投資構想現況(2020.7.25)

金融

今週は、海外口座のCFD取引で一旦大きく利益を出せて、いい気分だったのですが、そのあと、CFD取引の深みにはまり、結局マイナスを出してしまいました。やはり、続けてやって損を出すことが明らかなので、CFD取引は競馬と同じで、やらないように戒めねばならないようです。

海外口座はクレカ決済のため、自然に来月の家計予算が縮小することとなります。残念です。ただ、CFD取引はしばらく、というか、もうやって損失を出したくないので、やらないと思います。来月の収入の大半は、それでも、投資に充てられそうなので、今の予定でそのまま投資ができるとして、投資構想を練っています。

来月は、REITと日本株式を中心とした投資にしようと考えています。REITはETF、日本株式はスマートベータ型の既保有のインデックスファンドの買い増し。REITは、預金代わりのつもりです。必要があれば、すぐに換金するつもりです。日本株が、現物は2営業日後の受渡しに時間が短縮されたことで、換金性が向上しました。前もって、引き落とし支払い等の資金準備目的で換金するにも、その3営業日前までに売却すれば問題ないので、便利になりました。

とりあえず、REIT指数のETFを多めに買い、分配金収入を狙います。キャピタルゲイン・キャピタルロスは、あまり意識しないことにします。残りは、日本株インデックスファンドの買付けです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました