想像を超える株価の下落があるかも(2020.2.22)

武漢肺炎の火の粉が、日本に飛び火し、日本中に蔓延する可能性が高まってきました。

さて、今日、YouTubeライブで録画の観れる、某ラジオ番組のゲストの方のお話を聞いていました。

今は、需要が落ち込むことが懸念されての株価の下落が起きているが、次に来るのは、チャイナの生産活動が滞り、欲しいものが買えない供給不足からのコストプッシュ・インフレと、それに伴う金利上昇からの株価の下落が起きる可能性が大いにある、というお話でした。

そのシナリオに沿って実際に事が進むとなると、株価の下落は予想以上のものとなり、債券価格は今後、乱高下することが想像されます。

シナリオはここまで細かく考えていなかったものの、私も、今年は夏ぐらいまでは株価が下落し続けるのではないかと思っているだけに、日経平均の下落幅は想像を超えるものとなるかもしれません。

前回の記事で書いたような、買い場を探して底を待つ、というよりは、やはり、ショートする取引を通じて下値を追うことが目下やるべきことだと思いました。

さて、現在の私のポートフォリオですが、貴金属現物投資は何事も無ければほぼ永久保有の資産となるかもしれませんので、純粋な投資中品目から除外します。現在は、それを除くと、eワラント証券の発行している商品でほぼ100%のポートフォリオとなりました。

  • 日経平均マイナス3倍トラッカー
  • 韓国200種株価指数プット型eワラント

以上となります。ほとんどの金額を日経平均マイナス3倍トラッカーに割いています。この商品は、日経平均の変動値幅の3倍逆に動く商品です。普通の日経平均eワラントが、オプション価格を参考値にしていると思われるのに対して、日経平均のレバレッジトラッカーシリーズは、先物価格等に連動しています。このため、時間経過による価値の減価、あるいは値動きに影響を受けての余計な減価を心配する必要がありません。安心して長期保有できる点が特長です。

なお、私が買ったトラッカーは、今年の8月中に満期を迎えるため、相当長期間の保有になるかもしれません。6~7月の「夏枯れ」と言われるような時期も保有していられます。

次の回号が新しく販売されるようになれば、それに乗り換えることも考えられるので、今保有中の回号をいつまで保有し続けるのかはまだ決めていません。ただ、満期がだいぶん先だと、なんとなく安心して保有できます。

ところで、先述のラジオ番組では、イナゴ類による小麦など基礎的な作物の凶作や、金利上昇(=債券価格の下落)にも話が及びました。余裕資金をさらに増やせたら、ETF・投信類でさまざまな相場の大きな変動を掴んでみたいと思っているところです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)