個別銘柄投資を終了、設備・人材投資ETFを買付(2020.11.19)

株式・投資信託

個別株投資の効率の悪さが目立ってきていたので、少し悩んでいました。そこで、思い切って、個別銘柄を全売却しました。個別銘柄を運用する気分は十分味わえたので、今後は、インデックスファンド・指数連動ETFの投資に注力していこうと思います。

支出もあって、個別銘柄の売却代金全てを投信投資に回すことはできませんでした。ただ、半分以上、何かETFに投資できることになり、さてどうしよう、と考えた結果、「JPX/S&P設備・人材投資指数」に投資してみよう、と思いました。

この「JPX/S&P設備・人材投資指数」というのは、日銀が毎日買っているETFの参照指数で、「設備・人材投資に積極的かつ効率的に取り組んでいる企業を構成銘柄とする株価指数」ということになっています。

この指数に連動するETFは複数ありますが、純資産額が一番大きいのは、アセットマネジメントONEのETFです。

結構面白そうな銘柄が組み入れ10位以内に入っていて、投資先として選定する気が起きました。結局この日、このETFを指値注文でCONNECTで手数料無料クーポンを行使して買いました。マーケットメイク銘柄のため、流動性は確保されているので、適正な価格で買えました。ただ、指値注文したほうが良さそうです。

支出もあり、結局、総投資・貯蓄金額は50万円を下回ってしまいました。再び、50万円回復を目指します。ポートフォリオは冒頭の円グラフの通りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました