6月からの投資方針を変更(2021.5.28)

株式・投資信託

海外株式投信の運用レポートが更新されていました。やはり、米国のテーパリングは懸念材料とされているようです。

このような状況を鑑みて、6月前半の運用方針を固めました。

6~8月上旬は、現在保有の有価証券は売買せず保持することとします。J-REITインデックスファンドの積立投資も停止します。

「FANG+3倍ベア投信」も持っていますが、相場は当面、「上りも下がりもしない」というシナリオをメインシナリオとしていくことにしました。なので、ブル・ベア投信は使わないようにしようと思います。

そこで、日本株個別銘柄の単元未満株買いのようなもの、それに加えて、ゴールドのインデックスファンドの積立を計画しています。

他方、普通預金の積立を行い、毎週千円ずつ、銀行へ預入していきます。こちらの方がメインのお金の行先になります。

FX・外貨預金等も検討してみました。まず、外貨預金は為替手数料が高くて話になりません。FXについては、100通貨でできるところが数社現れたので、レバレッジ1倍でやってもいいかもしれないと思いました。

状況が変化しましたら、また記事を訂正・加筆修正しようと思います。

(2021.5.30加筆修正)

コメント

タイトルとURLをコピーしました