少しずつ心の調子がさらに変わってきてる?(2020.10.30)

健康

抗精神病薬の増量の効果か、少しずつですが、心の調子がさらに変化してきているように感じます。

心の不調と言うのは、一概には言えません。統合失調症の患者に多いのが、「自制心が利かない」というのもあります。このメカニズムはあまりよく分かっていない気もしますが、ギャンブル依存症や買い物依存などの依存症、私が言うところの、やめられない症候群・我慢できない症候群なども引き起こしている気がずっとしていました。

依存症が健常者の依存症と若干趣を異にするかもしれませんが、結果は同じです。

かく言う私も、射幸心欲しさに、ギャンブル依存症の代表格の競馬にはまっているところでした。ところが、最近、先週の月曜日から本日金曜日まで、12日間、馬券を1枚も買わないという、信じられない、といえば言い過ぎですが、そんなことが起こっているのです!もちろん、ネット投票口座は先週日曜日に全て閉鎖したので、不思議とまでは言えませんけど。

土日に競馬のことは思い出しましたが、思い留まることができました。統合失調症が寛解に近づくと、依存症候群からも抜け出せるのか?と思ったりしました。自分でも先週の日曜日の最終レースなどは、「なんで、賭け続けてるんだろう??」と思いながら、馬券を買っていましたから、変わったものです。

統合失調症のせいで、ギャンブルが我慢できなかったのなら、薬で自制心を復活させられるのですから、しめたものです。競馬を自制できた理由が抗精神病薬の増量であるかどうかは、本当のところは分からないのですけども。

今回は、競馬の話題を中心としましたが、ほかに最近では、頓服薬を、夜の就寝前に飲むだけで、午前~夜まで、頓服薬を飲まずに快適に過ごせる経験をできました。寛解に向けて、さらに頑張っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました