夕食後1時間で寝てしまうのはラツーダ錠が犯人!?(2021.10.20)

健康

夕食後、すぐに「ラツーダ」錠と整腸剤を服用し、それから60分くらい経過すると、なぜか眠気が出て、眠ってしまう日がずっとここのところ続いていて、「齢のせいかなぁ…」と思いかけていました。

しかし、それでは夜の活動が全くと言っていいほどできないため、「ラツーダ」錠を飲むために眠気が出て来て寝てしまう、という仮説を立てて、夕食後、「ラツーダ」錠を飲まずに過ごしたところ、眠気をほとんど催すことなく、深夜まで起きていることができました。

自分が眠りたくなってから、「ラツーダ」錠とリボトリール錠とクエチアピン錠を全部飲んだところ、しっかり眠れて朝7時ごろまでぐっすりと眠っていました。

やはり、夕食後、あまり時間を置かずに眠気が出てしまうのは、夕食後、すぐに「ラツーダ」錠を飲んでいたことが原因らしいことが分かりました。

今後は、薬を就寝直前に全て飲むようにして、夜の時間帯の活動時間を少しでも増やしたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました