Wi-Fiルーターの移設でネット環境改善(2021.3.27)

情報技術(IT)

WiMAX2+の受信ルーターを2階の一室に設置して、すぐ隣にWi-Fiルーターを置いていました。受信電波の質はほぼ満点のようだったのですが、Wi-Fiルーターから飛んでいる電波が、1階のダイニングに来ると電波の力が弱くなってしまうようで、ダイニングの無線LAN対応プリンタが電波を拾えないようなことがありました。

プリンタの電波を拾う能力が低いのもダメだと思うのですが、スマホもWi-Fiの電波強度表示がフルではなくなってしまうのがどうしても気になりました。

そこで、自宅で余っているLANケーブルの長めのものを使い、WiMAX受信ルーターはそのままに、Wi-Fiルーターを移動させ、2階の階段で上がってすぐの場所に移設して両者を繋ぎ、電波の拡がり方がどのように変化をするのか、調べてみることにしました。

結果、1階のダイニングでもiPhoneのWi-Fi電波の強度が最大になりました。2階の各部屋の電波強度も変わることがなかったため、Wi-Fiルーターを適切な位置に設置し直せたことが判明しました。

一件落着しました。

タイトルとURLをコピーしました