年末に大雪、明くる令和3年を良い年に!(2020.12.31)

仕事

2020年12月30日から31日にかけ、山陰地方は大雪となりました。平地でも40センチ以上一度に積雪するところもありました。

私の住んでいるところの、大雪警報は解除されましたので、年越しは降雪なしとなりそうです。

30日、午前中は風は強かったものの、好天でしたが、作業所からの帰り道に吹雪き始め、14時台に一気に本格的に雪が降り始めました。その後、止むことなく、31日の朝には40センチ程度の積雪となってしまったのです。

通っている作業所も、本日31日は臨時休業となりました。

親は、外で雪かきに追われました。私は戦力にならないので、家の中で寝ていましたが。

振り返れば、今年も家計・お金の面では悪戦苦闘をしていました。投資も損失で終わりました。ただ、競馬を12月下旬にやめた意思は貫き通し、12月31日を迎えることができました。「来年は、思い通りにお金が貯まるのではないだろうか?」と密かな期待を持っています。

持病の精神病は、年後半にお薬の処方を少し変更して、さらに改善しました。医学薬学のさらなる進歩に期待しつつ、闘病を続けていこうと思います。

作業所通勤は、来年で3年目に入ります。作業所もなんとかコロナ禍のなかでも、存続しており、私もお給料をいただいて、生活の質の向上の助けとなっています。経営陣・職員・利用者、全ての人々に感謝です。

中華コロナに始まり、中華コロナで終わったような令和2年。明くる令和3年が、この記事を読んでくださった皆様にとって良い年となりますよう、お祈りいたします。

タイトルとURLをコピーしました