株・債券ベアETFを持続保有、アップルのプット型eワラントを昨日追加(2021.2.26)

株式・投資信託

スマホ証券のCONNECTのひな株(単元未満株)で昨日買っていた、KDDI株を本日(2月26日)すべて投げました。

日経平均の終値は2016年以来の下げ幅で29,000円も割りました。ただ、夜間先物は29,000円台です。

昨日はポジションの評価額が大きく増える結果となりました。特に、テック株3倍ベアETFは、前日比10%超の上昇となりました。

昨日は夕方、Apple株の失速が鮮明になってきたのを見て、eワラントでアップルのプット型を買付けし、今日、含み益が出ています。前日比+35%程度の上昇です(16:42現在)。

昨日夜、米セントルイス連銀総裁のブラード氏が、長期金利の上昇を容認する発言をしたことから、今夜のNY市場も軟調な展開を予想します。この記事を書いている現在(16:46)、長期金利は落ち着いていることから、今夜は相場の反発も予想されますが、長い目で見れば下落局面がしばらく続くと思うので、

  • 米国テック株3倍ベアETF
  • 米国20年超国債3倍ベアETF
  • プット型eワラント(Apple株)

の3つを持続保有していこうと思います。

米国長期債(上記チャートは7-10年国債ETF)は、ちょうどコロナショックがあった2020年3月の水準にまで価格が下落しています。株価は現在まだ高い状態ですから、「賢い資産クラス」とも呼ばれる債券が下落し、株価だけが高い状態は、いずれ是正されるかなと思います。となると、株式のこの先の下落幅はかなり大きくなることも想定しておく必要がありそうです。

タイトルとURLをコピーしました