日曜競馬の予算を削減

中央競馬で、日曜日の馬券を、3競馬場同時開催の場合、1レース平均100円と考えて、3600円で予算計上していましたが、やはり、「多すぎる」と感じ、「3つの競馬場のうち、2つを終日やる」ということで、3000円に落とすことにしました。それと、土曜競馬を900円固定に改めます。2競馬場同時開催の日曜日は、2400円で変わりません。

改めて、毎度のようにカレンダーに照らし合わせて、予算を立ててみますと…

12月7日…900円・12月8日…3000円・12月14日…900円・12月15日…3000円・12月21日…900円・12月22日…3000円(※有馬記念で特別に)・12月28日…2400円・1月5日…3000円(※金杯で特別に)・1月6日…900円・1月11日…900円・1月12日…2400円・1月13日…2400円・1月18日…900円・1月19日…3000円・1月25日…900円・1月26日…3000円・2月1日…900円・2月2日…3000円・2月8日…900円・2月9日…3000円

…ここまでを合計しますと、39300円となります。有馬記念と金杯に特別枠を設けて、約4万円です。

そして、今までは、収入の入ってくる口座で中央競馬をやっていましたが、それを改めて、別の銀行口座でやろうと思っています。使い過ぎを抑制する目的です。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)