再度方針転換(2020.4.6)

ここ数営業日、VIX(恐怖指数)が連続して低下していることや、今日の相場の急上昇を見て、そろそろ相場も転換点に来たのではないか、と前向きに考えることとしました。

激しく金融株をショートしようと、「米国金融株3倍ベアETF」を先週買ったのですが、ブル・ベアETFで儲けるのも難しくなったと思い、思い切って、再度現物株買いに動くことを先週末に決断し、先週末、石油関連の米国株を新規に購入しました。

この銘柄は、S&P500指数に採用されているにもかかわらず、年初来で約65%も下落していました。「これは、あまりにも悲観され過ぎだろう」と思い、買ってみることにした次第です。

次に買う株も、すでに決めており、上記銘柄ほどではないですが、約19%、年初来で下落しています。こうした銘柄は、小型株でもないメジャーな銘柄なのに、投げ売りされています。

ベアETFを買っても、どこが底値で利確をすべき水準なのかわからないので、ここからはあまり使うべきではないとの判断に至りました。今月から、米国株個別銘柄(含むADR)を少しずつ買っていく方針です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました