WiMAX2+の速度制限時も、動画閲覧できました(2021.5.9)

情報技術(IT)

連続3日間の通信量が10GBを超過した場合に、WiMAX2+サービスではその翌日の18時から翌々日深夜2時頃にかけて、通信速度が1Mbpsに抑えられる、いわゆる速度制限がかかります。

先日初めて、それに該当し、速度制限がかかったなかで、androidTVであるダイニングのテレビでYouTube動画を閲覧してみました。

再生当初はかなり画質が悪かったのですが、TVが調整してくれたのか、同じ一つの動画を1時間観て、画質が悪いと感じたのは最初の5分ほど。あとはHD画質に近い、標準画質でずっと再生されていました。

このことで、1Mbpsの速度制限は、ネット利用にそこまで深刻な影響を与えるものではないことがわかりました。PCでの動画閲覧も、私の場合、そこまで高画質を番組に求めていないので、ライブ放送でも途切れることがほとんどないまま、最後まで観ることができました。

通信量を多く必要とするのは、動画ではなく、実はOSやアプリケーション、ドライバソフトウェアのダウンロードだったりします。これは、1Mbpsの速度ではダウンロード不能だったりするらしいので、家族のスマホのOSをアップデートする際には、1日1台に限定したりする工夫をするのも一法だと思いました。

そのようなことはあるのですが、普段の日々のデータ使用量を見ていると、連続3日間累計が10GBを超過する日は案外と少ないようなので、WiMAX2+を固定光回線に戻すつもりはありません。何よりも、LANケーブル等がほとんど不要になり、見た目がスッキリしているのが気に入っていますし、戸建て向けの光回線よりも月額料金が割安ですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました