eワラント運用を復活させました

日経平均マイナス3倍トラッカーについて、長期保有も視野に置いて、運用を始めた旨を前回の記事で書きました。しかし、相場状況が変わってきました。

武漢肺炎ショックで、日経平均を含めた、世界の主要国の株価が大幅に下落する、世界同時株安が急速に拡がり始めたのです。日経平均マイナス3倍トラッカーは、よく機能してくれて、かなりの利益を上げることができました。

しかし、「もう少し、短期投資で欲張りに下げでの利益を狙っても良い局面なのではないか?」と思い始め、2月25日のうちに、日経平均マイナス3倍トラッカーを利益確定、その夜に、ダウ平均のプット型eワラントを買ってみました。

翌朝、蓋を開けてみると、ダウ平均は879ドルの大幅な下落をしており、eワラントで大きく利益を出すことができました。

それで、同時に買った日経平均プット型eワラントは持続保有している状況です。ダウ平均のプット型eワラントも別のものを先ほど買ってみました。

短期でボラティリティが大きい時は、レバレッジトラッカーよりも、普通のeワラントで運用する方が、効率よく利益を出せます。普段、あまりeワラントを使うべきではないという考えに変わりはありません。しかし、今はもう非常時となっており、eワラントを積極的に利用する時だと思いました。

しっかりとしたボラティリティ低下が起きるまで、eワラントを主力の運用ツールとしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました