やはり、ハイテク・情報産業への投資が無難と判断

米国株の工具メーカー株を持っていたのですが、資本財市況が思わしくないようなので、全売却しました。

代わって、サイバーセキュリティ関連株(米国株)を買い付けしました。今は、テレワークに代表されるように、人との交わりも、IT関連の道具・ソフトウェアに頼るほかない状況になっており、既に持っている半導体関連の台湾株ADRもそうですが、ハイテク産業・情報関連産業が無難な投資先のような気がしています。

先程挙げた、テレワークもそうですが、人間も、その時々の状況に徐々に適応して生きていくことになります。そういったことも念頭に置きながら、銘柄選択をしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました