月額貯蓄・投資可能額を算定して、定期積立(2021.1.27)

IPO(新規株式公開)

クレジットカードの引き落としが終わり、来月は年金支給月ということで、資金繰りには四苦八苦しながらも、なんとかやり繰りしています。

今まで、年金支給があったり、給与受取が発生したりすると、思い切って投資に回すことが多かったのですが、今後は、冷静に考えて、月々の投資・貯蓄可能額を算定してみて、可能な金額でそれらを行うことにしました。

後になって、「やっぱり、自由になるお金が足りない」とか言って、取り崩す羽目になっていたのを、改めようと思います。そこで、各証券会社が用意している積立設定のうち「毎日定額積立てる」という設定を、この度初めて利用してみようと思います。

現金預金に約60%を割き、某C証券のMRF(預り金)に定期的に預け入れます。約14%を、SBI証券投信積立で、日本株のレバレッジ投信に毎日積立投資を行い、残りの6%ほどを、CONNECTつみたてNISA「まいにち投信」にて、毎日積立投資を行います。

これだけで、月収の24%ほどを使います。絶対的な金額としては、少ないと言わざるを得ませんが、安定的に積立貯蓄・積立投資をするなら、このくらいでないといけないと思いました。残りのお金は、クレジットカードの引き落とし代金や、単発のCFD投資、競馬等の遊興娯楽費などに使うでしょう。

IPOに応募するには、資金が足らないので、MRF積立で応募できるまでの資金作りから再度始めます。

「無理をしない」も僕の資産づくりの要点に加えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました