さらなる下落に備え…(2020.3.20)

今週は、株式市場の大荒れもさることながら、私の生活防衛資産と位置づけをしていた、貴金属現物相場も崩れ、債券も売られる、「総売り」の厳しい相場でした。

私は、eワラントを積極的に活用し、また、米国市場においては、S&P500指数の3倍ベアETFを買って、利益を上げました。

木曜日のNY市場は、FRBの諸政策が功を奏したのか、各資産クラスがそれまでのパニック投げ売り相場とは違った趣でした。

ただ、今日(金曜日)の夜の市場も、予断を許さない状況にあります。米国では、まさに感染が広がりつつある最中で、欧州も感染拡大がいまだに止まる気配を見せていません。

「パニックは止められても、中銀が肺炎を治すことはできないのだから、今度は企業業績等の経済環境の悪化を目の当たりにした投資家が狼狽売りをするだろう」と思って今の市場を眺めています。

さらなる下落に備えねばなりません。私が頻繁にツイッターで呟いている、先物手口も、私が主要5社と目しているところは、木曜日の日中取引で、通算で先物を大きく売り越していました。月曜日の下落に注意です。

私は木曜日の夜は、S&P500指数の3倍ベアETFを全売却し、米国20年超国債の3倍ベアETFに乗り換えたのですが、再度株ベアETFに戻すことも考えるべきかも、と思っているところです。

リーマンショックの時よりも、相場の動きがさらに速いような気がしています。次の暴落も早晩来るかも、と警戒中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました