暴落は避けられた⁉(2021.2.28)

eワラント

2月26日夜のNY市場は、米国長期債利回りが大きく下落して、種々の株価指数はまちまちで取引を終えました。

私の投資は、米国20年超国債3倍ベアETFが10%を超える大幅下落をし、投資元本を割れました。テック株3倍ベアETFも少し下落しました。

この先の相場の予想として、長期債のさらなる利回りの上昇が、また近いうちに訪れるだろうと思いました。FRBは長期債利回りの上昇を容認する方向のようです。ただ、米国10年国債の利回りが再び1.5%を付けても、株式市場が大騒ぎすることはなくなるだろうと思います。「免疫がついた」とでも言いましょうか。

再び、株式市場は持ち直して、上昇基調に入りそうな気がしてきました。「暴落は避けられた」との見方です。

私の投資方針と絡めますと、米国債券利回りは再び日を置いて上昇基調に復帰しそうなので、米国20年超国債3倍ベアETFは持続保有としたいと思います。あとおよそ1か月程度は様子を見たいです。

テック株3倍ベアETFは、テック株自体はだいぶん飽きられて、軟調になりそうでもあるのですが、「株の暴落は避けられた」という気がしますので、日本株の反発相場に乗りたいと思っています。そこで、テック株3倍ベアETFは明日月曜日夜に売却してしまって、その売却代金を使い、再びスマホ証券のCONNECTで、ひな株(単元未満株)を買いたいと思います。候補銘柄は本日選定を済ませました。

eワラントのアップルのプット型は、とりあえず保有してみて、相場の様子を見たいところです。投資額が少なく、イン・ザ・マネー状態なので、満期保有に近いかたちも考えています。

まとめると、

  • 米国20年超国債3倍ベアETF・・・戻りを期待して約1か月間ほど持続保有
  • 米国テック株3倍ベアETF・・・翌月曜日夜に全売却
  • eワラントのアップルのプット型・・・持続保有
  • ひな株(単元未満株)・・・明日から徐々に買い付けを開始、100株目標。

といったところです。あと、CONNECTのつみたてNISA勘定をNISA勘定に切り替えたので、ひな株と投資信託をNISAで買付するようにしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました