頓服薬が睡眠導入に効力を発揮中(2021.9.3)

健康

このところ、ずっと処方されていたのに、「まあ、飲まなくても眠れるか」と思い、服用していなかったリボトリール2mg錠でしたが、最近立て続けに毎晩服用するようにしたところ、スムーズに眠れるようにしてくれることが分かり、好んで飲むようになりました。

以前は、リボトリール2mg錠に睡眠薬を併用する時期もあったのですが、医師からは「睡眠薬を大量に飲むのは良くない」と言われ、その頃はリボトリール2mg錠も飲んでいて、医師には「それを飲んで、7時間程度眠れます」と答えていた記憶があります。「だったら、睡眠薬をやめてもいいでしょう」ということで、睡眠薬を廃止し、就寝前はリボトリール2mg錠を飲む、という約束でした。

ただ、疲れていざ、眠るときになると、リボトリール2mg錠を飲んでから眠る、という気持ちがなかなか起きないことも多く、そのまま布団に入ってしまう日がこれまで多かったです。

今月から、「処方されているものは、躊躇なくしっかりと飲んでいこう」という気持ちに変わり、眠る時間も早めて、予めリボトリール2mg錠を服用してから、ゆっくりと布団に入るようになりました。そうしたところ、葛藤もほとんどないまま、すぅーっといつの間にか眠れるような感じで、頭の中もすぐに落ち着いて寝落ちできるようです。

もっと毎日飲んでおけば良かったな、と今にして思います。このことは次回の診察で医師に報告しようと思いますが、頭の中の「噴火」を抑えるのにはリボトリール錠は不可欠な頓服薬で、日中も0.5mg錠を頻繁に飲み、それが活躍しています。心の波を穏やかにするために、手放せない薬です。

タイトルとURLをコピーしました