ドル安が来る?(2022.6.21)

外国為替

これまで、利上げ&金融引き締めの代表は米ドルでしたが、先日は、依然マイナス金利とは言うものの、SNB(スイス国立銀行)がついに金利を引き上げて大きな話題となりました。その他の地域や諸国の中央銀行もこぞって、今後利上げを進める意向があるようで、要人発言や、市場での目先の短期金利市場での織り込みなどで、外堀が徐々に埋まってきているようです。

そのため、米ドルのバスケット指数であるドル指数(DXY)の頭打ちからの下落が始まろうとしている流れが、始まったようにも見えます。

その際の日本円の動向ですが、米ドル以外の先進国通貨を中心に、急激な円安が進行していくことが予想されます(すでに起きていますが)。

円とドルの関係で言えば、米国の景気後退が明らかとなれば、ドル高の行き詰まりや円高への反転も、少し考えておきたいところです。

実は今日、私は全部の金現物を換金して、大半を原油ETFに投資してしまいました。インフレ基調と商品市場のけん引役は主に原油で、今もそうで、今後しばらくもそうであろう(期間は曖昧にしておかざるを得ませんが)、と思って資金移動させました。

コモディディであれば、他にも選択肢はあったでしょうが、流動性の高さや、「証券市場自体も、もうしばらくの間は持続するだろう」と思ったので、手軽な原油ETFを選択しました。とにかく、金現物の価値がしばらく動意が薄そうだという気がしたのです。

「ドル安が招く金価格の動意薄」などと言うと、「ドルが下がるから金が上がるんだろ?」と言われそうですが、もう少し話は複雑だと思っています。確かに、米ドル安はドル建て金価格を押し上げますが、そのドル安が、円高をプッシュしたら?ドル建て金価格が平行線がしばらく続くかあるいは飽きられて少し下がってしまったら?と考えたんです。今までの円建て金価格の高騰は、円安ドル高に負う部分がかなり大きかったので、為替要因が剥げた時、思うよりも危ないんじゃないか、と思ったんです。

今週いっぱい、株価が盛り返しそうな雰囲気を漂わせている現況なのも、金がそっぽを向かれる可能性を感じさせます。自分の持っていた金は、トータルで売却損が出たのですが、あまりそれを気にしていても仕方がない、と思い切って売りました。

株価指数が盛り返すのであれば、コモディディでも選別物色されて、金よりも原油、貴金属でしたら銀や白金族のプラチナ・パラジウムの価格上昇に一時的にでも追い風だと思います。今この記事を書いている時点でもそんな感じに見えます。

金の長期展望は良いだろうとは思っていますが、個人的には「しばらくの間、あまり面白くないだろうな」という感覚です。資産価値保存手段として、金現物の保有は有効かもしれませんが、金現物をがっちりと持っておくよりも、結局は、仮想通貨とか銀現物とか、すこしズレたものを持っておいた方が、案外正解なのかもしれないとも思い始めています。確信は無いんですが。

米国でも、イーグル金貨の売れ行きが過去最高レベルだったという話を聞きましたし、SPDRゴールドシェアETF(世界最大規模の米国籍金ETF)も、買いが増えているそうです。みんなが金に価値を認めて注目している時は、そろりと手を引いた方が良いかもしれません。

今後も、世界の情勢をちゃんと調べ続けて、どちらかというと気持ちとしては「保守的、かつ大きく先を見据えた」投資を行っていくつもりです。一部では、短期投資と長期投資を、完全に両方の投資比率も管理して別々の気持ちで投資するように心がけている人もいるようです。ただ、自分はもう少し柔軟に、あっちから風が吹いてきたらそれに乗り、風向きが変われば、全部前言っていたことをひっくり返してでも別方向から吹く風に乗るような、もっと数字に対しては柔軟な姿勢を取りたいと思います。

とはいえ、リスク管理をしっかりするという姿勢は、大事だと思うので、全体の投資を資産目録のチェックを適宜しながらやる、ということになります。自分は、趣味として投資に取り組んでいる面も大きいなと自覚しているので、「損をなるべくはしない」「資産価値を維持し続ける」という、比較的低めの目標を持ちつつ、そこにちょっと夢も加えながら、楽しんで投資人生を歩めたら、と思っています。

タイトルとURLをコピーしました