静かに考える時間を大事に

最近、静かにものを考える時間を大事にしています。

世の中の様々な動向を知りたくないわけではないし、知らないつもりでもありません。

ただ、早朝に目覚める習慣ができてしまっていることと関連しているかもしれないのですが、静かに思考のできる時間を、より大切にしたいと考えるようになりました。

それは、世の中と切り離された、音楽もかけず、湯呑みに時々口をつけながら、ゆっくりと過ごす時間です。もっと若い頃は音楽が欲しくなることが多かったのですが、最近は曲も雑音でしかなく、自然な物音だけのする自分の部屋や、家族が出かけている時の居間など、静かな空間で物思いにふけっています。

人間、考えを気の向くまま放置していると、心配事をはじめとしたマイナスの思考に繋がっていくようにできているそうです。私の考え事の時間で気を付けていることは、上記のようなマイナスの思考へ至らないようにつねにケアしつつ、ポジティブな思考を自分に植え付けていく作業です。

私は今でも比較的暇を持て余す生活を送っていますので、散歩をすることも多いのですが、その最中の思考にも積極的な意味のフレーズを思い浮かべながら歩いたりしています。

そんなことを繰り返しているうちに、最近、ちょっとしたいいことがありました。内容はナイショにしておきますが、「いいこと」は思いもかけないかたちで生じたりするものだ、と少し驚きました。

考え事が長時間できるというのは、贅沢なことかもしれません。土日にもこういった時間を取るように心掛けられたら、お金の無駄遣い(=競馬)も防げるのかも、と虫のいいことを考え始めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました