「良さげな」睡眠薬を処方してもらえた模様(2021.11.20)

健康

前回の診察で、「クエチアピン錠12.5mgを飲むと、起きてからも眠気がきつくて飲むのをやめた」「リボトリール2mg錠を飲むだけで連続して6時間くらいは眠れるが、もう少し長い眠りが欲しい」と主治医に伝えたところ、「じゃあ、もう少し弱めの睡眠薬を出すので飲んでください」ということになって、処方されたのが、ニトラゼパム錠5mg。

数か月前に、ニトラゼパム錠10mgを就寝前に1錠飲むように処方されたことがありました。ただ、その時はあまり効果が実感できませんでした。睡眠時間については、その頃同時に処方され始めた、リボトリール錠2mgなど、他に処方された薬類で時間が伸びたような感覚があったと記憶しています。それで、3度くらいニトラゼパム錠10mgを処方された記録があるのですが、「この睡眠薬が、効いているという実感が無い」旨を医師に伝えたところ、「まあ、睡眠薬を飲むことはあまり良いことではないから」といったような言われ方をした記憶があり、結局、処方を中止されたという過去がありました。

それと、転院前まで、5時間睡眠で複数の医者に「5時間眠れたらまあ良いんじゃないか」と言われ続けてきた経緯があり、今の主治医は「5時間は短いですよ」と言ったので、リボトリール錠2mg等で6時間程度眠れただけでも、十分だと自分自身に思わせていた、というのもありました。

ただ、その後になって、日付が変わる前に寝て、翌日のまだ日の昇ってきていない時間に目が覚めてしまうことを良しとしないような考えにだんだんと自分が変わってきて、「7、8時間連続して眠れた方が、起床後の活動で疲れないためにも、良いんじゃないだろうか」と思うようになりました。

ニトラゼパム錠10mgを中止した頃からまだ半年足らずしか経っていないのですが、「もう少し長く眠りたい」という希望を述べて、処方された睡眠薬は、やはり、ニトラゼパム錠で、しかも、前回の半分の5mg錠。「これでいいのかしら?」と思いつつ、「まあ、10mg錠を中止してから、今までの間に、いろいろなことが病気周りのことであったし、僕の脳も『変化(?)』しているかもしれないから、とにかく、処方通り飲んでみて、様子を見るしかないな」と思い、他の処方薬とともに、就寝前に飲むことを始めました。

すると、睡眠薬を飲んだ効果は服用初日から現れた模様でした。それまでは、連続で6時間程度しか眠れなかったのが、7時間強続けて眠れたのです。服用初回は、午前1時前に寝て、8時台に起きました。

次の日も、少し早く寝ようと思ったのが、時機を逸してやはり1時前に寝て、8時半ごろの起床。少なくとも1時間以上の睡眠時間の延長効果があることが分かりました。2度寝ではなかったので、確実に効いていると思います。

本当は、7時台に起床できるのが理想形ですから、0時前までには薬を飲んで入眠しておく必要があります。「確かに、ちょうどよい時間、連続して眠れた」という感触を得てみたいものです。

タイトルとURLをコピーしました