仕事一覧

細々とかつ休み休み楽しんで生きる

11月3日(日)の文化の日は、京都競馬場に行ってきました。

「馬券予算6千円で競馬場で競馬をやる」という、今までにない緊縮予算競馬への挑戦を試みました。結果は、マイナス5千2百円で、そんななかでも、東京のメインレースは当たり、残りの6百円でサービスエリアの柿の葉寿司を食べて帰れたという、なんとか予算内に収まることに成功したミッションでした。

とりあえず、競馬を少予算で1日楽しめたというのが、今回の収穫だったと思います。また同じような試みを再びやりたいと思います。

次なる目標は、「少予算でかつ勝てる競馬をやる」でしょうか。以前のように3連単で数十万馬券を獲るようなことはできませんが、年金生活者らしく、細々と人生を楽しむこともこれから覚えていかないと・・・などと思っています。

話は変わりますが、私自身、自分のエネルギーの玉の小ささを最近特に、感じています。ちょっと新しいことをすると、途中ですぐに精神的な疲労・苦痛を感じて、立ち止まったり、疲れてギブアップしてしまいます。

他の健常者の人たちの数分の一のキャパシティしかないなかで、余力を温存して物事に当たらなくてはなりません。やり慣れたことを粛々と限られた時間やるしかない感じです。

本を読んだりすることも、数ページめくっただけで、頭の中が一杯になってしまって、受け付けられない感じです。根気を求められることはなかなかできません。読書はもともと好きなので、苦痛を感じるまではページをめくる、といった感じでしょうか。

自分の人生は、まだまだ長そうですし、お金の心配も正直あります。休み休み無理をせずに生きていく、しかも過度に将来等へ悲観をせず、というのが今の自分に必要なことだと思います。


何事もほどよく休み休みにする

統合失調症患者の私は、服薬で多くの症状が軽くなっているものの、ストレスへの弱さはどうしても抜けません。

背中に5㎏のおもりを常に背負って動いているような、そんな表現しかできないのですが、疲れやすい体質です。

働き始めて数か月が経過し、1日2時間ほどの、通勤・就労時間もこなれてきました。ですが、もしこれが、就労時間が2時間になったとして、それ以上の就労時間に延長ができるのか、というと、なんだか不安です。

就労中に、あるいは、帰宅後に、どっと疲労がこみ上げてくる時があるのではないだろうか、というのが不安です。

ところで、今日は調べものをして、スプレッドシートにまとめる作業を夕方に始めてみました。その時に気がついたのが、当たり前ながら、「1日でやってのけるような勢いでやらないで、少しずつ作業を進めていこう」という考え方です。

私は、一気に物事を勢いでやってのけてしまうところが強すぎて、クラッシュ気味に疲れてしまうというところがあるように思います。

福祉施設での作業もそうです。特に、福祉施設では、期限を決められて課された仕事というのは、自分の能力以上の速度・達成は要求されていませんから、時間通りのうちに終えられることがほとんどです。加えて頼まれている、別の仕事のほうもあります。ただ、それは期限は特に課されていないのに、自分が焦って作業を進めて、ストレスを貯めてしまっている感じがします。

誰からも期限を求められていないのであれば、仕事にせよ、遊びにせよ、無理をしないでゆっくりと自分のペースでやっていけばよい、そんな風に考えました。結論や作業の完成を急ぐ癖が、少し過ぎるのではないだろうか、もう少し時間をかける癖を何事にもつけたいなぁ、と思いました。


生活改革

今月の収入も、多くは使途がすでに決まっており、余ったお金は国内債券ETFとeワラント投資に振り向けたところです。

さて、最近、「一銭も無駄にしてはいけないな、金銭生活態度を改めなければ」と感じています。例えば、競馬については、親の「みんなに迷惑かけることになったらお終いだから、頼むからもうやめてくれ」という懇願に応え、その懇願された情景を思い返して、もうやらない意志を堅持するとか、お金の使い方の意識改革は必要だと思っています。

そうそう、安易にコンビニでどらもっち(お菓子)を買うことは、無駄にお金を使うだけでなく、間食を控えなければいけない意味でも良くない、とか、生活態度=金銭管理の態度でもあるわけです。

間食を減らすことと、食べる量を減らして体重と体形をなんとかする、というのも課題。夕食に白飯を食べない、おかずを中心とした食生活に改め始めました。おなかが軽くなり、夜に腹が減ることもありません。

そういうことで、生活態度をいろいろと改革しないといけないものが多くあり、実行していきたいです。


秋になりました

9月もほぼほぼ終わりとなり、「秋になったなぁ」と言えるような天候になってきました。今年は、春も天気がおかしかったし、今になって、やっと安定した気候を体験できている気がします。

私の就労も週4日勤務1時間労働が定着してきた感じ。データ入力の毎日ですが、平日は充実しているのはいいこと。較べて土日祝日の過ごし方が課題になっています。早く週5日勤務に自分の体が持っていけないかなぁ、と思っています。

週5日働けたら、今度は1日2時間働いて…などと、収入の増加を夢見てしまいます。

一方で、心配なのは、季節の移り変わり。冬になると、雪が降ることで交通機関のダイヤグラムが乱れることもさることながら、自分の体調が寒さで落ち込んでいってしまうのが心配。その辺のことはケアマネジャーさんなど、周囲の人にも一応お話しておきました。

なんとか、体調をある程度の落ち込みで維持して、冬の間に週5日間勤務を継続できることが、少し先のこととなりますが、今からの目標ですね。


福祉施設での就労開始

福祉施設での就労を今月から始めました。

週五日に満たない短時間就労からのスタートですが、やはり、障害者に配慮をしてもらえる環境で働けるのはありがたいことです。

通所に慣れるにつれて、就労日数や時間を増やしていって、収入も増えていってほしいです。

自分の体調と相談しながら、今の就労を生活の充実の一助となるようにしていきたいと思っています。


冬も本番に

スーパーに嗜好品を買いにだけ行ってきましたが、どうも体がピリッとしません。朝からぼんやりしていて、暖冬気味ながらもさすが冬だな、という感じで、毎年恒例のうつうつ傾向を自分に感じます。

季節柄、体調はいまいちなものの、先日は、ハローワークの障害者窓口や、県の障害者就労支援センターみたいなところで相談してきましたが、年金収入を補完できる程度のお金は毎月欲しいというのが私の実情で、働いて少し日々緊張感も欲しいところです。

私にとって毎度冬は眠気が強くなったり鬱っぽくなったりと、精神的に不安定な状態になりやすい時期です。無理しない程度に体を動かして、生活リズムを崩さないように努めたいです。


最近の私の暮らしぶりと働くことについて(2018/10/13)

最近、生きていて全く張り合いがありません。

私の統合失調症の症状は、主治医から処方されている薬が適切に作用しているのか、安定している現状です。朝夕の主剤類の服用に加え、外出するときには、安定剤の定期的服用が欠かせませんが、もう慣れっこなので、遠出をするときも4時間おき程度の服用を続けて過ごせば、帰宅時まで安心して過ごせるようになっています。

病状が安定するとともに、夜10時前後就寝・翌朝5時ごろ起床、という生活リズムも大崩れすることなく、日々継続されています。

以上のような安定があるにもかかわらず、私が毎日やっていることと言えば、前回のブログ記事の冒頭にも少し触れましたが、近くの親戚のところに行って、茶飲み話をしたり、ネットで馬券を買って遊んだりといった活動程度しかできていません。

料理・洗濯・掃除などの家事は苦痛に感じてしまい苦手なので、家庭のゴミ出し程度しかやっていません。一般の方々が当たり前にできることもできないのに、遊びまわっていていい気なものだ、と思われそうですが、私としては、「今の私には、できることがその程度までなので、それをやっているのです」としか言うことができません。

ハローワークにたまに行ってみては、障害者雇用担当の相談員の方と話をしてみることもありました。相談員さんを介して、自分の就業にあたっての希望条件を挙げてから企業と連絡を取ってもらったりしたこともあるのですが、条件に合う職場はなかなかありません。いつハローワークに行ってもそうなので、あまり足が向きません。

そういう現状です。家事が苦手だったり、そのほか一般人が誰でもできそうなことができないとしても、人間何か自分の特性や能力を生かせる場所がどこかにあるはずだと思うのですが、未だに自分の居場所を見つけることができていません。

私の統合失調症に関わる症状は、精神疲労が溜まるのが早いとか、集中力を長時間維持するのが難しいとか、働くには不利なことがいろいろあるのですが、せっかく生きているのだから、なにかしら働いていたい、という思いもあるので、自分を発揮できる場所を見つけたいのです。

この記事の冒頭で、生きていて張り合いがない、と述べたのは、そういった、自分を全く発揮できていない状況で、やむを得ず「ご隠居生活」になってしまっていることへの不満が、統合失調症の症状の安定化とともに、頭をもたげてきたからだと思います。

田舎暮らしゆえ、都会暮らしの方々よりも輪をかけて不利な状況下に置かれているのではないかと感じていますが、なんとかならないものだろうかと毎日のように悩み考えているところです。


雇用され働くことは難しいと結論

先日、ハローワークに障害者雇用枠として募集されている求人を見て、「職場見学をしてみたい」とハローワークの相談員さんに申し込んでみました。

その日の夕方、相談員の方からお返事をいただいたのですが、企業側からの返答を聞いて、私は諦めました。

仕事は店舗での販売業務なのですが、来客へのストレス耐性がかなり要求されること、少人数で営業しているため、疲れが出たといった理由で小休憩のため店内からバックに入るというようなことが想定しづらい、といった話でした。

結局、結論としては、雇用されて家の外で働くという、ありふれたスタイルではあるのですが、そのような働き方は、私にはきびしい、という現実にぶち当たりました。

万人ができるような仕事は避け、技術を身に着けてそれを武器に働くという方法しかない、しかもPCなどを使って自宅等屋内で、ということになりそうな気がしています。


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)