投資作戦を変更(2020.8.25)

REIT(不動産投資信託)

投資作戦を変更しました。今日のために、昨日のうちにいろいろと売買しました。

まず、昨日、日本株のスマートベータ型インデックスファンドを全売却。ロシア株ブル2倍ETFを損切り全売却などしました。

今日になり、最終的なポートフォリオは、ニッセイアセットのJPX日経400インデックスファンドと、豪州リートETF、それに日本株4.3倍ブル投信という構成となりました。

ロシア株ブル2倍ETFを売却したのは、それよりも優先すべき投資先に比重を置くことを考えてのことです。日本株4.3倍ブル投信を多く保有するのは、日本株の調子が、他の周辺国よりも明らかに良くなってきていることに注目したためです。とはいえ、9月になると、相場の流れが変わることも考えられますから、あまり自信はありません。

それから、ニッセイアセットのJPX日経400インデックスファンドですが、運用の質がイマイチで、後で見つけた、ダイワアセットマネジメントのJPX日経400インデックスファンドの方が、インデックスを正確になぞっている感じですので、今週の積立からは、ダイワのJPX日経400インデックスファンドを毎週2,000円、つみたてNISA口座で積立てることとしました。

一方で、スマートベータ型インデックスファンド(イーマクシス・日本株クオリティ150インデックス)の特定口座における積立は中止し、昨日全売却しました。

今週以降、ダイワのJPX日経400インデックスファンドの比重が少しずつ、増加していくと思われます。

今回は、どちらかというと、日本にさらに重点を置いたポートフォリオで、原点回帰とも言えるものです。豪州は、豪ドル円の豪ドル高がじわじわと続いており、REIT市場も安定していることから、継続保有していきます。ただ、買い増しは日本株投信を優先していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました