本日日中の主要外資系証券の先物手口(2020.6.3)

先物・オプション

TOPIX先物(期近)

  • ソシエテジェネラル…672枚買い越し
  • ゴールドマンサックス…4644枚買い越し
  • モルガンスタンレー…515枚買い越し
  • JPモルガン証券…1245枚買い越し
  • クレディスイス…318枚買い越し

日経225先物(期近)

  • ソシエテジェネラル…2501枚買い越し
  • ゴールドマンサックス…3548枚売り越し
  • モルガンスタンレー…1621枚買い越し
  • JPモルガン証券…873枚売り越し
  • クレディスイス…669枚買い越し

日経先物は少し買い越しの程度ですが、TOPIX先物は、主要5証券がこぞって大幅に買い越しており、その合計枚数は7394枚という多さ(!)

クレディスイスの影響力がだんだん小さくなってきており、ゴールドマンサックスが先物を主導している感じですね。JPモルガンも時折存在感を見せています。

日本にはTOPIXと日経の2つの先物がありますが、どちらか一方に偏りが出ることが多く、他方はそのときニュートラルになっていることが多くみられます。

TOPIX先物の方が大きく買われた理由は私にはわかりませんが、「買いが強い」ということは再確認できたと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました