診察(2021.6)1度目

健康

前回の処方は、

  • 朝:なし
  • 昼:リボトリール0.5mg
  • 夜:なし
  • 就寝前:リボトリール0.5mg、ニトラゼパム10mg、ラツーダ20mg、アリピプラゾール12mg

でした。

昨年6月に出てばかりの新薬のラツーダ錠を飲み、アリピプラゾールを減薬していく路線で、途中調整を入れて約2週間薬を飲み続けました。

主治医には今回の診察で、落ち着きが適度にあることと、外出時に近くにいる人たちが自分の悪口を言ったり嘲笑しているように聞こえる被害妄想感が緩和されたことを報告しました。被害妄想感の緩和が、ラツーダを飲んで一番良かったことかもしれません。

ところで、今日散歩をして思ったことですが、自分は思っていた以上に健常者と比べて被害妄想感が強く、それを引きずるんだな、ということを意識するようになってきました。病識(自分が精神疾患であることを自ら意識すること)が無いのが統合失調症の治療ができていない状態ですから、病識を持てているということは、明らかに症状が改善してきていることの表れであると思いました。

話を戻しますと、主治医も被害妄想感が軽くなったことを喜ばしく思ってくれて、「アリピプラゾールからラツーダに移行していくことを続けよう」ということになりました。

ラツーダ錠は一日80mgまで飲んでよいことになっているそうですが、とりあえず、さらに今より20mg増やして、アリピプラゾールをさらに減薬して、という処方になりました。

  • 朝:なし
  • 昼:リボトリール0.5mg
  • 夜:なし
  • 就寝前:リボトリール0.5mg×2錠、ニトラゼパム10mg、ラツーダ40mg、アリピプラゾール6mg

「睡眠時間が連続して長く取れない」悩みを主治医に伝えました。「睡眠薬を増やすのはあまり良いことではないので、リボトリール錠を従前の倍飲むことでこらえてほしい」ということでしたので、就寝前にリボトリール0.5mg錠を2錠飲むことになりました。

新処方後は、起床後の体調に以前より悪くなったところはなく、精神疲労も出にくくなっています。被害妄想感はラツーダ錠を飲み始めてからすぐに軽くなったことを実感したのですが、新処方で40mgになったことで、飲み続けることでさらに症状が緩和されることに期待したいと言った状況です。アリピプラゾールを有難がって飲んでいましたが、最大24mgから6mgまで減薬されても、とくに問題は無さそうです。

主治医の薬の処方・家族等のサポートのもと、状況がさらに改善するよう、頑張りたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました