生活防衛資産の確保

「生活防衛」に資する自分の資産を確保することができました。

いざという時、例えを挙げれば、実家暮らしをしていたのに頼みの両親を失ったり、両親が天へ旅立った後、出費を要したりすることがあっては、さしあたっての生活がままならなくなる恐れがあります。

それに、「投資は余裕資金で」と言われる通り、余裕資金のない中で投資をするのは、投資の途中で投資を取り崩して現金化させる可能性も高まり、腰の据わった投資ができず、投資が成功しない可能性が高いです。

そういうわけで、ある程度まとまった、非常時とそれそのものが高騰したとき以外は売却をしないという性格の資産を、一定程度持つ必要を感じていました。

最近、貴金属投資に執心していました。まずはプラチナ地金コイン入手に始まり、続いて金地金コインの入手。そして、このたび、金地金を買うことができました。

もともとこれらは、母親からのプレゼントだったり、親戚から譲り受けたコイン類を売却して得たお金や、母親の不要になったアクセサリ類を売却して得たお金などが原資となったりと、まとまった資金が得られる機会に恵まれたことが大きかったです。

保有することになった貴金属現物を「生活防衛資産」と位置付けます。しっかりとした勤労所得のある方々から見れば、微々たる規模の資産ですが、これを土台とし、今後入ってきた現金収入は、預金の類や有価証券等(ペーパーアセット)の購入にその多くを割こうと思っています。

令和二年はなんとなくウキウキ感のあるスタートとなりました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)