スローライフ(2020.10.24)

悩みごと

「スマホを毎日触って疲れ果てたので、全くスマホを使わない日を決めた」なんていうツイートかなにかをどこかで見たような気がしますが、IT機器全盛のこの時代らしい話です。

私は、無理をして電子機器を触っているつもりはないので、上記のような気持ちはあまりよく理解できないのが実際のところですが、機器の使い方の問題もあるのではないかと思います。LINEやYouTubeやスマホゲームばかりして、疲れてしまうのなら、無理をしてまでそれらをやることはないのではないかと思います。

私も実際、スマホは使いたい時だけしかポケットにしまっていませんし、ツイートも何日もしない日が増えてきました。

私自身の一日の生活について、IT機器が手放せないのは確かですが、使いたくて使っているので、変な疲れはないですね。それよりは、機器を使って、どう生活の「穴」を埋めていったらいいか、といった感じです。

仕事を午前中やっていることは、何度か記事にしています。私にとっては、午後の過ごし方、特に、昼食後から夕食前までをいかに充実して過ごすのかが、目下のテーマとなっています。

本記事の題名を『スローライフ』としてみましたが、「何となく、何かをしていなくてはいけない」という気持ちに捉われて、午後を過ごしているのであれば、いそいそと活動していた午前中からは解放されているのですから、アタマを切り替えて、スローライフもどきの生活様式で、夕飯までを過ごせばいいのかもしれません。

実際、昼食後は時間をあまり置かずに、布団に入って、昼寝をしたりすることもあります。目覚めてからもかなりの時間、夕方までありますから、そこをなんとか切り抜けねばならないわけです。

いつもブログ記事になるネタがあれば、毎日ブログ記事を更新しているでしょうが、そういうわけでもありません。部屋の整理も毎日ではないし、ものぐさな頭脳の造りをしているので、なかなかやることを見つけられず、ソワソワ・モジモジすることが多いです。

スローライフになるのだと割り切る必要もありそうです。静かな時間が長く確保できない人も多いなか、私は時間だけはたっぷりあるので、考えに耽(ふけ)るとか、ゆったりとした過ごし方をできれば一番いいのかもしれません。なにも、長電話みたいなことで時間を消費するだけが能ではありませんよね。夜、ご飯を食べた後に普通の人がやっていること、例えば、読書とか、Webサイト閲覧とか、自分の静かに過ごせる時間を一日のど真ん中に据えて、夜は夕食後あまり時間を使わないで寝てしまうのもありかな、と考えてみたりしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました