貯蓄の目的…そして、「まずは50万円貯める」

悩みごと

お金をたくさん貯めることを決めたわけですが、ここで問題があります。「何のために貯蓄するのか。」

「老後資金」「病気・介護の備え」というのも、もちろん正しいと思います。でも、私の場合は「iDeCo(個人型確定拠出年金)に入れない」という、大きな壁がありまして、天引き貯蓄ができない以上、自助努力を用いないと、貯めることができない。

それと、「老後」「病気・介護」というのは、何となく、暗い印象があって、それを考えて運用するのは何となく積極的な気持ちになれない、というのがあります。そこで、もっと他の目的を意図して作ることを考えました。

思いついたのは、「先進社会で必要な器具類の購入費用を賄えるようにすること」…というと、なんだかぼんやりしていますが、今で言えば「PC・スマホ・タブレット端末等の情報機器を余裕を持って帰るようにお金を貯めておくこと」という感じです。実際、パソコンは自己資金では買い換えられず、親に借りています。スマホの買い替えも、電池が弱ったという、仕方ない事情とはいえ、親のお金で買い替えています。そういうお金を自己資金で賄えるように、貯めておくことが最低でもこの先必要なのは自明です。

積立の途中で取り崩しも厭わない姿勢で良いと思います。ただ、貯蓄のペースは一定にして、今後、相当額を貯めていく目的として、「情報機器の購入費用」を貯めるという目的を作ってみた次第です。

これだけでも、PCが20万円、スマホが5万円、タブレット端末が5万円としたら、30万円必要です。豊かに暮らすために、こういうものを揃えるだけでも、お金を貯めておかねばならないのです。

その貯蓄が発展して、老後資金の形成にまで話が及ぶのも結構なことです。目的がどんどん大きくなっていくのは、良いことなので、数値目標を立てるのも良いような気がします。

今は20万円くらいしか蓄えがないので、まずは、50万円資産を築くことから考えようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました