IPO(新規株式公開)応募を積極的にしていきたい(2020.12.05)

IPO(新規株式公開)

むかしは、手持ちの現金がまとまった額でなかったので、IPO(新規株式公開)への応募はほとんどやってこなかったのですが、手っ取り早く資産を増殖させる方法としては、IPOの利用もアリなのではないか、と思い始めました。

ETFや投信の解約売りの代金を元手に、IPOにいくつかの証券会社へ応募してみました。

IPOは、「株式の購入代金が前受制なので、まとまった額のお金がないと、応募できない」と思っていました。ところが、最近は、抽選に当たってから、代金を入金すれば良い証券会社もあると気が付き、そこの口座でも応募してみました。

IPOに関しては、年間に2,3回でも当選すれば、御の字のような気もしています。普通の投資では、つみたてNISA投資に注力していきます。収入の少ない私のことなので、つみたてNISAの投資枠40万円さえ、来年一年間で使いきれるかどうかわかりません。そんな感じなので、IPOで儲けられたら、天にも昇る気持ちになると思います。

自由になる現金も一定額持っておきたいので、IPO用資金の名目で、いくらか現金預金はつねに確保しておきたいとも思います。

タイトルとURLをコピーしました