そこらじゅう安値のものだらけ(2020.4.9)

先週末に買った米国株が、昨日のNY市場の引け値ベースで、約20%の含み益となりました。他の買付候補銘柄もウォッチしているのですが、それらも連日大幅高で、買えずにいて少し焦っています。来週になれば一服となるでしょうか。

昨日は、メキシコペソ円を1,000ペソだけ買ってみました。相場観察を兼ねての最低単位のロングですが、そこら中、安値に置かれた資産クラス・株式などがごろごろ転がっており、安いものだらけ。こんな経験をするのはリーマンショックの時以来のような気がします。

リーマンショックの時は、低位株投資をやって、あまり首尾が良くなかったですが、私もその頃よりは、相場についての知識や知恵も増えているので、知見を活かして、効率よく資産を増やすことに注力したいと思います。

なにも、レバレッジをかけるということではなく、上がりやすい商品クラス・銘柄を選択することで、無理をせずに資産を増殖させる、という意味です。

ありきたりですが、「つみたてNISA」の活用も考えています。毎月数千円しか利用しないと思いますが、20年間非課税というのは大きいです。やってみる価値はあると思います。

とりあえず、米国株の次の買付銘柄を絞り込みました。これを来週には買うつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました