マスメディアに頼る時代は完全に終わりました

雑談等

今日の地元地方新聞の1面から、嘘報道でした。共同通信のニュースの丸写しかもしれませんが、虚偽のほどを購読者・視聴者がネットを通じて確認しなければならないようでは、「公共の電波」だの「中立公正、事実を伝える」だのの掛け声も、虚しく聞こえてきます。

マスメディアは、完全に中立性を失い、自分たちの願望の実現のためなら、トランプ米国大統領の言葉を借りれば、「フェイクニュース」を一面に載せようが、トップニュースにしようが、構わないというところまで来たようです。

マスメディアの情報は、まず疑ってかかるしかありません。マスメディアに時事情報を教えてもらう時代は、完全に終わってしまったのだと、今日つくづく感じました。もう日本国民は、本当の事実を求め、ネット検索、SNSを駆使して、真実を探し求めるしかないのです。

この事実は、高齢者に多い「情弱(情報弱者)」は、ますます世の中の流れから取り残される恐れがあることを意味します。若者や意識を持っている人たちが、それをカバーできる行動を行うことで、我が国が間違った方向へ行かないよう、導いていく必要があるのではないでしょうか。

私も微力ながら、自称保守として、無党派層の人間として、世論形成に貢献しなくては、と思います。

このブログは、残念ながら、内容からしてその一助になれそうもありませんが、Twitterなどで自分の思いを適宜発信を続けていくつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました