銀行・証券選びと目標預金額

一昨日に久しぶりに1,000ドル/トロイオンスを超えたプラチナ。高値が維持されているゴールド。ともに、私の資産形成には大きなプラスです。

ところで話は変わりますが、私は主にSBI証券で有価証券の取引をしています。その一方で、auカブコム証券(旧・カブドットコム証券)の口座もあり、両社は取扱商品と手数料体系に違いが出てきているのに注目しています。

SBI証券は外国株式が取引できるのが、私にとっての魅力。一方、auカブコム証券はフリーETF(国内ETFのうち、100銘柄ほどが売買手数料無料)が魅力的に映ります。結論としては、メリットを押さえて、両方を使えばいいと思います。

また、上記証券と連携して活用できる銀行としては、SBI証券は住信SBIネット銀行、auカブコム証券はじぶん銀行(2020年2月上旬から『auじぶん銀行』に名称変更を予定)がありますね。

デビットカードの利用など買い物などのことを考えれば、住信SBIネット銀行だけでも事足りるように思ってきたのですが、預金を「貯める」という面では、(au)じぶん銀行の方が、口座保有者の預金量増大を重視している感じが見て取れるので、じぶん銀行口座に預金を貯めていこうと考え始めたところです。

具体的には、じぶん銀行では、預金額が10万円ないと、出金はもとより、入金にも手数料がかかります。そこを、預金額を増やしていくと、提携ATM無料出金利用回数や他行宛振込無料利用可能回数がどんどん多くなっていくステージ制度を設けています。ステージは毎月決まった日に判定が行われ、次月には反映されます。

私の場合、じぶん銀行口座はステージ最低ランクで、ATMを使っての入金に最初から手数料がかかってしまう状況なのですが、他方、住信SBIネット銀行では、私は他行宛振込可能回数が、月あたり7回可能な状況なので、振込で住信SBIネット銀行からじぶん銀行へ資金を移動させれば、じぶん銀行への入金手数料はかからないことになります。

それを利用して、今年4月ごろまでに、auじぶん銀行での預金額を10万円以上にしたいと考えています。そうすれば、翌5月頃には、ATMからの入金も無手数料でできるようになるでしょう。

株式市場が天井圏、と思われることもあり、預金を多く貯めていくことが、自分の資産を毀損させにくい手法の一つだと思っています。

前回の記事では貴金属現物を買って、生活防衛資産を作ったことをお話ししましたが、それをさらに強固なものとすべく、並行して預金残高の増大も図っていこうと思います。

少し先の話かもしれませんが、現在のバブル相場が崩壊して底を打った暁には、auカブコム証券の「フリーETF」制度を使って、auじぶん銀行から資金を振り替えて、日本株のETFを買おうかな、とか構想しているところです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)