「宵っ張り作戦」実行でまともな時刻に起床(2021.11.01)

健康

昨日は今日の午前1時頃まで起きていて、それまではぼぉーっとして過ごしていました。

昨日投開票日の衆院選のツイートを、自分のタイムラインで追いながらダラダラ過ごす感じ。

昨夜時点で、WiMAX2+の連続3日間の通信量が9.5ギガぐらいになっていて、10ギガを超過すると、超過した翌日夕刻から翌々日明朝にかけて、「通信速度制限」がかけられてしまうことから、なんとか、10ギガ超過をさせないでネット通信を行おうと、かなり気を遣いながらの夜ではありました。

ただ、衆院選当落結果ツイート以外に興味の湧くような話題は少なく、あちこちサイト巡回をする気は起きませんでした。自分自身も、ブログを更新することはこの日の夜はありませんでした。

今日は月曜日。楽しい株式マーケットの今週初日。日付が本日に切り替わり、無事、先週金曜日の通信し過ぎが原因だった速度制限からも解放されたので、ホッとしましたが、証券会社の株アプリを観ながら、「何の銘柄をどうしようかな」とか思案を巡らしながら過ごしていたら、午前1時頃になってしまいました。

抗精神病薬の「ラツーダ」錠と抗不安薬のリボトリール錠2mgを服用して、スマホを少しいじった後で、自室の床に就きました。

日が昇った後、起床すると午前8時30分ぐらいでした。「少し遅くなってしまったけれど、ちょうど良い時間に起きれたな」といった具合。

睡眠薬の良いものを医者に処方してもらいたいところですが、あまり期待できません。リボトリール錠2mgの鎮静作用によって得られる深くて長めの眠りに期待して、同じく眠気を催させる薬のように思っている「ラツーダ」錠と、以上2種類の薬で6-7時間眠れることで当面よしとして、時間調整のために「宵っ張り生活」を可能な限りやるしかないんだな、と思っています。

タイトルとURLをコピーしました