地方競馬の購入限度額を「0円」に設定(2021.7.7)

悩みごと

昨日は地方競馬で散財してしまい、切に反省しました。

家にいる時間が多く、「ヒマ」ができると、ついつい馬券を買ってしまっていました。

しかし、それを続けていては、いつになっても資産は増えません。クレジットカードでキャッシングしては返済、を繰り返したり、親にすがっている生活ではいけません。

そこで、昨夜、決意を固めて、競馬を半年間、全くやらない生活をやってみる、と決めました。

地方競馬投票システムは、解約しても、翌週には再度申し込めてしまう造りなので、ひと工夫必要です。まず、地方競馬投票システムに、投票可能な時間中にログインし、設定していた限度額の再減額を行いました。そこで、限度額を「0円」に設定します。これで、翌日からそれが適用となります。

明日以降、地方競馬投票システムにログインしても、入金はいくらでもできますが、購入限度額ゼロ円ですので、馬券は1件も買えません。会員登録している状態で、購入限度額ゼロ円にすることで、明日から180日間、馬券が買えないようにしたのです。

いきなり、口座を解約するよりも、解約せずに馬券が買えない状態を180日間つくり出す方が、競馬を止めるには効果的ではないだろうか、と思いました。また、ネット投票に対応した手持ちの銀行口座ほぼ全てでネット投票口座を開設、限度額ゼロ円設定を併せて行いましたので、高確率で馬券購入を抑制できると思います。

最終手段として、書面でシステム提供元に、今後4年間、口座開設をできなくする(JRAも同じ仕組みです)という手はあります。ただ、手間もかかるため、今回の措置を取ったものです。

明日は、JRA即PATでも、購入限度額ゼロ円設定を全ての現利用口座で行います。

タイトルとURLをコピーしました