【競馬】いよいよ、自分にとって「どうでもいい」存在へ(2021.12.6)

悩みごと

先日、「競馬の予想が土日の格好の暇つぶしになった」と書きましたが、予想をしていくうちに、いよいよつまらなくなっていき、自分にとって、競馬は「どうでもいい」存在へと墜ちていっているようです。

まあ、予想が当たらなくてつまらない、というのもありますが、「予想すること」自体が面倒だと感じるようになりました。

時折、競馬に関する情報には能動的に触れることがありますが、以前ほどの心の高揚感はどこかへ行ってしまいました。それは、持病の精神疾患のせいでは全くないです。全てのやることが億劫に感じたり、何事にも興味が持てない…といった精神状態ではないからです。

ただ、去る日曜日は、競馬予想やTV観戦にも小一時間程度しか時間を割けず、かといって、他の楽しみも日が昇っている間は見つけられなかったため、遅めの昼寝をするより仕方がない状況でした。

来週から日曜日をどうやって過ごせばいいんだろうか…と少し悩んでいます。

タイトルとURLをコピーしました