日本株・米国株・ADR買付け

今週(2020年4月第3週)は、複数の株を買いました。

まず、日本株ですが、総合金融持株会社の一つを100株買いました。成長性の高さと顧客からの厚い支持がありそうなことが魅力でした。…私は今のところ、ここの商品にはお世話になっていませんが(苦笑)。日本株は、これだけです。

続いて、米国株と台湾株ADRを買いました。米国株は工業用品(工具)関連株を買いました。ADRは、先日、一度買って、売り切ってしまった株の再買付けです。いずれの株も、コロナショック以前よりもかなり値下がりしており、割安感がありました。

相場の混乱状態も、かなり落ち着いたと思っています。「2番底が待っている」という説も多く唱えられて、下値不安もありますが、個別株投資では、今後を見据えた銘柄選択をしてみたつもりです。

先先週に米国の石油関連株を買いましたが、これは利確全売却しました。石油価格が下げ止まらないことに不安を感じてしまいました。

さて、日米台の3銘柄に分散投資しましたが、投資比率では、単元株で買った日本株が突出した格好となっています。金額を揃えて投資できるようにすることが課題としてあります。米国株に興味深い銘柄が多いので、小額であれもこれも買いたくなってしまいますが、株価の急な回復がなかった場合、今保有中の日本株を除く2銘柄を買い増しすることも、検討したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました