悪い方、悪い方へとイメージが膨らみだして、結果、リスクの拡大に「心が」耐え切れず、損切りしてしまう結果になることがあります。

相場師本人のリスク許容度も問われるところですが、投資は、ある程度の我慢をすると良い結果が付いてくることが多いようです。実際、投資が利益を生む過程は、決して一直線ではないようです。一直線に思った通りの結果が出るのが理想ですが、そういうことはまずない、と思わなくてはいけないようです。これも「完璧を求めない」ということに繋がっていると思います。

完璧を求め過ぎず、程々の結果を得ることを期待することが、結果的に投資での成功を引き寄せることになるのではないか、と思います。


ETF積立開始と収支管理

今月より、『野村日経高配当50連動型上場投信』の積立投資を開始しました。

毎月1口ずつ、野村日経高配当50ETFを買付けて、財産形成を目指していきます。

これと併せて、自身の収支管理方法を変えることにしました。

自身の収入(就労と年金)は親に全て預け、管理してもらいます。ETFだけは自分の証券口座で管理します。ETF買付代金は最初に親に立て替えてもらい、自分の収入で弁済し、残金は親に預けます。

こうして、私は今まで長らく続けてきた無駄遣いをやめ、収支を親と協力しながら管理していくことにしました。

前回の記事でも少し触れたのですが、PCに向かう時間が長すぎて、頭がフル回転し、逆に、PCと離れている時間が無駄に感じてきてしまうことで、PCへ向かわざるを得ないような気になる状態が長らく続いてきました。

その結果として、ネットを介した無駄遣いが多額に生じるなどの悪い現象が起こっていたのだと考えました。PCに無駄に向かっている時間を減らし、休息を取ったりする時間を多く確保しながら、メディアと自分が触れる距離を取っているのと同じように、PC等のIT端末と自分の間にも、少し距離を取っていこうと思います。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)