最近の運用状況・割高な米国株へ再び不安感が(2020.9.10)

株式・投資信託

急な出費が発生してしまったため、投信の積立額を減額せざるを得なくなりました。ただ、最低でも、つみたてNISAの投資は、毎週継続していきます。

先週、FANG+レバレッジ投信を買付けたのですが、やはり割高な印象があり、積立継続を取り止めました。もう少し長期的な目線で相場を考えたときに、ドル札が刷り過ぎとはいえ、FANG銘柄ばかり上がっている状況と、ほかの米株も割高になってきていることに、再び不安感が頭をもたげて来てしまいました。

せっかく、相対的にも、あるいは、どう見ても、日本株が超割安なのは明らかなので、もっと日本株を大事にしてあげなくては、と思います。

冒頭で述べた出費の関係で、長期投資ポートフォリオからも現金を取り崩さざるを得なくなりましたので、フルインベストメント状態で、長期投資ポートフォリオのバランスは、上記の円グラフの通りです。

一段と、日本株に傾斜配分している状態となっています。なお、日本株(単元未満株)個別銘柄は、現在、6銘柄保有しており、業種も6種で、危険の分散に努めています。10月には、それぞれ等金額程度になる状態を維持しながら、買い増しを行う意向です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました