自分の能力開発に注力

仕事

つい最近まで、投資や競馬などで、「お金を殖やさないと」と思ってやってきました。もちろん、それでお金が殖えることもありますし、実際に、パソコン代を親に立替してもらったのを返すのに、競馬の益金が役立ったこともあります。

ですが、ふと考えて、「あくせくしないで、目の前のお金をどうこうして殖やすようなことを考えないで、豊かに暮らすことはできないのだろうか?」と思うようになってきました。

自分の能力を発揮して、豊かに暮らすことが、自分の本来目指すところであると思っているので、もっと鷹揚に構えつつ、自己の能力開発に努めるほうが、人生は面白かろう、と思います。株式市場がどうなろうが、競馬がどうなろうが、自分がいつも豊かに暮らすことができている、そんな風になることを目指したいと思います。

そのためには、少々、障害者でありながらも、社会参加活動を増やしていくことが必要だと感じます。私は、現在障害者施設で、少しばかりの報酬をいただきながら、好きなパソコンを使った作業で働いています。働く時間を増やしたりしていくうちに、自分の能力発揮の機会が増えていき、受け取る報酬も増えていく、というのが理想です。

精神障害者は、周囲から受ける様々な刺激や、ストレスに影響を受けやすいので、なるべく刺激やストレスを受けない環境に身を置く時間を多くとらねばならない一方で、自己開発となれば、刺激・ストレスと上手く付き合いつつ、適切な情報を受け取りながら、自分を成長させていかねばなりません。相反するものを如何に程よく受け入れながらやっていくのか…難しいところです。それでも、理想を持って生きていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました